blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 難病指定医 | main | 台北でおすすめのローカルフード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
台北旅行する人へ、おすすめの食べ物屋
JUGEMテーマ:旅行


さて、GWに海外旅行する人もいるでしょう。
なかでも、台湾は日本から近いし気軽に行けるので、旅行先に選ぶ人も多いと思います。
台北に遊びに行く人の楽しみの一つに「美味しいごはん」があると思いますが、どこに行ったらいいのかわからん・・というひとのために、僕がおすすめするお店を2つ紹介したいと思います。

夜市に出かけて屋台の食べ物を買うのも楽しいのですが、そういうのはたくさん紹介されているのでパスしましょう。
それと、ガイドブックだと「小籠包」や「火鍋」などが紹介されていることが多いですよね。
*台湾の人は、「小籠包」は中国の食べ物だから台湾料理じゃない、と言うことが多いです。

でも、僕がおすすめしたいのは「魯肉飯(ルーローファン)」と「とろみスープ麺」です。
「魯肉飯」は甘辛く煮込んだ豚肉をご飯に乗っけて食べる料理で、台北のいたる所で食べられます。
日本の新宿にもあった「髭張魯肉飯」というお店も台北にもいくつかあり、1杯80円程度なので朝食として食べることも多いようです。
「とろみスープ麺」は出汁を変わった食材からとっているんですが、日本人の舌にはなじみ深く、めちゃくちゃはまります。


My灶 (マイザオ)
松江南京駅からほど近い路地にあります。
*地図や場所はあとのほうに載せるのでみておいてください。
一般的なお店に比べるとちょっと高めですが、店内はとても清潔感があり、小ぎれいなお店で地元の美味しいご飯を食べたい人にはとてもお勧めです。

夜6時ごろ店につくと、店の前で看板にしなだれかかったり、変なポーズを取ったりして、きゃっきゃしながら写真を撮りあう中年女性が2人。
中国人観光客も来てるんだなぁ・・・と横眼に見ながら店に入ると、その女性たちは店の従業員でした。
ゆるい感じが台湾らしくて素敵です。


メニューはすべて中国語。
たまに、どうせ漢字だからなんとなくわかるもんだよ、という人がいますが、そんなわけない。
まったく分かりません。
お店の人も中国語しかしゃべれないので、観光客慣れした店には行きたくない、というひとには丁度いいです。

*なんと、この後しばらくして行ったら、日本語のメニューが置いてありました。店のオーナーも日本語を話せるようになっていてちょっと残念(?)


台湾ビールのおつまみに、白斬鶏(バイザンジー)を頼みます(メニューには白切鶏と書いています)。
この量(4分の1サイズ)で1600円くらい。

蒸した鶏肉を辛いタレにつけて食べます。
とても柔らかくて、臭みは全くなし。台湾では鶏肉料理がおいしいので、鶏肉をせっせと食べましょう。
タレはすぐになくなるので、指をさしてもっと欲しいといえば持ってきてくれます。
日本語でも気持ちは通じます。


空芯菜の炒め物も頼みました(写真がピンボケしすぎてすみません)。
500円くらい。

腐乳通菜(フールートンツァイ)という料理で、腐乳という豆腐ように似たもので空芯菜を炒めてあります。
普通に炒めたほうがいいか、腐乳で炒めたほうがいいか聞かれましたが、もちろん腐乳で炒めてもらいました。
中国圏では空芯菜の炒め物をよく目にしますが、にんにくで炒めたものが多く、腐乳はちょっと珍しいのです。
僕は家で空芯菜と豚肉を豆腐ようで炒めて食べたりしますが、とてもよく味が似ています。


魯肉飯(ルーローファン)。(約200円)
ここの店のは少し汁気が少なく(ほかの店に比べて)、肉の味がしっかり感じられます。
八角の臭いも強くなくて、とても食べやすく、上品な魯肉飯です。
思い出しただけでよだれが止まりません。

ちょっと高め(台北にしては)ですが、味は抜群ですし店は清潔なので一度行ってみる価値はあると思います。
4人で行けば、お酒を飲んでも1人3000円もしないと思います。

とろみスープ麺は次回に紹介します。


My灶

台北市中山區松江路100巷9之1號
月曜定休
11:30〜21:00(14:00〜17:30は休憩らしい)



 

| 服部達也 | 食べ物・飲み物 | 14:46 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:46 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/06/24 5:51 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ