blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< コエンザイムQ10〜その2〜 | main | ハーブと薬。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
コエンザイムQ10〜その3〜
コエンザイムQ10(CoQ10)を摂ったときの効果などについて書いてきたけど、肌を良くするという訳ではなさそうだ。
でも、CoQ10には、肌に効く使い方がある。
それは、肌に塗ること

「酸素」は、もちろん生きるために必要なものだけど、実はかなり毒性が強い。
酸素は大気中に20%ちょい含まれているんだけど、これくらいでちょうど良い。
なんと、酸素100%の状態では数日しか生きられない。

で、大気に常にさらされている「肌」は、かなりダメージを受けやすい。
紫外線や大気汚染などの影響も受ける。

そこで、「抗酸化作用」を強く持つCoQ10を肌に塗ることによって、ダメージを修復することが出来るのではないか、と考えられる。

海外の実験では、CoQ10を3%含むクリームを毎日塗り続けたところ、シワの深さが30%近く浅くなった、というデータが出ている。
肌年齢も若返るようだ。

さまざまな化粧品会社がCoQ10入りの化粧品を売り出しているけれど、これは肌を良くすることができそう。
CoQ10入りの化粧品を使い続けている患者さんは多いけど、見た目でも肌がきれいになってくのが分かる。

ただし、日本の法律では、化粧品に入れて良いCoQ10の量は0.03%まで、と決められている。したがって先ほどの海外のデータまでの効果はなさそうだけど。

ちなみに美容クリニックなどでは、医師が処方するというかたちで、CoQ10を1〜3%含む美容液やクリームを出してくれるところもある。


え〜、CoQ10の話はもう飽きたので、CoQ10のこぼれ話はいずれ、ねたが尽きた頃に書きます。
| 服部達也 | サプリメント | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:31 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ