blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 台北旅行する人へ、おすすめの食べ物屋 | main | 1周年! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
台北でおすすめのローカルフード
JUGEMテーマ:旅行

では前回に続き、台北でおすすめする食べ物を紹介します。
その名も「とろみスープ麺」。
出汁を尤魚でとっているんですが、これは日本語でいうところのスルメイカ。
実際食べてみるとカツオの出汁かなという感じですが、とても濃厚な味が出ていてスープを最後まで飲み干してしまうこと請け合いです(塩辛いので注意)。

東門尤魚辣麺
松江南京駅が最寄りです。
駅から南京東路を中山方面に歩き、一江街(という通り)を右に入ります。
少し進むと一江公園というちょっと広い公園がありますので、公園の先を左に曲がります。
四平街という通りです。
曲がるとすぐ左手に小さな店があります。
ここは現地の人しか行かないような店で、当然日本語も英語も通じません。

*下の画像はクリックするとちょっとだけ大きくなります





夜だと、周りのお店が閉まっているのでこんな感じです。
入るのには、ちょっとした勇気が要ります。

店先にある屋台で麺を茹でてくれるので、「総合麺(ゾンハーミェン)」といいましょう。
それだけで十分通じます。


見たことのない食べ物が出てきます。
上にはカリカリのお揚げが載ってます。
これで230円くらいです。安い・・・


米粉を使った丸太麺。
具材は、ミンチされた肉の入ったハンペンみたいなものと、イカ、ネギ、お揚げです。
汁はとろみがついていて、麺によく絡みます。
ものすごいうまみが感じられます。
テーブルには辣椒(ラージャオ)が置いてあるので、途中まで食べたら辣椒を入れて食べましょう。
味がガラッと変わり、これまたうますぎて涙が出そうになります。

ちなみに店内はこんな感じです。



僕が行ったときは、入り口の屋台で30歳過ぎのお姉さんがひとりで料理を作っていました。
全く表情もなく、世間に疲れ切った感じを醸し出しています。

愛想のかけらもありませんが、全部食べ終わって店を出るとき、「非常好吃(フェイチャンハオツー)」、(日本語でとっても美味しかったよ!という意味)と言うとニコッと笑ってくれました。
やはり、ちょっとしたコミュニケーションができると、なごみますね。

たまたま見つけて入ったお店ですが、これを食べるためだけに台北に行きたくなるくらい美味しいです。
日本人の舌にめちゃくちゃ合うと思いますので、ぜひ頑張って行ってみてください。
前日に紹介したMy灶はここから歩いて5分くらいですので、時間がない人ははしごするのも手だと思います。


東門尤魚辣麺
定休日不明 営業時間不明 ネットで検索しても一件もヒットしません
場所はグーグルマップで確認してください。下の住所をクリックすると出てきます。

No. 20, Siping St, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 104
| 服部達也 | 食べ物・飲み物 | 12:44 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:44 | - | - |
コメント
はじめまして、先生。
久々に先生のブログが拝見できてホッッ、です。
よかった。
ブログの内容に全く触れず…ですみません。
今後も楽しみにしてます!
| うづき | 2016/04/17 6:29 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/04/18 5:22 PM |
台湾に行ってらしたんですね!美味しいものたくさん食べられて羨ましいです。お仕事忙しそうでしたから、リラックスできたのなら何よりです(^ ^)
久しぶりに先生が見られると思ったらなぜかモザイク?!残念です。東京の頃と比べたら随分スッキリされましたね。次はイケメンな写真載せてください&#127926;
| ミラクルkei | 2016/04/18 5:51 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/04/18 10:48 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/05/02 1:23 AM |
台湾料理は好きですが現地で食べたらもっと好きになりそうですね。
先生もお身体無理なさらずに。
また美味しいブログ楽しみにしています。
| 桃 | 2016/05/06 1:31 AM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ