blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< それって不潔? 読売新聞より | main | 風邪と抗生物質 〜その4〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
風邪と抗生物質 〜その3〜
以前2回ほど風邪と抗生物質の関係について書いた。
僕は物事を完結せずに進めても、全く気にしない人柄なので、なんだか尻切れトンボになっていたし、逆に悩んでしまう人もいたみたい。
新しい質問がされていたけど、確かにそういう心配をしてもおかしくないなぁ・・・ふむふむ。
ということで、久々に風邪と抗生物質について。
ただし、今回は抗生物質のみに話を絞ってみます。

さて、抗生物質および抗生剤そして抗菌剤などというものが、いわゆる菌をターゲットにしているものであって、ウィルス感染には効果が期待できない。
ということは理解してもらえたと思う。
だから、ウィルス感染である風邪やウィルス性腸炎には効果がない、ということ。

ただ、風邪なんかで体力が落ちると、ウィルス感染とともに菌感染(?)も起こすことがあり、そのときには抗生物質を使うことがある
この下線、結構ポイント。
使うことある、であって、使わなければならない、では決してない。
むしろほっといても治るものがほとんどだ。

軌道修正。

抗生物質にはかなり多くの種類がある。
セフェム系(有名なのはフロモックス・ケフラール)とかニューキノロン(クラビットとか)、ペニシリン系(サワシリンとか)、マクロライド(クラリスとか)アミノグリコシド、テトラサイクリン・・・・などなど。

これら抗生物質は、それぞれ効果を発揮しやすい、得意な菌の種類がある。
多くの菌に効きやすいことを「スペクトラムが広い」などというが、なるべく原因となる菌を推定し、抗生物質を処方するのがベター。

スペクトラムの広い、なんにでも効きそうな抗生物質を投与したほうが、医者は楽である。
適当に飲んでいてもらえば良いのだから。

ただ、それは医学・疫学からみて悲劇である。
なぜなら、菌には薬耐性というものが存在する。
人間で言うなら、慣れ?
同じような薬をずっと使っていると、だんだんその薬が効かなくなってくるのだ。

これは個人的な問題ではなくて、その地域の問題そして世界の問題となる。

たとえば抗生物質大国である日本では、今まで効いていた「ある薬」に対して菌の7割が耐性を持ち始めている。
アメリカなどではまだ4割くらい。
という感じになるが、それがそのうちもっと広い範囲に拡大して行き、そのうち薬に強い新たな菌が生まれてくる。
MRSAというのもそのひとつ。
院内感染で以前かなり騒ぎになったものだ。
風邪に抗生物質を処方している医者は、こんなことも考えてもいないのだろうか。

抗生物質の乱用、不必要な投与が招くことは、もちろんこんな大それた話だけではない。

副作用の問題がある。


next続きを読む
| 服部達也 | 薬・抗生物質 | 15:38 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:38 | - | - |
コメント
抗生物質にはかなり多くの種類がある。
セフェム系(有名なのはフロモックス・ケフラール)とかニューキノロン(クラビットとか)、ペニシリン系(サワシリンとか)、マクロライド(クラリスとか)アミノグリコシド、テトラサイクリン・・・・などなど。

マニアック過ぎる質問ですが、このセフェム系、ニューキノロン系、マクロライド系の細かい違いが知りたい…です。
あと肝臓、腎臓の悪い人に出してはいけないお薬って具体的にどれなんだろうとか気になります。
先生がその後書かれていない「医師のプライド」の問題ってどんなのかとか是非伺ってみたいです。
この抗生物質シリーズはプリントアウトしてファイルしています。(^^;エヘ。
| しのっぴ | 2008/08/20 10:25 PM |
>しのっぴさん
いやー、ほんとは他の抗生物質についても書くつもりだったんですが、めんどくさいことから逃げ出すタイプなので、避けてました。
来週は他の抗生物質について書いてみようかな〜、と、心にもないことを言ってみます。

医師のプライドの問題って、なんでしたっけ。
自分で書いて、全く忘れてしまってますけど。。。
| 服部 | 2008/08/21 10:35 AM |
あれ?どこかの記事に書かれていたのですが今その記事を探したけど分からなくなってしまった・・・。ごめんなさい。

先生の体調が良くなって、お時間のあるときに是非是非宜しくお願いいたします。とても勉強になるので。
| しのっぴ | 2008/08/22 12:34 AM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ