blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 肉や脂ものはダイエットの敵じゃないことを検証してみる 序章 | main | 肉や脂はダイエットの敵ではないことを検証する 実践編その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
肉や脂ものはダイエットの敵ではないことを検証する企画 ルール
脂肪がつく原因は糖質(甘いもの、果物、炭水化物)なのだから、お肉や脂っぽい食事はダイエットするときに控える必要はない!実践して証明して見せるぜ!!という企画を月曜日に発表(?)したが、じつはもう検証は始まっていて、すでに2週間経っているのである。
どういうルールのもとでやっているのか、細かく書いていこう。

・朝と昼は今までどおり食べる。なんら変えることはしない。
私が指導しているやり方は「夕食の糖質を控えよう」というものなので、朝と昼は今までどおり同じように食べる。
別に減らしたりヘルシーなものにすることはしない。
なんで夕方だけ減らすのかというと、糖質はある程度摂ったほうがいいので朝昼夜のどれかではちゃんと摂っておきたい。
交感神経、副交感神経の働きによって、夕方以降に糖質を摂るとインスリンがより多く出ることがわかっているので、減らすのであれば夕食がいいだろう。
そういうことだ。

・特別な運動はしない。
わたしは特に体を動かすようなことはしていないから、今までどおり、だらけた生活を送る。
テレビの企画なんかで「○○するだけで痩せた!!」なんてのを見ると、「※規則正しい運動と適切な運動をしています」と小さく書いてあることが多い。運動しなかったのにし始めたから痩せたんだろwwwとか言われたくないので、しかたなく、運動はしないことにする。

・カロリー制限はしない
今回の企画の目的のひとつに、「摂取カロリーはダイエットに(ほとんど)関係ない」ということを入れたいので、カロリーはきちんととる。
カロリー減らしたから痩せたんだろ、と言われたくないので、1日の摂取カロリーは2300kcal以下にならないようにする。
多く摂る分には気にしない。

・夜はお肉を400g以上食べる。
タンパク質をエネルギー源にするため、お肉でいうと400g以上は食べておきたい。
脂分も気にしないという趣旨なので、肉の種類も気にしない。
牛だろうが豚だろうが鶏だろうが、ロースだろうがカルビだろうが、気にせず何でも食べる。
ただ、若い時からお肉はカルビよりロース派だったので、無理してまで脂身を食べることはしない。
脂身を食べると、気持ち悪くなっちゃうんだよね。

・お酒も減らさない。
お酒に含まれるカロリーはエンプティカロリーと言われていて、体重に影響しないだろうと言われている。
なのでいままでも気にしないで飲んでいたが、いつもと違う生活をしてはいけないので、この企画中もお酒はいつも通り飲む。
家で食事をするときは、たいていビール350〜700mlくらい。寝る前にも何か飲むことあり。

・旅行に行ったり外食をしたときも、なるべく趣旨に沿った食事をする
夜に炭水化物や甘いものを取らないようにするだけなので、それさえ選ばなければ食べるものはいくらでもある。
検証してから2週間経ったが、焼き肉食べ放題にも行ったし、上海蟹も食べに行った。
何の問題もない。

・体重は1週間ごとに測定する。
毎日体重を量ってしまうと、意識しなくても食事量を調整してしまう可能性がある。
あれ、ちょっと減りが悪いから食べるの減らそう・・・ってなことになっては意味がないから、1週間ごとにしかはからない。

・普段飲んでいないサプリメントや薬を飲み始めたりしない。
まあ、当然のことだわな。


という感じで、ポイントは「夜の炭水化物と甘いものをやめること」「お肉や脂ものは気にせずどんどん食べること」ということだけである。
それ以外は今までどおりと同じようにするのだ。

それで、具体的にどういう食事をしているのかは、また明日以降に書いていこうと思う。
まあ見事に肉ばっかりなのである(ちょっと飽きてきた)。
| 服部達也 | ダイエット (全般・やせ薬なども) | 12:09 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:09 | - | - |
コメント
楽しみです。
私もダイエットしなきゃと思ってたところなので、参考にさせていただきます。
| 美志 | 2014/10/09 4:47 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ