blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
毛孔性苔癬

毛孔性苔癬は、おもに思春期男女の皮膚に生じる、毛孔角栓と毛包周囲の赤味をともなう角化症のひとつです。

ひらたくいうと、二の腕とかに赤いぶつぶつしたものができる状態のことを指します。

腕の毛孔性苔癬

こんな感じ。
これは二の腕の外側。

毛孔性苔癬は、10代で発症するひとが50%、20代が35%、30代が12%となっています。
つまり、30才までに発症することがほとんどなのです。

優性遺伝であるといわれているが、はっきりはしません。

よくできる部位は、二の腕や太ももの外側、お尻などで、二の腕の発生率がとても高い。
両側に対称に出るのが特徴です。
よく汗をかく部位や、皮脂の多いところにはできにくいといわれ、夏に半数が良くなります。
ということは、汗腺の働きが関係しているということでしょうか。

かゆみを伴うことがまれにあるが、痛みなどはありません。
一番の問題は、美容面なのです。

10代20代の女性が特に気にするのは、おしゃれで腕を出して歩きたくても、毛孔性苔癬のせいで二の腕が隠れる洋服しか着れない・・・ということです。


毛孔性苔癬は、現代の医療技術では確実に効くとされる治療法がないのが現実で、皮膚科にいっても何もされず帰されるだけ・・・ということがよくあります。

このあいだ質問されたように「一生治ることはないから、個性だと思って付き合え」なんていうのは間違いで、年をとるにつれて自然によくなり、30代で自然治癒することが多いのです
(もちろん、治らない人もいます)

ただ、いや、30過ぎまで待てない、できれば治してほしい、というひとのためには治療してあげたい。
一番腕を出して歩きたいのは10代20代なのに!と思っているでしょうから。
では、毛孔性苔癬の治療には、どういうのが有効とされているのでしょうか。

1:塗り薬
尿素を配合した塗り薬や、オキサロールなどの角化治療薬を使ったりします。
角質溶解剤の5〜10%サリチル酸ワセリン軟膏や、ヘパリン類似物質(ヒルドイド)などを使ったりもします。
ただこの治療では、ちょっと改善するかまったく変わらないか・・・
保険が利きませんが、トレチノイン酸は結構効果があり、ハートリークリニックではトレチノイン酸0.1%(5gで4200円)の塗り薬を使って治療しています。
4週〜8週間くらいで治った、という文献もありますが、実際にはもう少し時間がかかります。

2:ケミカルピーリング
グリコール酸を使ったケミカルピーリングはある程度有効とされ、70%くらいのひとに効いた、という報告もあります。
一度はやってみる価値はあるでしょう。
普通の皮膚科であれば、これを選択する率が高いと思います。
料金は1万円から2万円程度です。

3:サプリメントor漢方
ハトムギ(ヨクイニン)を使うと、改善することがあります。
僕自身、いままで何人かに使ってかなり良い結果を出しています。
あっというまに治ってしまった患者さんもいました。
ほんとはブログでは書きたくなかった、秘密の一手。
にきびでよく使われる清上防風湯も、ときどき使われます。
以前、清上防風湯をつかって、有名グラビアアイドルの毛孔性苔癬を治したことがあります。
プチ自慢です。
料金は2週間分で2100円で、市販のものに比べ成分量が多くなっています。

4:レーザー
毛孔性苔癬には、レーザー治療もおこなわれます。
ハートリークリニックでは、アファームマルチプレックスやスペクトラというレーザーを使って治療すます。

腕の毛孔性苔癬治療前治療前:20代女性

腕の毛孔性苔癬治療後アファーム4回後

ちょっと分かりづらいが、かなり改善しました。


ちなみに、毛孔性苔癬が顔にできると、毛孔性顔面紅斑黒皮症という病名に変わります。

顔の毛孔性苔癬治療前広く赤味を伴う。

顔の毛孔性苔癬治療後アファーム5回後

アファームマルチプレックスがよく効き、赤味が無くなり、肌のぶつぶつ感もなくなります。
毛孔性苔癬と違い、どちらかというと男性に起きやすいものであるが、顔にできるだけあって、かなり美容面で気にする人が多いです。


毛孔性苔癬も、顔の毛孔性顔面紅斑黒皮症も、改善することができる可能性があるので、悩んでいる人はぜひ相談してほしいのです。

ハートリークリニックだと、塗り薬、ケミカルピーリング、飲み薬、アファームマルチプレックス、スペクトラと、いろんな治療の選択肢があります。
どれを選択するかは、毛孔性苔癬の程度、通える頻度、生活パターン、などなどによって変えます。
いまは、トレチノイン酸の塗り薬をつかうか、スペクトラかアファームをあてるかという治療になりますが、どれを選ぶかは人によって違います。


とりあえず、毛孔性苔癬には絶対この治療が効く!というものがないけれど、改善する可能性があるのです。
自然に軽快するまでほうっておくしかないというわけでもないので、ただ悩んでいるだけではなく、そういう治療をしているクリニックにいってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、スペクトラというのはまだ日本に数台しかないレーザーで(2011年6月現在)、痛みがないので麻酔の必要がなく、ダウンタイムが数時間という優れものです。
色素沈着を改善し、ぶつぶつ感も改善します。
1回で効果を感じる人が多いので、試しにやってみてはいかがでしょうか。
料金は1万5千円程度(広さによって変わります)です。

| 服部達也 | アファーム・マルチプレックス (肌レーザー) | 16:24 | comments(86) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

bolg index このページの先頭へ