blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< マイコプラズマ肺炎 〜うつる肺炎〜 | main | 雑記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
クラリス クラリシッド
抗生物質について説明、シリーズ。
あまり専門的にならないようにしているので、そこのところ、つっこみ無用でお願いします。
ま、ちょっと読みづらいかな。(平成20年2月15日、若干加筆修正しました)

病院でもらう抗生物質。
有名なのがいくつかありますね。
例えば「フロモックス」「ケフラール」「クラビット」・・・
聞いたり、実際に飲んだりしたことある人も多いはず。

そんな有名な抗生物質の中に、「クラリス」もしくは「クラリシッド」というものがあります。
すっごく、頻繁に、使われてます。

病院何?
分類では、マクロライド系と呼ばれ、エリスロマイシン、ルリッドなども仲間です。
厳密に言うと、抗菌剤。
*抗生物質と抗菌剤の違いですが、作られ方の違いです。ペニシリンのような、生物由来のものは抗生物質、化学的に作られたものは抗菌剤と呼び分けられるようです。べつにどっちでもいいです。

病院どういうときに処方される?
グラム陽性球菌に比較的強く(意味分からなくていいです)、マイコプラズマとかクラミジア・ニューモニア(性病のクラミジアとは違う病気)なんかにもよく使われます。
結核に使われることもあります。

呼吸器以外の領域では、副鼻腔炎や中耳炎などに使われます。
まあ、ほんと、よく処方されてます。
そんなに強くない、使いやすいイメージがあるのでしょう。
風邪の時もよく出されます。

爆弾問題点
よく使われているからこその大問題が「耐性」というもの。

菌も進化(?)するから、あんまりしょっちゅう抗菌剤を使っていると、その薬に強くなって、だんだん効きにくくなってきます。
「耐性」ができるのです。
うたれたら強くなるタイプです。

世界中を見ても、日本における耐性菌の問題はかなり深刻で(有名なところだとMRSA黄色ぶどう球菌とか)、特にクラリス・クラリシッド系の薬に対する耐性はかなり進んでます。
ある菌では、その80%くらいがクラリス・クラリシッドに耐性を作ってしまったといわれ、昔は良く効いていたからこの薬を出しているのに、今では耐性を持っているから効かなくなっている。ということも十分あります。
おかしいな、クラリシッドが効くはずなのにな・・・そんなことを思ったら、注意です。

だから、普通の風邪のときとか感染症の時には、抗生剤の乱用は控えてほしいよね。
風邪に抗生物質が無意味なことは「風邪と抗生物質」をご覧下さい。一番下にリンクが張ってあります。


鉛筆2抗菌作用以外にも使い道あるんです
クラリス・クラリシッドには、抗菌作用以外にも期待される効果があります。
じつはこっちがメインじゃないかと思われるくらい。
1:気道(気管とか気管支)の免疫増強
クラリス・クラリシッドは、気道粘膜からインターロイキンを出させ、免疫を増強させます。
難しい話はやめると、とにかく、気道を強くするということです。
2:痰の分泌減少
気道粘膜に働き(Naチャンネルとかを介して)、粘膜上の水分輸送に役立ちます。
分泌される水分を減らすのです。
痰に含まれる水分を再取り込みさせて、痰を減らします。
ただし、痰が硬くて詰まった感じになって出しにくい、という患者さんには処方しないことも考えます。
3:静菌作用
気管内に雑菌が繁殖するのを防ぎます。

これらの他にも様々な働きがあるので、感染症以外にも活用されます。
慢性の呼吸不全とか、気管支拡張症、医者によっては肺がんに使うことも。

抗菌作用以外の目的では、1年間以上も続けて処方されることもあります。
しかし、一般には(医者も含めて)、クラリス・クラリシッド=抗菌剤(使いやすい)、というイメージがあるので、
ほっとけば治るような感染症にも安易に投与して耐性菌を生み出したり、
医者としては長期に飲んでほしくて出しているのに「べつにばい菌に感染してるわけじゃないし」、といって服用を勝手に中止したりする例も多くあります。

副鼻腔炎(蓄膿)の患者さんに「クラリス+ムコダイン」を2週間処方したときのこと。
院外薬局の薬剤師さんが「これは風邪薬(クラリス)と、痰きり(ムコダイン)です」と説明して、おれは風邪じゃないからこんな薬飲まない。というトラブルになったこともあります。
僕と薬剤師さんの連携不足なわけですが、様々な作用をもつクラリス・クラリシッドだからこそのトラブルだとも言えます。

湯のみ結論
クラリス・クラリシッドは抗菌剤であるが、さまざまな作用を持ち、いろんな疾患で使われる。
ただし、乱用のせいで耐性菌が多く、抗菌剤としての効能は薄れてきている。
マイコプラズマなどの変わった肺炎にはまだまだ効果があるので、いたずらに、とりあえず、といった感覚で処方されるのは、まことに迷惑な話である。
また、様々な作用を持つわけだから、感染症以外でクラリス・クラリシッドを処方された場合、どういう目的で出されたのかを医師に確かめ、かってに中止してはならない。


銃副作用
よく起こりがちなものとしては、下痢。
たまにぽつぽつと発疹。
もちろん、ショック、アナフィラキシー、肝機能障害など、他の薬にも起こりうるものは全て。

お金ついでに価格
クラリスとクラリシッドは同じマクロライド系の抗菌薬だが、じつは価格がちょっと違う。
同じ200mg錠では、クラリスが115.0円。クラリシッドが117.3円。
単なる豆知識。

next風邪と抗生物質その1を読んでみる

nextその2も読んでみる

next勢いで、その3も読んでみる

nextこうなりゃやけだ、その4も読む
| 服部達也 | 薬・抗生物質 | 16:06 | comments(130) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:06 | - | - |
コメント
クラリシッドのことを検索していて、ここにたどり着きました。わたしは最近、初めて薬疹を経験しました。
7週間前にマイコプラズマっぽい肺炎にかかり、先週、鼻かぜをひき、薬を処方されました。

肺炎の症状が治まり、服薬を止めて数日後に、謎(?)の
じんましんが出て、今回の風邪では服薬の2日後に前回と
同じ部位に同じようなじんましんが出ました。
医者は、クラリシッドが怪しいと言いますが、わたしは個人
的に、前回も今回も服用したムコダインが怪しいと思って
います。

たかが風邪薬と思っていたのですが、まさか、自分が薬疹にあうなんて、本当にびっくりしました。安易に薬に頼ってしまいがちですが、こんな危険もあるんですね。
| TK | 2007/07/03 10:15 PM |
>TKさん
こんにちは。
クラリシッドは蕁麻疹出やすいですからね。
ただ、薬の服薬を止めて数日後に出た、というのが怪しいですね。
ムコダインの可能性も強い感じです。
なんにせよ、薬疹はいつだれにでも起こり得るものだということです。
ぼくも以前肩こりを治そうと「ピップ内服液」を飲んだときに、体中に薬疹が出て、死ぬ思いをしたことがありました。
しかも肩こりも治らず。
さんざんです。
| 服部 | 2007/07/05 5:01 PM |
こんにちは。今風邪っぽいセキとのどの痛みに悩まされ、薬を飲んだもののまだ治らず。そんな中このサイトを見つけました。
今、授乳中で薬の服用には少々慎重になっているのですが、1週間ほど前に高熱、ひどいのどの痛みがあり医療機関へ。点滴と、4日分のプロモックスをもらい服用。抗生剤を飲みきった今も、今度はセキがひどくなり、のどの痛みは治まったものの、朝晩の咳き込みに悩まされる毎日。
風邪には抗生剤は効かない可能性が多いというコメントをみて、同じ医療機関へ行くか迷っています。

風邪に抗生剤というのは、私の中では当たり前の処方だと思っていたので、風邪で抗生剤が出ると、逆に安心していました・・・これからは風邪には何がいいのかもっと慎重にならないといけないのですね。
| まこ | 2007/08/02 6:54 AM |
>まこさん
はじめまして。
説明を受けているとは思いますが、お薬を飲んでいる間は断乳してくださいね。

風邪に抗生物質を出す医者が多いのは、無知なることももちろん、患者が抗生物質の処方を希望するから、というのもあります。

むかし風邪の患者さんが、抗生物質の注射を希望してきました。
全く必要なかったので、良く説明し、むしろ打たないほうが良いですよと言ったのですが。
前に風邪引いたとき、医者は打ってくれた。
そのおかげですぐ治った、と言い張るのです。
ああおそろしや。

本当は厚生労働省主導で指導していかないと、ほんとうに抗生物質の耐性菌で困り果てることになると思うんですがねぇ。

これからもブログ読んでくださいね!
| 服部 | 2007/08/02 12:20 PM |
はじめまして。3人の子を持つ母です。
検索によりたどり着きました。

先月半ばから風邪っぽい症状が始まった9歳の長女、10日めくらいに入院してしまいました。
抗生物質を長く飲んだので菌類は検出されなかったのですが、マイコプラズマが怪しいとのこと。
その割にジスロマックがあまり効きませんでした。

ちょうど潜伏期くらいの期間を経て、3歳の妹が似たような症状で予防的にもクラリシッドを10日ほど飲みました。
いったん良くなったようにも思ったんですけど、昨夜と今朝はちょっとひどい咳き込みでした。
ひょっとしてまた??とビビっています。

私は仕事をしているので、早め早めに受診しているのですが、長女のときは(入院までいってしまったことについて)何が悪かったんだろう・・・と反省しつつ、今回はどのタイミングでどういう薬を飲めばいいのか??と、考えています。
ほとんど毎日、通院してるんですが・・・。
咳き込んでる娘がかわいそうで・・・。
| なっちゃん | 2007/11/16 6:16 AM |
>なっちゃんさん
はじめまして。
最近の流れ(?)では、咳を積極的に止めることはしないほうが良い、となってきています。
詳しくはまたいずれ正式に書きますが、
・咳を止めることの弊害の方が多いことと、
・咳を抑えるだけになり根本的な病気の改善には結びつかないこと、
・咳の原因を正しく診断できていないのに咳だけ抑えて、もとの病気を悪化させてしまう可能性があること
などが考えられます。

できれば、呼吸器内科に行ってみてもらうことをお勧めします。
やはり咳などが治らない、心配である、という場合は専門の医者に診てもらうことが一番です。
| 服部 | 2007/11/17 1:10 PM |
薬は服用回数を間違えてはいけないのは、当たり前ですが、一日二回のところを三回クラリシッドをあげた場合、どんな危険性がありますか。
しかも一歳の赤ちゃんなのですが。元気にしてるのですが、いつもよりよく眠るなと思っていました。3日分を2日であげちゃいました。自分でもありえません。
| につ | 2007/12/30 11:22 PM |
>につさん
こんにちは、はじめまして。
私はにつさんの赤ちゃんを診ていないので、直接的なことは言えません。
一般的に言えることですと、クラリシッド3日分を2日で飲ませてしまっても、体にひどい副作用が出るとは思えません。
強いて言えば、蕁麻疹や腎機能障害が出る可能性がゼロではありませんが、普通に考えれば、なにか副作用が出ることはまず無いでしょう。
あくまでも一般論しか言えませんから、ご理解下さい。
いつもよりもよく赤ちゃんを観察し、不安であれば医者に見せてください。
| 服部 | 2007/12/31 1:19 AM |
先生の抗生物質のお話、大変参考になりました。
5歳の息子が風邪をひいて医者に行くと必ず
抗生物質がだされます。 でも飲ませたことは
ありませんでした。
今回鼻水が長引くので耳鼻科に行ったら副鼻腔炎と
診断され、さすがに今回は処方された抗生物質を
飲ませるつもりです。
そこで質問ですが、風邪で抗生物質を飲ませる
タイミングはあるのでしょうか?
飲ませなかったから鼻に膿が溜まってしまったので
しょうか?
よろしくお願いします。
| 伊藤 薫 | 2008/01/20 1:06 AM |
>伊藤さん
こんにちは。
副鼻腔炎となると、確かに抗生物質を飲まないといけませんね。

風邪はウィルスですから、抗生物質はもちろん必要じゃありません。
風邪で体力が落ちて副鼻腔炎になったのかも知れず、あらかじめ抗生物質を飲んでいれば防げたかもしれない…という可能性はあるのか。

正直それは分かりません。
風邪を引いたときに、その後に起こりうる細菌感染を、抗生物質の予防投与で防げるかということに関しては、様々な論文があります。
1990年のMayoClinicが発表した、風邪の人に抗生物質を飲ませても、その後の最近による肺炎は予防できない。だから予防的に抗生物質を飲ませることは間違いである。
というものが有名です。
ただ最近どこかが出した論文で、確かにその後の細菌感染を予防できた、というものも見ました。
ですから、これはもうどちらが正しいかは分かりません。

今のところ、防げるかどうか分からない細菌感染に対して、予防的に抗生物質を出すと、不要に耐性菌を作り出してしまって抗生物質の効きにくい菌(MRSAなど)を生み出してしまう。だから予防投与はやめよう、というのが国際的な標準です。

副鼻腔炎は、風が前段階に無くても起こります。
息子さんは、最初から副鼻腔炎だった可能性があります。風邪ではなくて。
抗生剤を飲ませなかったから、鼻に膿がたまったのか。
たぶん違うと思いますが、もう分かりません。

総合して考えると、細菌感染だと分かった時点から抗生物質を飲み始める。
これが僕のゆるぎない考えであり、医学的に正しいことだと思われます。
(もともと免疫が弱い人や、お年寄りなどではこの限りではありません)

| 服部 | 2008/01/21 3:04 PM |
初めまして!
今、下の子(4歳)がマイコプラズマ肺炎との診断で昨日から入院しています。
本人は元気だったのに、一週間微熱が続きレントゲンを撮ると右側の肺が真っ白で横隔膜が全く見えないとの事・・・。
昨年10月にも同じ病名で入院していました。
クラリシッド、飲ませづらいですよね。
水に溶かして飲む様になっているのですが、いつも一苦労しています。
何か良い方法はないでしょうか?
宜しくお願いします。
| あー | 2008/01/29 6:59 PM |
>あーさん
はじめまして!
クラリシッド、ドライシロップで処方してもらってますか?
それでも飲ませにくいのであれば、お薬用のゼリーに混ぜて飲ませるしかないですかね。
入院しているのであれば、点滴で入れてもらえば良いですよ。
いずれにしても、マイコプラズマは本人に重症感が無いことが多いですから、早めに専門医受診が鍵ですよね。
がんばってください!

またなにかあればコメントくださいね。
| 服部 | 2008/01/29 7:26 PM |
早速のお返事ありがとうございました。
クラリシッドはドライシロップです。
時々、抗生物質を点滴にいれていますが・・・何の薬かよくわかりません。
これから病院に戻って(夕食の支度のため、付き添いを母に交代してもらっています)“お薬用ゼリー”で頑張ってみます!
本当にありがとうございました。
| あー | 2008/01/30 5:36 PM |
初めまして。
子供が副鼻腔炎や浸出性中耳炎になりやすく、その度にクラリス+ムコダインの長期処方を受けます。医師からクラリスの免疫賦活効果について説明を受け納得していたのですが、「痰の分泌減少作用」の説明を読み、ムコダインの痰を薄める作用と相反するのでは?という疑問が湧きました。どうなんでしょうか?
| HIGU | 2008/01/31 9:03 AM |
>HIGUさん
はじめまして、コメント(ご質問?)ありがとうございます。
副鼻腔炎とか中耳炎のときは、クラリス+ムコダインという組み合わせ、よく使います。
クラリスは抗菌作用(耐性菌のおかげでほとんど期待できませんが)と免疫賦活作用を期待して使います。

ムコダインは、痰を薄めるのではなく、痰のすべりを良くして出しやすくするお薬です。
(ムコソルバンという痰の薬もありますが、これは痰の組成を変えて出しやすくするものです。)
で、これは痰だけでなく、副鼻腔炎などの膿の排泄にも効果があり、たまっている膿を出してあげるのです。

また、ムコダインは粘膜の修復作用を持ち、傷ついて繊毛が取れてしまった粘膜を再生させてくれます。
これで、より痰や膿を出しやすくしてくれるのです。

クラリスで痰を固め、ムコダインで排泄する。。というイメージでしょうか。
| 服部 | 2008/01/31 10:31 AM |
はじめまして。
クラリスを検索していてたどり着きました。
0歳8ヶ月の娘の滲出性中耳炎で、マクロライド療法をはじめたばかりです。
耳鼻科の先生の説明が理解できず、また質問しづらい方で…。
(ポリオの予防接種があるが、投薬を続けて大丈夫かと質問したところ「小児科に相談してください」という返事をされたり…。)

クラリスを何ヶ月も飲んでいいのだろうかと不安になっておりました。

こちらを読ませていただき、とてもわかりやすく、安心できました。
ありがとうございます。
| | 2008/04/20 12:18 AM |
>匿名さん
こんにちは、コメントありがとうございます。
中耳炎へのマクロライド療法は基本ですが、医者にとって基本でも、患者にとっては意味不明です。
医者がちゃんと説明するべきなんですが、おなじ医者として恥ずかしいです。。

このクラリシッドのブログは、私のブログの中でもいまだにものすごく多く読まれており、それだけクラリシッドを処方され、疑問に思っている患者さんがいるということでしょう。
医者たち、ちゃんと説明するんだよ!

なにか医学的なことで疑問に思うことがあれば、なんでもご質問下さい。ぜひ。
| 服部 | 2008/04/21 12:08 PM |
はじめまして。
もし見当違いの質問でしたら申し訳ありません。


5月の末に長女(2歳8ヶ月)と次女(0歳8ヶ月)が同時期に咳と鼻水の風邪をひき、数日後にわたしに移りました。
子供達(特に0歳8ヶ月の次女)は1週間程で良くなったのですが、わたしだけが症状が良くならず、6月の上旬に原因不明の腹痛と呼吸困難で救急車で病院に運ばれました。
その後大学病院で検査を受けると肝臓が非常に悪い状態であるという事がわかり、肝臓を良くするお薬を処方され飲みました。(この時は授乳時でも大丈夫なお薬をいただきました)
1週間後、肝臓の数値はだいぶ下がりほっとしたのですが、咳の方はむしろ悪化しており、日中は良いのですが、夜中になると眠れなくなる程のひどい咳になり、また熱も微熱ですが上がったり下がったりしていたので本日再度病院で相談しました。


その時に血液検査とレントゲンをとり、レントゲンで肺に白い部分を確認し、肺炎・・・マイコプラズマの可能性が高いかも知れませんと言われました。


血液検査の結果が今日中には出ないため確定ではなかったのですが、マイコプラズマに対応する薬を出してもらいました。


その時、「次女を授乳中なのですが」と相談すると、「母乳にはわずかしか移行しませんが・・・授乳は控えていただいた方がいいかと思います」と言われました。
でもはっきりと「飲まないように」というようなニュアンスではなく、あくまでの「基本的には・・・」という曖昧な表現でした。


帰宅し、ミルクをあげようとすると泣いて断固拒否。
一日中不機嫌で、ずっと泣きわめいて困ってしまいました。


お薬は飲んでから2時間後くらいが一番濃度が高いと大学病院の先生はおっしゃっていたのですが、その時間を避け、さらに授乳の前に一度搾乳して捨ててから与えても危険でしょうか?


処方されているお薬は「クラリシッド錠200mg」、「ムコソルバン錠15mg」、「アストミン錠10mg」です。



長々と申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。


| ちゆ | 2008/06/21 10:34 PM |
>ちゆさん
土日は基本的にコメント欄を開かないので、返事が遅れてしまってすみません。
クラリシッドなどのお薬を、授乳中に与えても良いか。もし与えていけないのであれば、工夫して与えることは可能か。
というご質問ですね。

おっしゃるとおり、クラリスもムコソルバンも、飲んでから2時間前後が一番血中濃度の上がる時間です。
しかし、半減期といって、薬の血中濃度が下がる時間は、4時間超必要です。

クラリシッドに限って言えば、乳汁に排泄される薬の量は、血中の2.5倍にもなります(ラットにおける実験)。
それが体の小さい乳児に入るのですから、危険性は大きいといえます。
しかも、4時間以上濃度が高い。

もちろん、それだけの量が乳児の体に入ったからといって、かならず悪さをするわけではありません。
乳児にどんな悪影響を及ぼすかについては、実験データーが無いので分かりません(そんな実験はできないからです)。

まずは、お薬を飲まないことが一番なのですが、飲まなければならない状況のとき。
クラリシッドなどは時間が経っても乳汁に分泌されるから、一日のうち、飲ませても大丈夫な時間帯は無いと考えた方が無難です。
また、母乳の最初の出はじめだけに薬が溜まっているわけではないので、最初だけ捨てればあとは大丈夫とか、上澄みだけ捨てれば大丈夫、というものではありません。

子供がミルクを嫌がるから、危険を冒してでも母乳を飲ませるほうが良いのか、何が起こるかわからないが、危険性が少しでもあるのであれば母乳を飲ませないほうが良いのか。
どちらが子供のためになるのか、本当に子供を思っているのはどちらか。実際には難しいところですが、良く考えた方がよいでしょう。

理屈でわかっても、子供を目の前にすれば判断が揺らぐかもしれませんが、ここはひとつがんばりましょう!
| 服部 | 2008/06/23 3:18 PM |
お忙しい時に丁寧に答えてくださり、本当にありがとうございました!
実は初日はあまりにも娘が泣いてしまったので、寝る前に飲ませてしまいました。

しかしその後やはり不安になり・・・。

自分でも不安に感じる事ならば、やはりやめた方がいいと思い授乳はやめました。

そして先生のご意見を聞き、「服用中はやめよう」と改めてはっきりと確信しました!

少し自分の気持ちも曖昧だったので、先生のご意見大変助かりました!!!

服用が終わるまではミルクをあまり飲まなければ離乳食を多めに採らせるなどの方法で凌いでいこうと思っています!


重ねて、お優しく応えてくださり、心から感謝しています!
| ちゆ | 2008/06/23 5:35 PM |
>ちゆさん
1回飲ませたくらいだと、問題ないでしょう。
ちゆさんのように、真剣に物事に向き合う姿勢、素敵だと思います。
また何か分からないことが出てきましたら、分かる範囲でお答えしますね。
それでは、また。
| 服部 | 2008/06/24 5:25 PM |
服部先生、

風邪の症状で私も呼吸器内科でクラリシッドを処方されました。
生後2ヶ月の子を授乳中で不安になって検索してここへやってきました。

もともと喘息持ちで、風邪から軽い気管支炎、喘息症状が出ます。それを考慮に入れてか、先生はクラリシッド200、カロナール300、セルベックス50、ポララミン2mg、咳止めの(フスタギン、アスベリン、メジコンの混合粉末)、セネガシロップ、以上を処方されました。

先ほど一回飲みましたが、クラリシッド、咳止め粉末、ポララミン、セネガ
シロップだけにしておきました。
私も以前のニュースで風邪に抗生物質は不要というのを知っていて、ではなんのためにクラリシッドを飲むのかと思いました。
このBBSをずっと読んでみて、気管支炎に使っているのかもしれないと考えていたところです。

先生や薬剤師からは授乳後すぐに飲んで、次の授乳までに極力時間を空けるのが良いと言われそのとおりにしました(薬を飲んでから3時間半後の授乳)
また、クラリシッドは赤ちゃんにも使う薬だから大丈夫でしょうとの薬剤師の言葉も信じました。
でも、その後このBBSで見てから、あー・・飲んでしまった、あげてしまった!と反省をしております。
もう少し、先生や薬剤師に納得いくまで確認すべきでした。
先生はどの薬も全部授乳大丈夫ですからと言っていましたが、本当にそうなのでしょうか?
風邪の症状は熱が出て来て辛く、ただ子供に危険があるくらいならどれも飲まずに発汗療法などで治すべきなのか、と悩んでおります。

たくさん薬を処方されたので不安も有ります。
飲んで大丈夫な薬を教えていただけないでしょうか?
熱があっても子供におっぱいをあげたり世話をしてあげなくてはいけないから、何を優先すべきか自分で判断出来る材料にさせていただきたいと思っています。
分かりづらい文章で申し訳有りません。




| Rodyママ | 2008/07/08 6:14 PM |
>Rodyママさん
こんにちは。
ちょっと大げさに書いて、不安をいたずらにあおっていたとしたら謝ります。申し訳ありません。
まず、処方された薬ですが、基本的に全部飲んでも大丈夫です。
抗がん剤などの特殊な薬で無い限り、授乳しながら薬を飲むことは可能です。
ただ、生後1〜2ヶ月のお子さんですと、やや影響があるような気もします。

基本的に、授乳中であれそれ以外であれ、不必要な薬を飲むのはおすすめしません。
授乳中であればなおさら、本当に必要な薬以外はわざわざ飲むことは無いでしょう。
クラリシッドも、授乳中に飲んでも大丈夫は大丈夫ですが、添付文書に書いてあることを信じると、飲むのは危険なのかなとも思います。
まあ明らかな感染症ではないわけですから、飲まなくても良いものは飲まないほうが良いでしょう。

セルベックスも授乳に影響はありませんが、飲む必要が明らかに無いので、飲まないほうが良いでしょう。
ポララミンやカロナールは飲んでも大丈夫です。

いまは時間が無いのでこれしかかけませんが、飲む必要性が無いものは、飲まないほうが良いに決まってます。
またいずれ細かく書きます。
| 服部 | 2008/07/08 7:26 PM |
早速のお返事ありがとうございました!
お返事を読んで、風邪で抗生剤を飲むことに疑問がある、抗生剤を飲んでも胃が荒れたことが無い、ということでクラリシッドとセルベックスを飲むのはやめました。

汗→着替え→水分補給→汗・・の繰り返しで熱を下げつつ、咳止め、ポララミン、セネガシロップ、カロナールを飲んで、症状が収まった物から止めていこうと思っています。

こんな体調で主人が3日間出張に行っていたりと、かなり不安だったのですぐにお返事が頂けて本当にありがたかったです。
ありがとうございました。
| Rodyママ | 2008/07/09 10:20 AM |
>Rodyママさん
いえ、時間が無いまま、急いで書いたお答えでしたので、不十分なところもあったかと思います。
授乳と薬については、いずれちゃんと書きますから、ぜひご参考にされてください(いつになるかは…)

また何かお聞きになりたいことがありましたら、遠慮なくコメント欄に書いてください。
では。
| 服部 | 2008/07/10 2:40 PM |
現在4歳の長男ですが、トビヒの治療薬としてクラリシッドを皮膚科で処方されました。
最初はかかりつけの小児科医でセフェム系の抗生物質を処方されたのですが、薬を飲み続け2週間たっても症状は悪化するばかり・・・。
セカンドオピニオンとして皮膚科を受診してこの薬を出されました。

下の2歳の次男がおりますが、こちらは蚊アレルギー体質なので蚊に刺されると漏れなく患部に水を持ってしまうのですが彼は看護士のいる保育園に在籍しているため1日3回投薬のポスミシンを処方されています。

長男の保育園では看護士がいないたる昼間に薬を飲むことが出来ず2回服用の薬しか飲ませることが出来ません。
園医(かかりつけ医でもあります)が保育園での薬の服用を禁止しています。

結果としてはトビヒは良くなったのですが調べていてもトビヒの治療薬としてクラリシッドというのはHITしないのですが、実際は薬が聞いて治ったのでしょうか?

抗生物質でも私の父がセフェム系・ペニシリン系は重度なアレルギーを持っていることから、あまり使用したくありません。
(かかりつけ医もこの事実は了承しています)
ただトビヒでの投薬について効果が本来あるものでしたら、かかりつけ医に報告しておきたいのですがなんとも射得ないうでしたらあえて伝えるもの・・・と悩んでおります。

あまり突っ込んだご意見は匿名の掲示板ですので難しいと思いますので「薬の効果」という意味でのコメントをいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
| パフェママ | 2008/08/19 9:26 PM |
>パフェママさん
こんにちは。
トビヒの原因菌は、ほとんどブドウ球菌です。
ですので、トビヒを治すには、ブドウ球菌に効果のある抗生物質を使えば良いということです。

また、抗生物質は、飲むと消化管から吸収され、血液に入ります。
薬によって、体のどの組織に薬が効きやすいかが違うので、いくらブドウ球菌に効く薬でも、皮膚に抗生物質が届かないとトビヒを治すことはできません。

皮膚の菌によく効き、しかもブドウ球菌に効果がある。
まさにクラリシッドはそういう薬です。
ですから、トビヒにクラリシッドを使うことは、理にかなっているといえます。
皮膚感染症ということで、保険適応にもなっております(トビヒはどうだったかな・・・)。


そして、クラリシッドは、小児の場合1日2〜3回です。
昼間保育園に行っていて飲めないのであれば、朝と夜だけで十分です。
ただ、1日全体で何mg飲んだかが大事なので、主治医に昼間は飲めないことをはなし、1回に飲む量を増やしてもらうことが必要です。


こんなもんで、いかがでしょうか。
追加の質問があれば、遠慮なくどうぞ。。
| 服部 | 2008/08/20 2:12 PM |
服部先生へ

説明ありがとうごさいました。
非常にわかりやすくて安心しました。

ちょうど明日主治医のところで下の子の2歳検診の予約をしていますので、上の子の投薬の件も報告出来そうです。

主治医は基本的には不要に投薬を勧めないタイプで信頼しているのですが、専門が呼吸器系の小児科医なので皮膚系トラブルのときの投薬で何度か皮膚科の処方とかなり違うことがありました。
そのため今回の投薬にもやや不安があり相談させていただいた次第です。

お忙しいところ本当にありがとうございます。
先生ご自身もブログを拝読しましたところ体調を崩していらっしゃるようですね。
お忙しくてご自身の体まで気がまわらないのでしょうか?
無理をせず御自愛ください。
| パフェママ | 2008/08/20 9:02 PM |
>パフェママさん
わたしももともと呼吸器内科ですが、美容を勉強し始めたとき、薬の使い方の違いに驚いたものです。
根本的なところで言うと、抗生物質の使い方は、呼吸器系の医者のほうが強いはずです。
抗生物質をうまく操らないと、肺の病気は治りませんからね。
もちろん、皮膚の薬は皮膚科の医者に任せたほうがいいです。

私の体調ですが、飲む薬を変えたところ、少し良くなってきました。ありがとうございます。
| 服部 | 2008/08/21 10:24 AM |
はじめまして。
現在蓄膿症の治療でクラリスとアレグラ、ムコダインを服用して4週目になります(ムコダインは4週目から服用しなくてよいといわれました)。
クラリスは気道の免疫増強の作用があるということですが、昨日、喉が痛み、赤くはれてしまい、現在服用しているクラリス等の薬はいったんやめて、フロモックスを服用するよう処方されました。これはクラリスに耐性のある菌に喉が侵されたということなのでしょうか。免疫を高める薬を服用しているにも関わらず調子を崩すと気分もへこみます。
普段から手洗いやうがい、マスクの着用にも気をつけているつもりなのですが、鼻や喉が弱くて困ります。

また、インフルエンザの予防接種を考えていますが、このような薬を服用中に接種しても問題はありませんか?
よろしくお願いいたします。
| まりこ | 2008/11/12 9:04 PM |
>まりこさん
こんにちは。
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)、つらいですよねー。
わたしも副鼻腔炎で悩んでいますから、気持ちがよく分かります。
クラリスですが、日本ではクラリスに対する耐性菌が増え、あまり抗菌剤としての作用は望めなくなっているようです。
副鼻腔炎に処方するのも、副鼻腔炎の原因菌に対する抗菌作用が優れていたからなんですが、最近ではさっぱり・・・
わたしもクラリスとムコダインを1ヶ月近く飲みましたが、ほとんど改善しませんでした。
クラリスが効かないなら、抗生剤の種類を変えるのが一番です。

喉がやられるのは、おそらくウィルスによるものでしょう。
ウィルスに抗生物質は効きませんから、クラリスとかでは意味を成しません。
耳鼻科専門ではないのではっきり分かりませんが、副鼻腔炎による後鼻漏(鼻の奥から喉に流れるあのいやな感じ)によって喉が荒れていて、そこからウィルスが侵入してくるんじゃないでしょうか。

なんにせよ、副鼻腔炎を治すことが先決ですね。
私自身は、もう手術しかないんじゃないかとあきらめてます。。
| 服部 | 2008/11/13 3:52 PM |
>まりこさん
インフルエンザのワクチンは、薬を飲みながらでも大丈夫です。
鼻が悪い人は気管支が悪いことも多いですから、ワクチンは打っといたほうがいいですね。
| 服部 | 2008/11/13 3:53 PM |
初めまして。

クラリスの検索結果で、ここにたどり着きました。

望んでいた答えが書かれていて、嬉しくて、コメントさせていただく事にしました。

当方6歳の息子がいます。

1年前から、主治医の先生の処方により、クラリスの少量タイプ【普通に処方される量の3分の2程度】を1日1回、毎日、飲んでいます。

息子は、喘息の一歩手前で、喉にバイ菌がつきやすく、頻繁に風邪をひき、重症になる事が多いので、その為の処方だと説明をうけました。

しかし、周りの人間からは、大反対の声ばかりで、、、

風邪の予防ではないので、飲み始めてからも、風邪はひいています。

また、アレルギーもあるので、ザジテンと、オノンも毎日飲んでいます。

そして、今日、たまたま行った泌尿器科の医者から、飲み合わせの事で服用している薬を聞かれたので、全て話したところ、とてもビックリされ、すぐに、別の病院に変えた方がいいのではと言われました。

こんなに薬を飲んでいるなんて、あり得ないと。

また、子供の体が、おかしくなるよとも言われました。

クラリスを毎日、服用するなんて、意味がないと。

どうしたらいいのか分からず、何か分かればと思い、パソコンで検索したところ、ここにたどり着きました。

先生が書かれているクラリスの効果を読んで、安心しました。これです。

1:気道(気管とか気管支)の免疫増強
クラリス・クラリシッドは、気道粘膜からインターロイキンを出させ、免疫を増強させます。
難しい話はやめると、とにかく、気道を強くするということです。
2:痰の分泌減少
気道粘膜に働き(Naチャンネルとかを介して)、粘膜上の水分輸送に役立ちます。
分泌される水分を減らすのです。
痰に含まれる水分を再取り込みさせて、痰を減らします。
ただし、痰が硬くて詰まった感じになって出しにくい、という患者さんには処方しないことも考えます。
3:静菌作用
気管内に雑菌が繁殖するのを防ぎます。

本当にありがとうございました!!

| ママロン | 2008/11/26 1:25 PM |
>ママロンさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
抗生物質というと、特効薬のようにどんな症状でも出してしまう医者もいれば、危険極まりない薬だからそんなのとんでもないという医者もいます。
正解は、正しく理解して、必要なときに必要な分だけ飲んでもらう、ということです。

クラリスはいい薬で、抗菌作用以外の働きも期待できますが、メリットデメリットを天秤にかけ、メリットがあると判断したときにだけ処方すべきです。
まあそれが結構難しいのかもしれませんが。

これからもお時間があるときにブログを覗いてもらえると、ありがたいです。
| 服部 | 2008/11/28 4:13 PM |
はじめまして。 クラリシッドで検索してこちらにたどり着きました。
今日熱が38.1℃出まして、インフルエンザを疑い病院へ行ったところ、検査の結果は陰性で、点滴と麻黄湯エキス顆粒とクラリジットを処方されました。おかげさまで熱は37.4℃まで下がりました。薬は5日分頂いたのですが、明日の状態をみて、服用を止めても大丈夫でしょうか?麻黄湯は漢方薬と言われたのですが、これだけ飲むのはどうでしょうか?
| さら | 2009/03/12 11:25 PM |
>さらさん
医者からもらった薬は、自己判断で中止しないほうがいいですよ。
免疫を上げるという意味でも、クラリスは飲んでおいてもいいと思います。
ま、飲まなくてもいいんですが、何か意図があって処方したのかもしれません。直接診察をしていないので、さらさんにクラリシッドが必要か、飲まなくてもいいのか、が判断できません。
申し訳ありません。
| 服部 | 2009/03/13 12:42 PM |
はじめまして。
ここ数日花粉症が急にひどくなり喉の調子がおかしいなと耳鼻咽喉科を受診したところ「急性副鼻腔炎」と診断され、クラリス+ムコダイン+ジルテックを処方されました。2回程服用したところで体に左右対称に蕁麻疹がでてしまい、先生に再度相談したところ、おそらくムコダインが原因ではないかなとの事。ムコダインを止めて、とりあえずクラリス→オゼックス錠へ変えてみましょうとのことで今日から飲み始めました。

この急性副鼻腔炎にオゼックス錠というのは効くものなのでしょうか?またムコダインは飲まずとも平気なものなのでしょうか?慢性副鼻腔炎になるとなかなか治らないと主人に言われとっても心配です…。
| taromon | 2009/04/11 1:41 AM |
>taromonさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

オゼックス、副鼻腔炎に効きます。
クラリスが使えない場合には、良い選択だと思います。
ムコダインは飲んでおいたほうがいいですが、ジルテックとオゼックスだけでも大丈夫です。
ムコダインによる薬疹だとすると、ムコダインを使い続けることはできないですからね。
薬疹って、ものすごくこわいんですよ。

文章を読む限りでは良い医者だと思いますから、安心して診察を受けてください。
急性副鼻腔炎ですから、そんなに心配は要らないですよ。
| 服部 | 2009/04/11 1:52 PM |
服部先生 
お忙しい中お返事くださって
ありがとうございます。

薬疹ははじめての経験で、いろいろ調べていくうちに本当にこわいものなんだなぁと、あらためてお薬ってすごい…と思いました。
ムコダインのせいだったのか、服用を止めてみましたがまだ発疹が止まらないので微妙なところなのですが、面倒がらずに根気よくかかりつけの先生に相談しようと思います。

これからも先生のblog 応援してます。
ありがとうございました。

| taromon | 2009/04/11 5:59 PM |

はじめまして
教えていただけるとうれしいのですが、現在一歳の息子に授乳中なんですが、副鼻腔炎になってしまいました。
耳鼻咽喉科で授乳中のことを話して、お薬をだしていただきました。
オゼックス錠、ポンタールカプセル、アディームカプセル、ムコダイン錠を4日分

ただオゼックス錠については、インターネットで調べる限り
授乳中は授乳中止との記載が多く不安です。

奥歯にも痛みがあり、早く治したいのですが授乳を現段階でやめるのも難しく、どうしたものか思案しております。

ご助言お願いします。
| まあママ | 2009/06/01 1:51 PM |
>まあママさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
オゼックスはハートリークリニックで扱いが無く、添付文書が無いので授乳についての記載が確認できません。

ただ、私がいつも参考にしている「国立成育医療センター」のHPを見ると、オゼックスに近い種類の薬が授乳中に投与できること。および、授乳中に投与してはいけない薬の中に抗生物質が含まれていないこと。
以上から、授乳中にオゼックスを服用しても大丈夫だとは思いますが、100%自信があるわけではありません・・・

国立成育医療センターのHPを参考にしてみてください。
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/junyuu.html
このページの下のほうから、詳しい薬の名前が調べられます。
| 服部 | 2009/06/02 3:19 PM |

服部先生

お忙しいなか早急に、また丁寧なご回答をいただきありがとうございました。

国立成育医療センターのHPも大変参考になりました。
服用に対する抵抗感がなくなりました。

早く治して笑顔で息子に接するようにしたいと思います。

とても医療のことがわかりやすいブログですね。
また、拝見させていただきます

| まあママ | 2009/06/02 5:49 PM |
はじめまして。どうぞよろしくお願いします。
5歳の息子がマイコプラズマ肺炎になり発熱から15日目で、未だ微熱が続き不安になっています。

5月21日夜に38.3度の熱で始まり、咳はごく軽くでした。元気で食欲もあったため、疲れかな?と自宅で様子をみていましたが、発熱38度前後を4日経て近所の掛かりつけ医を受診、気管支炎だねとのことでクラリシッッドを処方され2日間飲みましたが、症状変わらずでした。
血液検査をと思い、総合病院で受診し血液検査とレントゲンでマイコプラズマ肺炎と言われました。
5月27〜29日ジスロマックを飲み、30日再受診、この頃から咳がひどくなりだし、状態変わらず胸の音も悪いとのことで、新たにクラリス、オノンを処方されましたが、状態全く変わらず、1、2日に再受診、両日とも病院でメプチンとインタールの吸入をしました。
この日までは、食欲もあり元気だし、熱も37度台前半キープでしたので入院はしなくても良いとのことでしたが、
2日に受診した時に、「胸の音が悪いから入院して吸入を1日4回にしてみる?」とのことでしたが、入院の目的が1日4回の吸入ということでしたので、吸入器をお借りして自宅で実行して様子見、次回の受診は8日の月曜日となっています。

今、私が不安に思っていることは、
’抉蠅覆里燃韻続くのは分かるのですが、マイコプラズマで通常微熱が15日も続くのか?他に何か合併症を起こしているのではないか?

∈までに、いわゆる風邪でクラリスはよく処方されているので効かなくなっているのではないか?

F院するかは、今の状態では入院するほどではないけど、心配ならお母さんにお任せします、と判断を委ねられているので、今の状態なら8日の受診を待たずに入院すべきかどうかです。

長々と、申し訳ございません。
アドバイスをよろしくお願いします。
| かずみ | 2009/06/04 2:47 PM |
>まあママさん
妊娠・授乳とお薬に関しては、かなり間違った知識がまだ広まっているようです。ぜひ周りの方にも話していただけるとありがたいです。
更新がかなり不定期なブログですが、これからも覗いてもらえるとうれしいです。
何か質問がありましたら、遠慮なくしてください。
結構、ネタに困ってますので・・・
| 服部 | 2009/06/06 11:36 AM |
>かずみさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
最近忙しくてブログを開けず、先ほどコメントを読ませていただきました。
もう日にちが経っているので、遅すぎるとは思いますが…

マイコプラズマは通常、抗生剤がとてもよく効きます。
ですから、15日も微熱が続くというのはちょっとおかしい気がします。
抗生剤がうまく効いていない可能性もありますね。
もちろん、マイコプラズマで体力が弱り、ほかの菌も同時に感染している可能性もあります。
クラリシッドも、ジスロマックも、クラリスも、同じ系統の薬です。
これらでいまいち効いていない場合は、まったく別の種類の抗生剤を使ったほうがいいと思います。
耐性ができている可能性もあるし、これらの薬が効かない別の菌が悪さをしている可能性もあるからです。
文章を読む限り入院させるほどではないと思いますが、子供は体力が弱く、いつ病気が急に悪化するかは予測できません。

私が実際に診察したわけではないので、具体的なアドバイスはできません。主治医とよく相談することが必要です。
問題を避けるためか、はっきり説明してくれない医者も増えていますが、大切なお子さんのことですから納得いくまで話し合ったほうがいいですよ。
中途半端な回答で申し訳ありませんが、診察してみないと分からず、診察した医者が一番良く分かるはずですから。
その点をご理解ください。
| 服部 | 2009/06/06 11:44 AM |
クラリス小児用50mgを20kgの子が1日1回2錠2週間分出ています。顔部のレントゲンで鼻の周り、目の下が白く映ったので蓄膿の疑いと言われて。

クラリスの説明を色々見ると12時間もたてば効き目がなくなるのに、1日1回でいいのか?と思い、こちらに来ました。上に同じ処方の方がいましたが、自己完結しているので...。

これって普通にある処方なんですか?1錠を朝晩ではいけないんですか?
| スイーツ | 2009/12/27 7:14 AM |
>スイーツさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
クラリスですが、小児の場合「1日に飲む量は、体重1kgあたり10〜15mg」となっています。
20kgのお子さんですから、200〜300mg飲んだほうがいい、という計算になります(最大で400mgまで)。
となると、今処方されている量が100mgですから、ちょっと少ないかもしれないな・・・という感じです。
とはいえ、医者も患者さんを診察して処方量を決めているわけですから、単純に計算式で考えてはいけないだろうと思います。僕が実際に診察したわけではないので、これ以上のことは分かりません。

あと、一日一回で処方する場合もあります。
維持療法として長期間投与する場合(半年とか一年とか)はそういう出し方をすることがあります。
ただ今回は蓄膿ですからね。ぼくは耳鼻科じゃないので分からないんですが、こういう使い方が一般的なんでしょうか。。。

なぜ1日100mgなのか、1日1回なのか、主治医に聞いてみてください。主治医とコミュニケーションをとっておいたほうが、今後も楽だと思いますからね。
| 服部 | 2009/12/28 2:39 PM |
ありがとうございます。やっぱり少ないですよね。でも、この3種類を飲み始めて症状が目に見える感じで改善しました。信じて続けるしか選択肢がないですね...。

主治医とのコミュニケーション...。人気の耳鼻科医でキツい感じの先生です。情けないことに難しい課題です。そして27日で今年の診察が終わり、明けて6日からの診察です。

一方信頼する小児科医はざっくりと「子どもに耳鼻科は必要ない。」と言います。アレルギー性鼻炎のある子供の親としては悩ましい限りです。また、こちらの先生もコミュニケーションが難しい...。

その他かかわった医師はみな忙しそうで薬の説明もろくにされないこともあります。食い下がると「じゃあ飲むな。」と言われたことさえ。(薬剤師さんを通してですが。)

私は色々ネットで調べて行くので「やっかいな患者の親」または「心配性の患者の親」というレッテルがあるようです。

一時期はひどくて心療内科の紹介もされました。私にも問題があるのは確かなようですが...。愚痴になり失礼しました。

ありがとうございました。
| スイーツ | 2009/12/28 3:09 PM |
>スイーツさん
日本は圧倒的に医者の数が足りず、しかも診療報酬が低いため、一人ひとりの患者さんに時間を割けずに捌いていかなければやっていけなくなっています。
この間のニュースでは、耳鼻科は儲かっているから報酬を下げる!という方向に変えていくなんて言っているお偉方がいましたが・・・
こんなんでは、納得の行く説明をしてもらいたくても、そんな時間もとれなくなってしまいますね。


またなにか聞いてみたいことがありましたら、遠慮なく書き込んでください。
| 服部 | 2009/12/29 11:16 AM |
はじめまして。みりと申します。

喉に若干の痛みを感じて、内科に受診したところクラビットを処方されました。その日の夜に発熱、翌日には熱はさがったものの、右奥の喉の痛みはひどくなるばかりで、しまいには耳も痛み出しています。職場に溶連菌を患っていた方がいたのでもしかしたら私もそうなのかもしれません。

耳鼻科に行ければいいのですが、年末年始のお休みなのでこちらに相談させていただきました。

どうぞよろしくお願いします。
| みり | 2009/12/31 7:54 AM |
>みりさん
こんにちは、コメントありがとうございました。
ブログの最新記事のところには書いておいたんですが、29日から6日までPCを開かず、ブログのコメントを読むことができませんでした。
大変申し訳ありませんでした。
| 服部 | 2010/01/07 1:06 PM |
はじめまして。

クラリシットを検索してたどり着きました!
私は以前、クラリスを内服して効果がなかったことがあるのですが、クラリスが効かない場合はクラリシットも効果が期待できないのでしょうか?

| なみへい | 2010/04/28 2:54 AM |
>なみへいさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

クラリスとクラリシッドは、出している製薬会社が違うだけで、同じ薬です。
ですから、クラリスが効かなければ、クラリシッドも効きません。

抗生物質を使う際に大切なのは、正しいタイミングで、正しい薬を選択できているか(ある程度)、ということです。
本来はとても良い薬であっても、その薬を使うべきではないときに使ってしまえば、なんだこの薬効かないじゃん・・・となってしまいますからね。
| 服部 | 2010/04/30 12:11 PM |
はじめまして。

クラリシッドの検索からこちらにたどりつきました。

昨日夕方小学生次男がじんましんで皮膚科にかかりました。
扁桃腺の腫れからきているとのことで、ザジテンを処方され、一日経った今日はもう落ち着いています。

その診察の際にドクターが「耳鼻科でこの喉の腫れは何も言われたりしてない?腫れすぎ・・」とおっしゃるので、
「今年に入ってからも中耳炎、副鼻腔炎で3回耳鼻科にかかっていますが特に何も・・・
中一の長男が、小学校低学年のときも扁桃腺は腫れていましたが今は随分小さくなってるから、そんなもんかと」
と伝えると首を傾げておられました。

するとドクターが「その長男さんひどいニキビじゃないかしら?近いうち連れていらっしゃい」と。
で今日、長男を診察に連れて行き、出されたお薬がクラリシッドだったというわけです。

長くなっておりますが、ここから先生にお聞きしたいところなんですが、
長男のニキビについて「病巣感染」とのことで扁桃腺摘出手術でキレイになるのでおススメしますと言われたのです。
この状態で思春期を過ごすと、二十歳過ぎにはアメリカで活躍中の野球選手の夏ミカンのような肌になるでしょう、と。
親子でショックでした。
本人も肌についてとても気にしているので、洗顔ケア、ビタミン剤などできることはしていますが、効き目はあまりないようでオデコ両頬と赤い炎症だらけです。

5歳から8歳まで小児喘息で専門医にかかり、しっかりと管理、治療したので今では発作を起こすことはありませんが、
少し体調が悪いと胸に痰が絡んだ咳が長引くのですが、
そのようなのも改善するのでは?とのことでした。

とりあえず、クラリシッド5日間でニキビの改善がみられるようなら、扁桃腺摘出について考える価値があるでしょう、と。

病巣感染についてネットで検索しましたが、腎臓や掌蹠膿疱症での適用は見ましたが、ニキビでそこまでの手術をするのが適当なのかどうか。
クラリシッドで改善するなら飲み続けたらだめなの?とか。

これから、かかりつけの小児科、耳鼻科などにセカンドオピの必要があるとは思っています。

長々と申し訳ありませんが、服部先生のご意見もぜひお聞きできたらと思いました。
お時間がありましたらご返答いただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。



















| いわし | 2010/11/16 10:42 PM |
>いわしさん
こんにちは。
クラリシッドを5日飲んでニキビが改善したとしても、それがすぐに扁桃腺の摘出につながるかじゃ疑問です。
実際にお子さんの扁桃腺を診たわけではありませんが、耳鼻科の医者が問題ないといっているのであれば、それは単に「肥大」しているだけで、「感染」しているのではないのかもしれません。
耳鼻科の医者とよく相談してみたほうがいいでしょう。

それと、にきびについては、にきびを専門で治療している医者もたくさんいますから、まず専門の医者に見てもらってはいかがでしょうか。
医者にもいろんな考えを持った人がいて、治療方法やアプローチもさまざまです。
治療に疑問を持ったときは、複数の病院で見てもらうことが必要です。
実際に診察していないのではっきりしたことがいえませんが、体に負担がかかる治療(扁桃腺摘出とか)をするまえには、充分納得するまで調べたほうがいいです。

クラリシッドを飲むことは問題ないと思います。
クラリシッドとか、ミノマイシンという薬を長めに飲むのもいいと思いますが、まず他の医者の診察を受けてみてはいかがでしょうか。
| 服部 | 2010/11/18 5:33 PM |
早速のご返答ありがとうございました。
美容内科医でいらっしゃる服部先生の診察室に、今まさに息子をのところに連れて行きたい!
残念ながら飛行機に乗らないと行けない距離です・・・・

そうですよね、いつもかかっている小児科耳鼻科の先生にも疑問をしっかり聞いてくるべきですね。
「手術、春休み、要予約」ということで焦ってしまってました。
私も冷静にならなくてはいけないようです。

抗生物質のトピックスから見始めたのですが、どの項目もとても分かりやすく面白く参考になりました。
ぜひまた拝見させていただきます。
お忙しい中ありがとうございました。
| いわし | 2010/11/19 12:12 AM |
>いわしさん
私は子どもがおりませんが(まずその前に結婚・・・)、自分に子どもができて病気になったら、おそらくとてもあたふたとしてしまうと思います。

また何か聞きたいことがありましたら、遠慮なく書き込んでください。
そのブログの内容と関係ないことでも大丈夫です。

それでは。
| 服部 | 2010/11/19 6:11 PM |
先生よろしくお願いします。
私は9月中旬に発熱、悪寒が伴う風邪をひきジスロマック、ブルフェン、ムコスタを処方されました。3日目より点状発疹が出始め徐々に広がっていきました。アレロック、ジルテック、ポララミンなど抗アレルギー剤を処方されましたが全く効果なく掻痒感が増強、鳥肌がたち震えがくる、入眠困難になる。採血結果は、好酸球が6%程度で他特に問題ありませんでした。10月に皮膚科受診しプレドニン20咾鮟菠され、掻痒感はかなり改善されましたが、ポツポツ出る発疹はかわりませんでした。1週間後にプレドニン15咾妨採漫B臑槁瑤賄西から虫刺され状態に変化、ほか点状発疹は変化なし。掻痒感が増強しレンドルミン、アタPを処方してもらうが2時間ほどで中途覚醒してしまう。17日にプレドニン12.5咾妨採漫2日ごより頭部、背部、頚部、両上腕に発疹が出る。このまま皮膚科で治療していいのか、プレドニンを減量していけるのか不安です。仕事にも影響がでてきています。このように長くかかるものでしょうか。
| 大ちゃんママ | 2010/11/24 1:29 AM |
>大ちゃんママさん
こんにちは。
発疹の原因は何だといわれましたか?
ジスロマックの副作用だとすれば、ちょっと長すぎますね。
月並みな言い方になりますが、やはり一度他の病院でも見てもらったほうがいいのではないでしょうか。
| 服部 | 2010/11/26 5:21 PM |
先日は息子のニキビの件で回答をいただき、お世話になりました。
「ウルトラアクセントキャンペーン」でご質問されている「いわし」様がいらっしゃいますが、私とは別の方のようですので、混同なさらないでいただきますようお願いいたします。

元いわしの息子ですが、別の皮膚科にかかりまして、
クリンダマイシンゲルを処方され、ピーリング石鹸(お試しでとりあえず消しゴム大で250円分購入)、保湿ローションを使っています。
ニキビに保湿??と不思議だったのですが、明らかに新しい発生が減ってきたので、このまま続けていきたいと思っています。

| iwashi | 2010/12/11 10:47 PM |
>iwashiさん
こんにちは。
皮脂が原因となるにきびでは、乾燥させたほうがいいと言われてきましたが、近年は保湿が重要と考えられています。
オイリーな化粧品は避けたほうがいいですが、化粧水、保湿ローションはしっかり使ったほうがいいのです。
アルコールを含んだシートでさっぱり!といきたいところですが、おすすめできません。

改善してきたみたいで、良かったですね!
| 服部 | 2010/12/13 6:49 PM |
私は妊娠3ヶ月ほどなんですが
妊娠が分かる前に
ニキビで悩んでいて
皮膚科でクラリシッド錠200mgを
出され妊娠してると知らず
飲んでしまいました…。

いろいろ検索した所
妊娠中の方に出すお医者さんも
いるそうなんですが
どうなんでしょうか?
すごく不安なので
教えていただきたいです…。
| M | 2011/01/10 10:09 PM |
>Mさん
こんにちは、返事が遅くなってすみません。
クラリシッドは、妊娠中に飲んでも大丈夫です。
くわしくは、国立成育医療センターHP内の「妊娠と薬情報センター」というページをご覧ください。
妊娠中に飲んでも大丈夫とされるお薬の一覧も載っています。
ちょっと前までは、妊娠中に風邪を引いても薬を飲まずに我慢・・・授乳中に薬を飲むときは母乳を中止して薬を飲む・・・というのが普通でしたが、いまはかなり考えが違っているようです。

HPのアドレスを貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。
携帯からだと読めないかもしれません・・・

妊娠と薬情報センター
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html
| 服部 | 2011/01/13 3:06 PM |
初めまして。

夜遅くにコメントしてしまいすみません

クラリシッド ドライシロップ 小児用

て検索していたらここにたどり着きました。

1歳9ヶ月の息子が風邪をひいてしまい
鼻水と咳が出ています。

薬を早めに飲んだからなのかはわかりませんが
そこまでひどくありません。

耳鼻科で薬を処方されてまだ二回目の服用です。(一日二回)

ケイトテンDSO

テルギンGドライシロップ

クラリシッド含め、この三つが入っている混合の薬を10日分いただきました。

先生には薬を飲みきって下さいと言われたのですが、抗生剤を10日も飲んで大丈夫なのか不安で
質問させていただきました。

しかもblogに風邪には抗生剤が効かないとあったのでこれも気になってしまいました。

だいたい風邪ひいた時は抗生剤を処方されるので
びっくりしました。


耳鼻科の先生の言うとおり飲みきったほうがいいのか
病院を変えたほうがいいのか悩んでいます。


長文のつたない文章ですみませんが
お時間ある時にでもお返事いただけたら幸いです。

どうかよろしくお願いします。
| りくママ | 2011/02/02 2:02 AM |
>りくママさん
こんにちは。
風邪には抗生物質は効きません。これは確かです。
ただ、実際に診察をしてみないと、その人が風邪なのか、抗生物質を必要とする病気なのかがわかりません。
ですので、ああそれなら抗生物質を飲ませなくても大丈夫ですよ、とは言えませんが、主治医になぜ抗生物質が必要なのか聞いてみましょう。
風邪のときには抗生物質を処方する、と思っている医者もまだ多くいますから(学生の教科書にすら、風邪に抗生物質は無意味と書かれているのに!)、しっかり聞いてみましょう。

もし、本当に抗生物質が必要な病気であれば、10日間くらい飲ませるのは、ないことではありません。
ただの風邪であれば、症状を和らげる薬を飲ませるだけで充分です(脱水とかだけ注意)。
| 服部 | 2011/02/03 3:03 PM |
お忙しい中、いろいろと本当にありがとうございます!

主治医にちゃんと聞いて確かめてみようと思います。
ただの風邪だったら効かない抗生剤物質を飲ませたくないですし!


本当先生みたいにきちんと説明してくれる病院があればな…とつくづく思いました。

お仕事大変だと思いますが無理しないで下さいね!
本当にありがとうございました!
| りくママ | 2011/02/04 9:51 AM |
服部先生、こんにちは

以前から気になっていた「クラリシッド」「クラビット」、遅ればせながら拝読しました。
数年前、初めて「クラリシッド」を処方された時、あまりの「効き」にびっくりしました。私はいつも「風邪は喉から」で、まず喉が痛くなり、用心していても結局は発熱し、3日くらいで熱が下がる・・・という経過をたどることが多いのですが、クラリシッドを飲んだ時は、喉が痛い状態が続いたものの、とうとう発熱せず、これは非常に助かったので、よく覚えています。・・・これは、私の場合、「風邪」ではなく、「クラリシッドが効く何らかの炎症」だったのでしょうか? 自分ではその差が分からないので、飲んでみるしかないのでしょうか?・・・クラリシッドのあまりの効果に、私は「恐い」と思いました。これほど効くということは、副作用もそれなりにあるはずなのでは、と。。。余程の時以外、飲まないようにしていますが、大抵年に1−2回は風邪症状になるので、「もう無理!」(自力の養生では治せない)となった時は、処方されに医院に出向いてしまいます。。。
| ベル | 2011/04/19 10:29 PM |
>ベルさん
こんにちは。
クラリシッドが効いたということは、おそらくただの風邪ではなかったということでしょう。
もちろん、クラリシッドは粘膜の免疫を上げたりもしますので、そちらが効いた可能性もあります。
なかなか難しいですね。
| 服部 | 2011/04/21 5:04 PM |
服部先生、お返事ありがとうございました。
私は、まあ、それでいいとして、やはり気になるのは子供です。かかりつけの小児科医の先生は、熱が一定以上だと、抗生物質を出す方です。「トミロン細粒小児用」がお好きなようです。これは何系ですか?小児用として一般的なお薬ですか?
以前は仕事をしており、子供も保育園でしたため、1歳以降、よく熱を出し、早く治ってほしい、という気持ちも強く、その度にこの抗生剤を服用していました。これは、幼児の体には良くなかったのでしょうか?
今は5歳になり、風邪も滅多に引かなくなり、先日1年ぶりに熱を出し、また処方されました。もう仕事はしていないので、早く治ってもらう必要はないのですが、やはり、高熱でぐったりしていると心配で、なぜか、抗生剤を飲ませると安心する自分がおります。トミロンは、効いて熱が下がったのか、飲まなくても下がったのか毎回良く分かりませんが、飲ませずに下がるか試してみよう」という勇気はどうしてもなく、はやりいつも飲ませてしまいます。
先生は、このトミロン、どう思われますか?
もし先生にお子様がいらしたとして、風邪のような症状、高熱でぐったりしていた場合、どのように処方(又は、何もしない)されますか?
| ベル | 2011/04/30 10:50 PM |
>ベルさん
トミロンは小児用があるので、小児科ではやたら頻繁に処方される薬です。
セフェム系と呼ばれる抗生物質で、第3世代セフェム系とも呼ばれます。
セフェム系の中では結構幅広くいろんな細菌に効果があるので、使い勝手はいいほうです。
フロモックスという薬と同じような働きです。

通常、風邪はウィルス感染ですので、抗生物質はまったく効きません。むしろ副作用や耐性菌のことを考えると、風邪とわかっているときは処方しないほうが賢明です。

風邪には抗生物質が効かないと理解していない医者が多い事は嘆かわしい事です。
まず、そこが第一の間違いです。
風邪ではなくて細菌感染による病気だと診断したとき、抗生物質を用います。
しかし、抗生物質にはたくさんの種類があり、ちゃんとその細菌に効果がある薬を使わないと意味がありません。
それを理解せず、感染には抗生物質を使うが、その種類にはまったく頓着しない医者がいます。
悲しい事に、本当にわかっていないのです。念のために抗生物質を出すと言うのであれば、まだいいほうです。
しかし、ほとんどの医者はわけもわからず抗生物質を出してしまうのです。とても専門家のすることとは思えません。

まず、抗生物質が効く病気かどうか判断し、必要であればどの抗生物質をどのように選択して投与するのか、きちんと考えなくてはなりません。
なんでもかんでもトミロンを出すというのは、抗生物質に対して正しい知識があるとは思えません。もっともだめなパターンです。
幸いな事に、抗生物質が必要な病気にかかっていないので、間違った抗生物質を処方されていても問題がおきていないのだと思います。
お子さんの病気を実際に診ていないのでわかりませんが、少なくとも文面を見る限り、トミロンが効くような病気であるとは思えません。
薬は、意味が無いものは飲まないに越したことがありません。

基本的に、風邪を治す薬は存在しないのですから、水分が取れているうちは水分をしっかり取らせ、取れなくなったら点滴も考えます。熱性痙攣をおこす子供の場合は、予防的に薬を投与するかもしれません。
少なくとも、抗生物質を投与する事はありません。
と書いていますが、実際に自分に子供が出来て病気になったとき、自分では正しい判断が出来るという自信はありません。
だからこそ、専門家が正しい判断をしてあげないといけないのではないかと思います。
| 服部 | 2011/05/01 4:51 PM |
 はじめまして。
私は、5月上旬に風邪をひき内科を受診し、急性副鼻腔炎と診断されました。そして、
「フラベリック・ムコダイン・パセトシン」という薬を処方されました。数日後、全身に発疹ができ、我慢できない痒みが出たので、皮膚科へいきました。パセトシンが原因の薬疹ではないかと診断され、処方された薬で治療しました。発疹が治ったので、再度鼻腔炎の治療のため、最初に行った内科へ行き今度は「レボフロキサシン・ムコダイン」という薬をもらい2日間服用したところで、熱が出て(熱は1日でおさまりました)また発疹が出てきました。(前回とは発疹の出方が違うのですが)
再受診した時に、この薬があわなければ、また違う薬を出しますといわれたのですが、この痒みにはたえれず、薬をかえてまた発疹が出るのもイヤです。
薬を飲む前に何か検査などして、薬があうか、あわないか判断できないものなのでしょうか?
なにか方法があれば教えていただきたいです。

3年前に出産をしたのですが、無痛分娩の麻酔があわなかった経験もあり、薬を服用するのが怖いです。
| チップ | 2011/06/09 6:02 PM |
>チップさん
こんにちは。
パセトシンは、ペニシリン系の抗生剤ですね。
レボフロキサシンは一般的にはクラビットという名前で知られ、ニューキノロン系の抗菌剤です。
抗生剤を変えても薬疹が同じように出たということは、ムコダインが原因かもしれませんね。
検査をして合うか合わないか調べることはできますので、主治医に相談してみてください。
| 服部 | 2011/06/11 4:39 PM |
お返事ありがとうございます。
早速、相談してみることにします。
本当にありがとうございました!
| チップ | 2011/06/14 8:50 AM |
はじめまして
お伺いしたいことがあります。

2010年5月に、いつからかにおいがしないことに気づき耳鼻科へかかりました。副鼻腔炎と診断され薬治療を開始しました。
においは薬を飲みだしてすぐに回復しましたが、副鼻腔炎がなかなか治らず、1年間薬を飲み続けています。

他に喘息の症状があります。(咳・たん・たまに息苦しさ)
アレルギーは5月〜7月のカモガヤ、ハルガヤです。

耳鼻科の処方は1日分でクラリシッド200咫▲札譽好織潺鵝▲ノン、メチスタ各1錠です。
先日副鼻腔炎が良くなったということで、強い薬セレスタミンをネオマレルミン2咾吠儿垢気譴泙靴拭

その際1年間飲み続けたセレスタミンがステロイドの成分が半分入ったものだということを聞きました。

内服ステロイドは大変強いものだと聞いていたので、
大変驚きました。薬局からの薬の成分表にもアレルギーの病気の症状を誘発するヒスタミンなどの発生を抑える作用のある薬などの説明があるのみでステロイドの文字はどこにもありません。

インターネットで調べると短期服用する薬だというコメントが多いのですが、
セレスタミンも抗生物質のクラリシッドもこのように長期服用しても大丈夫なのでしょうか?

また、症状がなくなった今も薬の服用が必要なのでしょうか?
現在はセレスタミンを止めたことによる副作用の心配と
いつまでも抗生物質をのむことに抵抗があります。

お忙しいところ申し訳ありませんが、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

| カイママ | 2011/07/08 2:11 AM |
>カイママさん
こんにちは。
セレスタミンはステロイドが入っているので、よく効きます。ですから、開業医の医者や経験の浅い医者は好んで使います。
あそこで薬をもらったらすぐに効いた、いい医者だという印象を持ってもらえ、また来てくれることが期待できるからです。
しかし、ステロイドがどれくらい入っていて、どんな副作用が起きうるか考えずに処方している医者もいます。
ステロイドが入っていることや、副作用についてちゃんと説明すべきなのに、それを省いたりもともとそんなことが分かっていないので説明しなかったりすることがあります。

ステロイドは正しく使えばとても良い薬ですが、知識の浅い医者が使うと危険なことがあります。

さて、セレスタミン1錠にはステロイド(ベタメタゾン)が0.25mg含まれています。
これはリンデロンという薬(塗り薬じゃないよ)半錠に相当します。
リンデロンは働きが強い上に半減期が長く、ステロイドとしては強いほうです。

ステロイドの副作用は、糖尿病、骨粗しょう症、胃潰瘍、精神障害などなど(検索してみてください)です。
いまのとろここれらの副作用が現れていなければ、中止して後から出てくることはありません。いまのうちに副作用が出ていないか調べておいたほうがいいです。
年をとってから骨粗しょう症が見つかっても、ステロイドの副作用でなったのか年をとったからなったのか分からなくなりますので、今のうちに調べておいたほうがいいでしょう。

また、ずっとステロイドを使っていたことにより、ステロイドホルモンを分泌する副腎の機能が抑えられ、自力でステロイドを産生する能力がなくなりステロイドが枯渇することがあります。
いま症状がなければ問題ないでしょう。

抗生物質のクラリシッドは、長期服用することが良くあります。1年くらい飲んでいてもそれほど心配は要りません。
まだ飲み続けても問題ありません。

まずは主治医に今の不安を直接ぶつけてみましょう。
もしちゃんと取り合ってくれないのであれば、医者か病院を変えたほうがいいと思います。
また何か質問があれば書き込んでください。
| 服部 | 2011/07/08 4:36 PM |
服部先生
お返事ありがとうございます。
一番知りたいことがいろいろわかりました。

先週4週間分の薬をもらった時にわかったため、
主治医に確かめる前にいろいろ知りたい気持ちがありました。
また、なぜ知らされなかったのかという疑問が、
主治医と薬局両方に対してありました。

祖母・母ともに骨粗鬆症である為、
何年か後、骨粗鬆症になりやすい体質であるうえ、
薬の影響があれば大変不安な気がします。
おっしゃる通り近々骨密度を調べてもらうつもりです。

ステロイドを飲まなくなって1週間経ちますが、喘息の症状せき・たん・息苦しさが頻繁に起こる気がします。また、においがあまりしなくなった気がします。顔がかゆいです。
これが中止後の副作用なのでしょうか?
よく副鼻腔炎と喘息は合併して起こることがあると聞きますが、本当にのどと鼻は繋がっていることを実感します。夜苦しくせきや鼻水が止まらなくなったりすることもあります。ちょうどアレルギーのハルガヤが7月まであるのでそのせいかもしれません。

また、すべてがステロイドのせいかはわかりませんが、
飲みだしてしばらくしてからムーンフェイスや下腹部太り、体がだるい、低血圧(もともと低いのですが)の症状が今思えばありました。ずっと運動をしていて、比較的スリムな方だったのが急にお腹がでてきて運動量が足りないのか過食気味なのかと思っていました。
服用の副作用だった可能性もありますね。

今また具合が悪くてまたステロイドを服用することは、ステロイドから離脱できなくなるのでしたくないです。

以前吸入ステロイドを呼吸器科で勧められた時も、ステロイドで発作をを起こさないようにするため完治を目指すのでなく喘息をコントロールするという今の喘息治療主流のやり方ではなく、喘息を完治させる治療法を選びたいと思っていました。

服用のステロイドより影響の少ない吸入ステロイドも避けていたのにまさか耳鼻科で服用ステロイドが説明なく処方されるとは、もう少し薬に対して慎重になるべきだったと反省しています。(納得して飲むのとそうでないのとでは天地の差があります。)
あまりにすぐにおいが回復し薬を飲んでいれば副鼻腔炎も喘息も安心という、薬に頼る気持ちがあったと思います。

次回または症状がでれば早めに、
主治医に相談してみます。
不安があれば、転院を考えてみます。
ものすごく混んで人気?の耳鼻科なので安心していました。

お返事いただき不安な気持ちが
和らぎました。
本当にありがとうございます。






| カイママ | 2011/07/09 12:52 AM |
>カイママさん
またなにか聞きたいことがあれば遠慮なく書いてください。
混みすぎていて説明がちょっと不十分だったかもしれませんね。
| 服部 | 2011/07/09 4:14 PM |
服部先生

先日の続きでご相談があります。

その後、具合の悪くなるのを一日一日感じながら、
以前呼吸器科からもらっていた気管支拡張剤を3回ほど服用し、何とか過ごしていました。

その間、内科で骨密度測定をし、骨密度は同年齢の97%なので心配はなく、副腎皮質ホルモン低下については、検査は大変で
その量なら大丈夫だろうという事で検査には至りませんでした。

ここ1週間ほど歩くのもつらい感じになり、咳・痰・
鼻水・息苦しさが頻繁になり、
耳鼻科を受診致しました。
先生から、再度セレスタミンを飲むしか方法はなく、
よくなってからセレスタミンを粉末にして、
量を減らすというお話でした。
これは私がステロイド服用を避けたい旨を
伝えたからです。

医学の本などでは副鼻腔炎に服用ステロイドを使用する記述はなく、
ほとんど点鼻薬(ステロイド入)で治療すると書いてあるのですが、
どうして私の場合は服用になったのかと思います。

また、治療前には臭覚異常があっただけで、
喘息もそれほど症状がなく通常の生活を送っていました。
薬をやめた後は、リバウンドどころか
治療前よりかなり様態が悪くなっています。


また戻しても同じ繰り返しの様な気がしますが、
今の状態を脱するには服用しかないのでしょうか?

また一方、漢方で自己免疫力を向上させて、
副鼻腔炎も喘息も治したいという気持ちがあります。


いまどうするべきでしょうか?

お忙しいとは思いますが、
教えて頂けましたら幸いです。














| カイママ | 2011/07/23 9:27 PM |
>カイママさん
こんにちは。
骨密度とかホルモンの値が問題なくてよかったです。

セレスタミンを飲むしか方法がないというのが、ちょっとわかりませんね。
わざわざ粉にしてまで飲ませる意味がわかりません。
私の個人的な考えですが、医者を変えて意見を聞いてみるのが良いような気がします。

漢方は悪くない手だと思います。
試してみる価値はあるでしょう。

喘息に関しては、喘息の治療に関するガイドラインというものがしっかりつくられていて、それにのっとって治療するのが基本です。
喘息の病気の本質についてもかなり詳しく分かってきていて、昔とは治療法がことなっています。
吸入ステロイドを正しくつかうことも必要であるということがわかっています。
喘息、治療ガイドラインなどで検索してみてください。
| 服部 | 2011/07/26 3:39 PM |
服部先生

お忙しい中御返信ありがとうございます。

先生のおっしゃる通り、
せっかくやめたステロイド服用は避けることにします。
そして病院を変えて診察してもらいます。
今の状態ですと根治治療ができるかもしれない漢方に魅力を感じています。西洋医学と東洋医学両方で対処して頂ける病院に行ってみるつもりです。
体質改善も含めて
副鼻腔炎と喘息両方が良い方向に行くよう
がんばってみます。

大変不安な気持ちの中、いろいろ親切にお答え頂き本当に感謝しています。ありがとうございます。






| カイママ | 2011/07/26 5:52 PM |
>カイママさん
医療が発達してきて、「この病気にはこの治療法が適している」ということがある程度分かってきました。
薬もいろんなものが出ています。
ただ、スタンダードな治療法がすべての患者さんにマッチするわけではなく、新薬でとても効果が高い薬がすべての病気を治すわけではありません。
自分にあった治療法が見つかるよう願ってます。
| 服部 | 2011/07/30 3:52 PM |
服部先生

ありがとうございます。
転院し先生により薬の使い方が違うことがよくわかりました。
呼吸器科も受診し手当を受けています。
薬の長期服用が及ぼす影響が大きいことがわかりました。
自分でも本当に気をつけないといけないですね。
体力が戻ったら自分に合った治療法を
探すつもりです。
いろいろありがとうございました。
| カイママ | 2011/07/31 2:16 PM |
はじめまして。
クラリスの事を調べていて、たどり着きました。
少し長いですが、アドバイスを頂けると幸いです。
私は現在19歳なのですが、10歳ぐらいから肌が荒れています。
生活習慣や食生活に気をつけたり、病院で処方された塗り薬や飲み薬を使ったりしても、一向に良くなりませんでした。
今年訪れた何度目かの皮膚科で、クラリスを処方され服用してみると、二週間ぐらいで肌荒れが大幅に改善されました。
しかし、皮膚科の先生が、クラリスの処方をやめると、再び肌が荒れ始めました。
そこで、もう一度クラリスを処方して頂けるようにお願いしてみたのですが、飲み薬の長期服用を反対されてしまい、今も肌が荒れています。
正直、気が狂ってしまうぐらい肌が荒れていることがコンプレックスです。
クラリスを服用すると、なぜ肌荒れが治るかを教えて頂き、クラリスなしの生活で肌荒れを改善したいです。
もしくは、皮膚科の先生にどうしてもクラリスが必要ということを相談すれば、クラリスという薬は処方していただけるものなのでしょうか。
アドバイスよろしくお願い致します。
| 白猫 | 2011/08/31 8:44 PM |
>白猫さん
こんにちは。返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
クラリスが肌荒れに効いたのは、皮膚の免疫を上げたのと静菌作用によるものと思われます。
皮膚の常在菌のバランスを整えることにより、肌の状態を落ち着かせてくれたのだと思います。
アクネ菌にも効果を発揮したのでしょう。

私は、肌の状態がしっかり落ち着くまで長期に処方するようにしていますが、医者によって考えが違うのでなんともいえません。
似たような作用があるミノマイシンという薬がかなり昔から使われていますが、こちらも長期処方して治すことがあります。
個人的には、こういう薬を使いながらスキンケアを学んでいき、肌が落ち着いてきたら薬をやめていくようにするのがいいと思います。
| 服部 | 2011/09/03 11:37 AM |
こんにちは。
一年おきに肺炎になっている50代主婦です。
アドバイスお願いします。
5年前に肺のレントゲンの健康診断で左肺に白い影、自覚症状はなく、診断も肺炎の跡だろうとのことでした。クラビット、ムコダインを7日間のみ、半年後、レントゲンで確認しても影はかわらずでした。症状はないので、年一回の検診で様子見となりました。

最初の肺炎の診断から1年後、咳と熱で受診したら、左肺に肺炎と診断されました。クラリシッド、ターゼンを14日間飲み、元気になりました。

それから2年後、熱は無いが、咳がひどく出て痰に血が混じるようになり、受診したら、右肺の肺炎と診断されました。ジェニナック、ターゼン、トランサミン、メジコンムコソルバンを8日間のみ、元気になりました。痰からは菌は特定できませんでした。

それから2年後(現在ですが)、熱はないが咳がひどくなり受診したら、両肺に肺炎と診断されました。今回は熱がないので抗生剤は出されず、ムコダイン、麦門冬湯を1週間飲みましたが、咳が収まらないので、抗生剤を出してもらいました。クラリス、メジコン、ツロブテロールテープ、ビオフェルミン、を5日間飲んだところで、だるさを感じたり、口の中が苦くなったりするので、医師に相談したら、薬をやめるように言われ、1週間経ちました。咳はかなり少なくなりましたが、完全ではなく、時折咳や痰も絡みます。今まででしたら、咳は出なくなり直ったという実感があったのですが、今回は抗生剤の服用日数が少ないせいなのか、直りが悪いです。でも医師はこのくらいで折り合うしかないといいます。

レントゲンの影は悪いものではないが体力が弱ったときに現れて咳などの症状を引き起こすのだと医師はいいます。

長々とすみません。
一年おきに発症する肺炎を何とか治したいのですが、どうしたらいいでしょうか?
今回の場合、完全に咳を治すのは無理でしょうか?

| キーマカレー | 2011/09/08 10:21 AM |
>キーマカレーさん
こんにちは。
50代ですと、基礎疾患がない限り毎年肺炎にかかることはまれです。
糖尿病や免疫が下がるような病気などをお持ちではないですか?
レントゲンだけではなく、CTや痰培養、細胞診なども受けましたか?
呼吸器内科を受診していますか?薬の出し方が呼吸器内科っぽくないですね。

質問を返して申し訳ないですが、重要なことなのでお返事お願いします。
| 服部 | 2011/09/10 1:47 PM |
服部先生、お忙しいところ、お返事いただき、ありがとうございます。とてもうれしいです。

7年前に二人目の子供を妊娠したときに、甲状腺低下症と言われ、出産直前まで薬を飲んでいましたが、出産後は数値が安定し、薬は飲んでいません。年一回の数値チェックをして今のところ、問題はありません。年一回の健康診断も受けていて、白血球が低めと毎年言われるほかは、特に思い当たりません。
レントゲンとCTも撮りました。両肺に白い影があるが、がんや結核ではないと言われました。細菌が悪さをしていると思われるが、菌の特定は難しいとのことでした。

痰もとりましたが(菌は発見されず)、うまく出せなかったのでただのつば同然だったかも知れません。

胃液も採取しました。一週間後の簡易結果では悪いものは見つからず、ただし正式結果は8週間かかるとのことで、結果待ちです(11月まで待つ)。これは細胞診?

地元の市民病院で、他の病院から派遣されている呼吸器専門の医師に見てもらってます。週に一回しか来られないので細かな相談ができず、不安です。
今も変な咳が時折、出ているので、治したいです。咳の音が風邪とは違う変な音がして、変なんです。

宜しくお願いします。
| キーマカレー | 2011/09/13 12:27 PM |
>キーマカレーさん
胃液は培養検査してるんですよ。
胃液の酸でもやられない抗酸菌というものが育つかどうか、じっくり培養してるんです。
結核菌のことです。

呼吸器の医者が見ているのであれば問題ないでしょうが、ちゃんと原因がわかって症状が治るといいですね。
また何かご質問があれば遠慮なく書いてください。
| 服部 | 2011/09/17 4:13 PM |
服部先生、ありがとうございます。
もう少し詳しくしらべてもらうことにします。
| キーマカレー | 2011/09/20 2:31 PM |
服部先生、お忙しいところ、すみません。
今日、耳鼻科で9ヶ月の子供が滲出の中耳炎と診断され、オゼックスとエリスロシンを処方され、同じく中耳炎ではなく鼻水からの咳が出ている二歳の子供にも同じ処方をされました。
中耳炎の子供にオゼックスはわかるのですが、鼻水と咳の二歳の子供にもオゼックスは必要なのでしょうか?その前に小児科に受診し、クラリスロマイシンをのませてました。何度も抗生物質をのませるのが抵抗ありまして、質問させていただきました。よろしくお願いします。
| ななママ | 2011/11/07 4:54 PM |
>ななママさん
こんにちは。
オゼックスもエリスロシンも抗生物質ですね。
中耳炎にいきなり2種類の抗生物質を投与するのが、いまの小児科の一般的な流れなんでしょうかね。
私の知識では、外来でいきなり2種類の抗生剤を投与するなんてことはないんですが・・・
小児科は専門ではないので分かりませんが、オゼックスだけでいいのではないかと思いますね。

それと、風邪にオゼックスを出しても無駄で、副作用や耐性菌を生じるだけなので出してはいけません。
もしかしたら、何かしら細菌感染を疑わせる症状があったのかもしれませんね。
実際に見たわけではないので単純に批判はできませんが、風邪に抗生物質はまったく不要です。
| 服部 | 2011/11/07 5:25 PM |
服部先生、早急なお返事、ありがとうございます!
二種類の抗生物質を出したのは耳鼻科で、たくさんの薬を出すことで有名なんですよ。また、オゼックスとエリスロシンは一緒になっていて、他にサジテン、ムコダイン、アスベリンの混ざったシロップが二人とも出ています。
私は、抗生物質に抵抗があり、耳鼻科で、1歳未満の抗生物質に抵抗があるとお話したのですが、中耳炎だから細菌で必要だと言われました。
二種類の抗生物質を飲ませることに抵抗があります。一週間後に様子を見て、薬がきかなかったら、切開しますと言われています。
| ななママ | 2011/11/07 6:07 PM |
服部先生、こんにちは。昨日、相談した者です。
先生のお返事を読み、他の滲出性中耳炎のサイトを見て、必ずしも抗生物質が必要とは言えないと知り、違う耳鼻科へ今日行ってきました。
話をじっくり聞いてくださり、鼻水やアレルギーの薬だけ飲んで、様子を見ることになりました。
先生のサイトを見て、むやみに薬を飲まずにおいて良かったです。ありがとうございました!
| ななママ | 2011/11/08 11:53 AM |
>ななママさん
医者はたくさんいますから、自分にあった医者を探すことが大切です。
良さそうな医者が見つかってよかったですね。
これからまたなにかあれば書き込んでください。
| 服部 | 2011/11/08 5:23 PM |
初めまして。
5歳になる息子は慢性蕁麻疹のため、2年半前より抗ヒスタミン薬や抗アレルギー剤を服用しています。

今年の9月から喘息が悪化したのと同時、一年以上沈静化していた蕁麻疹が再発し、それまで服用していた薬(ジルテックやセルテクト)では全く抑えられず夜も痒くて眠れない日が多くなったのて、 薬を変更して現在は アレロック、ガスター、アタラックス、シングレア、ムコダインを服用しています。

それでも毎日たくさんの蕁麻疹は出続け、痒みはだいぶ楽になったものの、日によっては蕁麻疹が24時間以上も消えなかったり、おでこの生え際や背中一面に出たり症状が不安定でした。

そんな時、自己判断でムコダインの服用をやめてみたところ その日を堺に蕁麻疹がどんどん少なくなり、五日たった今では よくよく見ないと気づかない位じんましんが減っております。

かかりつけの小児アレルギー科では、薬剤が合わなかったかどうかの判断はとても難しいと言われましたが、服部先生の以前のコメントを読ませていただいて ムコダインが体に合わないかを調べる方法があるという記載がございましたので どんな方法か、または皮膚科に行ったら調べられるのかなどアドバイスを頂戴できましたら とても嬉しいです。


遅発型の食物アレルギーや 風邪の後の免疫系の活性化など色々と蕁麻疹の悪化要因はあるかと思いますが、その一つとしてムコダインも考えられるのかと母の直感のようなものにとらわれて 真偽が知りたい毎日です。
お忙しいところ恐縮です。


 
| コウママ | 2011/12/15 1:29 PM |
>コウママさん
こんにちは。
薬によるアレルギーかどうか調べるにはいくつか方法があります。
1:あまりお勧めしませんが、またムコダインを飲んでみること。ムコダインを飲んで蕁麻疹が出るようであれば、それがいけなかったのだろうと推測できます。
2:皮膚科でパッチテストをおこなうこと。疑わしい薬剤(ムコダイン)を薄めた溶液を、少し傷をつけた皮膚に塗り反応を見ます。赤くなるなどの反応があればその薬が原因ということになりますが、飲んだ上でのアレルギーと皮膚でのアレルギーは若干違うので、参考にしかなりません。
3:血液検査で調べる方法。リンパ球刺激試験といって、患者さん(息子さんですね)から取った血液と薬剤を試験管のなかで混ぜて反応を見る検査です。飲んでいた薬を持って、内科に行くと検査してくれます。そういう検査があることを知らない医者もいるので、あらかじめ電話して聞いてから行ったほうがいいです。

と3つありますが、3の方法が一番おすすめです。
調べておいたほうがいいです。
ちなみにハートリークリニックでは、100種類弱の食べ物に対するアレルギー検査を、指先から血液を1滴とるだけで調べることができます。
保険が利かないので31500円しますが(ほぼ原価です)、一度受けてみてはいかがでしょうか。
| 服部 | 2011/12/15 5:58 PM |
服部先生 丁寧なお返事をいただき大変感謝しております。

このページにうまくアクセスできずに、お返事を見たのが本日になってしまいました。


「あまりオススメではない方法」とのことですが(汗)
実は昨夜と今朝 勇気を出してムコダインを息子に服用させてみましたところ、幸か不幸か 蕁麻疹は顕著に悪化するようなことはなく 私の思い過ごしだったのかな…という結論になりそうです。

慢性蕁麻疹の原因は全く分からないままですが、薬によるアレルギーを調べられる方法があることを教えていただけて とても良かったです。
お医者さまでも3番の方法をご存知ない先生もいらっしゃるのですね。

(実はワイドシリンというお薬を服用した時にも、蕁麻疹が激しく出たことがあり、もしかしたら体調不良によるものかもしれませんが気になっています。)

ハートフルクリニックさまで行っている食物アレルギーの検査とは違うかもしれませんが、小児アレルギーの主治医からも遅発型食物アレルギーの検査を勧められています。
(一般的な検査ではスギ花粉以外反応が出ないので)
やはり自費だそうです。

原因がわからない病気というのは厄介ですね。。
出来る検査などはトライして一日も早く蕁麻疹をおさえこめるようにしたいです。
先生 お忙しいところお答えいただき本当にありがとうございました。

| コウママ | 2011/12/19 11:31 PM |
>コウママさん
蕁麻疹の多くは原因がわからないのですが、自費でおこなうアレルギー検査をすれば結構わかることが多いので、ぜひ試してみてください。
たぶん、その小児科で受けられるものも同じタイプの検査だと思いますよ。

またなにか医者に聞いてみたいことがありましたら、遠慮なく書いてくださいね。
| 服部 | 2011/12/20 2:01 PM |
はじめまして。
子供を出産してから無縁だった副鼻腔炎にたびたびなり困っています。
肺炎球菌のワクチンを接種して(子供)からわたしのほうもかかる割合が減ったところ、二人目が生まれ、保育園に通い始めたころから鼻水を垂らした子供の面倒などでまた再発してしまい、クラリスを服用してます。
抗生剤は免疫力をさげるといわれていますが、クラリスには免疫力を上げるといわれて混乱してます。
日経新聞の広告に抗生剤が効果があるかどうかが不明で飲んでも飲まなくても治る期間が同じなようなことが書かれていました。
どうなんでしょうか?
繰り返す副鼻腔炎に肺炎球菌ワクチン(大人)は効果ありますか?
よろしくお願い致します。
| タエ | 2012/01/13 2:37 PM |
>タエさん
こんにちは。
副鼻腔炎の原因となる菌はいくつかあります。
肺炎球菌もそのひとつです。
ですから、肺炎球菌が原因となっている副鼻腔炎にはワクチンは効果があるでしょう。
ただ、原因となる菌はほかにもありますから、そういうのに対しては当然効果を持ちません。
何が原因かは調べてみないとわかりません。

クラリスやそのなかまの抗生物質は、特殊な作用を持ちます。
粘膜の免疫を上げたり、粘膜にある繊毛の働きを上げたり、副鼻腔の最近の状態を正常にさせたりといった作用です。
これは、マクロライドと呼ばれる種類の抗生剤に特徴的なものです。
副鼻腔炎にクラリスを処方するのは、抗生物質としての働きもそうですが、基本的にはこれらの付加的な働きを期待してのものです。
そしてこれは、ある程度の期間のみ続けてもらうことが前提となっています。
ほかの抗生物質と同じように考えるとこんがらがってしまいます。

いかがでしょうか。
| 服部 | 2012/01/14 2:54 PM |
お忙しい中お返事大変恐縮しております。
マクロライドの抗生剤はまた働きがちがうのですね。
薬に頼らず治す方法も知りたいところですが・・・
先生も同じ症状をおもちみたいですので、完治できるように頑張りましょう!
ありがとうございます。
| タエ | 2012/01/16 12:37 PM |
>タエさん
またなにか質問がありましたら、遠慮なく聞いてくださいね。
| 服部 | 2012/01/16 5:23 PM |
最初、娘がマイコプラズマに。看病していた私も、咳と微熱が。開業医へかかると移ったのかも、とクラリス、ムコダイン処方。7日間飲み切った所で咳、熱おさまるも、顔面頬、目の回りの痛みと激しい頭痛。再受診し、恐らく副鼻腔炎だと。クラリスを更に3日分追加、血液検査。検査結果、白血球正常、CRP7.5。3日後再検査、CRP10、クラリスからシプロキサンへ変更、顔面の痛みまだあるので総合病院の耳鼻科へ紹介となりました。明日行ってきます。頭痛もひどくてバファリンA330処方。これめちゃくちゃ効きます。この流れ、打倒でしょうか?
| れいママ | 2012/01/22 8:27 PM |
>れいママさん
もう病院に行ってしまったと思いますが・・・

CRPが副鼻腔炎にしては高すぎるし、白血球が正常というのが気になりますね。
ウィルス感染も考えられると思います。
治療の流れは、とても妥当だと思いますよ。
| 服部 | 2012/01/24 3:54 PM |
>追加
マイコプラズマのときは、CRPがあがっても白血球が正常なこともあるので、やはりマイコプラズマも関係しているのかもしれません。
| 服部 | 2012/01/24 3:55 PM |
先生、返信ありがとうございます。耳鼻科受診し、血液検査、マイコプラズマ陰性、CRPなんと2、肺のレントゲンきれい、頭部CTにて4つの副鼻腔はまっ白。マイコの陰性、肺がキレイ、CRPが下がったのはクラリスの効果との事。セフマゾン点滴通院が3日続き、ネプライザーは初日のみ。バファリンは血液に影響でるからロキソニンへ変更。クラリスとムコダインが2週間分処方。3日間の点滴後、頭痛、顔の痛みがかなり取れてきiPhoneから送信たので点滴終了、2週間後受診となりました。クラリスのおかげですか?シプロキサン効果ではないんですか?この流れ妥当でしょうか?
| れいママ | 2012/01/26 3:37 PM |
>れいママさん
流れからして、CRPが下がったのはシプロキサンのおかげのような気がしますね。
それと、抗生剤の種類をちょこまか変えているのはなにか意図があってのことなのかが気になります。
クラリスが利いているといっている割には、なぜかセフマゾンの点滴をして、またクラリスに戻すというのが完全になぞです。
まあ、実際に私が診察をしたわけではないので、なにかそうするべき理由があってのことだと思いますが・・・
| 服部 | 2012/01/26 5:37 PM |
はじめまして。

去年12月に息子がマイコプラズマにかかりました。
エリスロシンというお薬5日分と他咳止めや吸入液を処方され、飲んだ翌朝には解熱、年明け再受診して完了しました。

質問ですが、息子は未だに寝起きに一度咳き込みます。
もともと気管支が弱い為(アレルギー検査はひっかかりませんでしたが、風邪で咳がひどくなるとぜーぜーします。)
長引いているだけでしょうか?

そして年明け10日頃から私と主人も咳が出はじめ、鼻水・発熱は無かったのですが、咳がひどくなる前から気管支に違和感があったので13日に病院を受診しました。
診断結果は(息子の発症から3週間経過しているから)マイコプラズマではないだろう。咳の風邪でだろうけど、喉も赤いし念の為マイコにも効くクラリスを5日分処方します。
との事でした。(レントゲンも血液検査もしていません)

その後飲み終える頃には咳込む様な症状は治まりましたが、未だに軽い咳は残っています。
主人も私も過去に小児喘息を持っていてアレルギー体質です。
マイコが残っていて再度受診した方が良いのか、名残で心配ないのか、人に会う機会も多く他の人にも移したくないので気になります。

お忙しいとは思いますが、回答お願いいたします。
| tomo | 2012/01/30 10:36 PM |
>tomoさん
こんにちは。
風邪やマイコプラズマが治ったなとには、咳だけ続くことがあります。
もしかしたら息子さんはそれかもしれません。
慢性咳そう(がいそう)に関する診断ガイドラインというのがあり、長引く咳を診断する際のやりかたが決まっています。
それのとおりに診断すると、原因がだいたいわかります。
呼吸器内科を受診するといいと思います。

tomoさんとご主人ですが、マイコプラズマであればクラリス5日分ではちょっと少ないです。
一応また医療機関を受診したほうがいいと思います。
目安としては、2週間以上咳が続いているときは医療機関を受診したほうがいいと思います。
それでなんともないといわれれば、安心ですからね。
| 服部 | 2012/01/31 3:47 PM |
早速回答ありがとうございました。

息子が発症してから3週間経っていてもひどい咳が治まるまでには多少日にちがかかっていましたし、潜伏期間が1〜3週間程度と記載されているところもあり、咳の出方(息子と一緒)やいつもとは違う感じがあったため本当にただの風邪か疑問なところがありました。
マイコプラズマであればクラリス五日だと足りないという回答は大変参考になりました。

私も主人も現在夜は眠れていますし軽い咳以外には体調も悪くないので迷っていましたが、早く治したいので再受診してみます。

本当にありがとうございました。
| tomo | 2012/01/31 5:45 PM |
>tomoさん
いえいえ、また医者に聞いてみたいことがあれば遠慮なく聞いてくださいね。
| 服部 | 2012/02/03 1:41 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/03/02 3:23 PM |
6ヶ月の娘の母です。
先週の日曜に熱はないですが、少しの鼻水と軽い咳が出ていました。
次の日に微熱37.5℃とゴロゴロと痰のからんだ咳があり小児科を受診。
ホクナリンDS小児0.1 . 0.25g
ムコダインDS5 0.4g
ムコサールドライシロップ1.5% 0.4g
ペリアクチン散 0.15g

を1日3回、4日分処方され飲み切りましたが、良くならず再度受診。
吸入・吸引してもらいかなりの量の鼻水・痰が出たものの、背中の音が良くならないことや痰に少し色がついていたということで、上記の薬に追加して
クラリスドライシロップ10% 0.8g
抗生物質を処方されました。

また、気管支が弱いようだから今後軽い風邪をひいても同じように悪化するかもと言われました。

娘が生まれた頃に風邪で抗生物質を出す医者は人気があるところでもヤブ医者だからやめとけと親戚に念を押されていたので、抗生物質に変な抵抗があります。
気管支炎は細菌によるというものやクラリスは気管を強くするというブログの内容を読んでとりあえず今回は飲ませました。
先生に突っ込んで話かわ聞けず、ネットで調べて娘は喘息性気管支炎なのかな?と思っています。
不必要な薬というのが分からず、良いお医者さんなのか判断難しいです…






| あかりママ | 2012/07/28 2:54 PM |
>あかりママさん
こんにちは。
自分の子供のことだと判断が難しいですよね。

抗生物質は、単なる風邪のときは飲ませる必要がありません。
しかし、ヒステリックに抗生物質は悪いものだと思い込み、飲むべき時に飲ませないでおくのはしてはいけません。
抗生物質を出す医者は悪い医者なのではなく、不要な時に抗生物質を出す医者がよくないだけなのです。
抗生物質は、使うべきポイントを抑えていればとても良い薬です。

で、今回の場合ですと、最初は普通の風邪薬で様子を見て、それでもよくならないし背中の音が気になるということで抗生物質を使っていますから、手順としては正しいと思います。
実際にお子さんを見たわけではないのではっきり言うことはできませんが、少なくとも悪い医者ではないと思いますよ。
ホクナリンが必要かどうかは胸の音を聞いてみないとわかりませんが、それ以外はまあそれを処方するだろうなぁ、というような薬です。
| 服部 | 2012/07/30 3:57 PM |
こんにちは。
今月頭に副鼻腔炎との診断を受け、クラリスロマイシンとメチスタ、ネオマレルミン、アンブロキソールを処方され毎日服用しています。

もともとお腹が弱い体質なのですが、ここ5日間ほどクラリスロマイシンを飲む朝食後から昼過ぎにかけてひどい腹痛と水下痢に悩まされています。市販の胃腸薬やビオフェルミンRも効きません・・体力的に弱ってくるようで辛いです。
現在かかりつけの病院が夏期休暇中で、自己診断でクラリスロマイシンの服用をやめるわけにもいかず困っています。なにか応急処置のような対処法はありますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
| ムーミン | 2012/08/25 10:26 AM |
>ムーミンさん
こんにちは。
すみません、PCの調子が悪くてしばらくブログを開くことができませんでした。
もう遅いですよね・・・

とりあえず、クラリスロマイシンは下痢をおこしたりすることがありますので、調子が悪ければ一度中断して主治医に相談するのがいいと思います。
勝手にやめてしまってそれっきり・・・というのはよくありませんが、主治医に連絡がつくまで一度中断するというのはダメじゃないですよ。
| 服部 | 2012/08/30 1:47 PM |
はじめまして、こんにちは。
クラリスで検索してこちらにたどり着きました。

私はもともとアレルギー性の慢性副鼻腔炎を持っているのですが、今カナダに留学中です(来年4月まで帰国できません)

冬になると症状が悪化するので、日本を発つ前にアレグラ、アレロック(この二つが同じ作用であることは知っています)、クラリスを処方されました(症状が悪化したら飲むようにとのこと)

ここ3日ほど、アレルギーの症状とそれによる風邪のような症状が出ているのですが、クラリスとアレグラは同時にのんでも大丈夫だったでしょうか?

薬をもらった時に薬剤師さんに尋ねたはずなのですが、何と答えてもらったか忘れてしまいました(すみません)

こちらの病院も日本のかかりつけも年始年末でおやすみのようで連絡が取れなくて困っています

また、中耳炎等にもなりやす体質なので、出来るだけ早めに症状を抑えたいのですが…

返信お待ちしています
長文失礼しました
| ゆせら | 2012/12/30 3:22 PM |
>ゆせらさん
こんにちは。
旅行に出かけていたのでブログを開いていませんでした。
返事が遅くなってしまいすみません。
もう、遅いですよね。

一応・・・
クラリスとアレグラは同時に飲んでも構いません。
同じタイミングで飲んでも問題ないです。
| 服部 | 2013/01/15 4:26 PM |
はじめまして
クラリシッドの長期服用についてお聞きしたくコメントさせていただきます


二年ほど前から咳の症状で病院を受診、胸部のCT検査をして肺に白く写っていたところがあり
結核ではないが非結核性抗酸菌症でつかわれるクラリシッドの服用で様子を見てきました。(タンの検査には菌が検出されませんでした)はっきり抗酸菌症と診断されてはいません


薬の服用と年に2回(1年前は3回)のCT検査により、初診時より画像にも消えている部分もあり、今は1日2回飲んでいたものを1日1回1錠にして過ごしています。2年という月日が経ち、長期にわたって服用してきました。


主治医の先生に、薬をやめることはできるかと聞きましたが、タンに菌がみられないことと、聴診(雑音なし)、CT画像等をみて「この薬は弱い薬だから飲んでいても心配ないけど、調子が良い時はやめてみても」と返答をいただいたのですが、このクラリシッドというお薬は抗生物質であっても、続けて服用せず症状がある時服用することで様子を見る使い方で(症状によっては)大丈夫、または効果のあるお薬なのですか?
2年間は続けて服用してきています

また少しづつ減らしていく方法などはあるのでしょうか
(リバウンドなどの心配)

主治医の先生はお薬を止めることで症状が悪くなるかはわからない、との見解でした。
2年という長期服用であったので薬への依存性などにも心配な気持ちです。ちなみに70代母の様子です

現在クラリシッド錠200mg
ムコスタ
ビソルボン
を服用しています

よろしくお願いします
| nao | 2013/04/18 2:51 AM |
>naoさん
こんにちは。
クラリシッドは抗生物質としての働き以外にも効果があります。
それが長期間飲み続ける理由になります。
2年も飲んでいて、あとは症状があるときだけ飲みましょうというのが正しいやり方なのかわかりません。
もとの病気がわかっていませんからね。

ただ、クラリシッドをやめてみて病気が再燃(またわるくなってくること)するかどうかは見てみたほうがいいような気がします。
ちなみに、おそらく急にやめてもリバウンドのようなことがおこるとは思いません。
ただ、もとの病気がわかっていませんから、やめてから何か体調の変化を感じたらすぐに主治医に相談したほうがいいでしょう。
| 服部 | 2013/04/18 5:40 PM |

はじめまして。
種類が違うのですがオゼックスについて教えていただけないでしょうか。

6歳の子供が長引く鼻づまりでオゼックスを7日間処方されました。
以前セフェム・マクロライド系で薬疹がでたことがあり、使って大丈夫でしたワイドシリン、オゼックスからかかりつけの先生が決められました。(ワイドシリンはオゼックスの前に処方済)

飲み始めて3日目になるのですが、副鼻腔炎のため子供自体は元気に学校にも通っており、毎日夕方まで外で遊んでいます。

このオゼックスについて本日調べていたところ、副作用に「光過敏症(光線アレルギー)」があることに気づきました。(処方箋には記載がありませんでした)
息子の学校での席は一番窓際で日当たりがよく、また休み時間は外遊び、帰宅後も外でずっと遊んでいます。
ここ2.3日はとても天気が良く暑いくらいで、紫外線もかなり強くたくさん浴びたであろうと思います。

今後どのくらいの確率で光過敏症は発症するものなのでしょうか?
薬剤その他多品目にアレルギーがあるため、この時期にオゼックスを何の知識もなく飲ませてしまったことを後悔しています…

お忙しいところすみません、もしお分かりであれば教えてください。
どうぞよろしくお願いします。
| ミニィ | 2013/04/18 10:21 PM |
服部先生、早速のお返事ありがとうございます

確かにもとの病気が特定されておりません
慢性気管支炎とはずっとつきあっていくしかないとの事です

(前文で記述不足でしたが)歯周病、副鼻腔炎を持ち合わせているので薬の(化膿しないなど)効果がでているのではと感じる事もありました。やめることあるいは減らしていくことで色々な症状がでてしまわないか不安も大きいようです。飲み続けていいものなのか・・・予防的な使い方もあるのでしょうか・・・


それでもやっぱり副作用の少ない薬とはいえ、長期服用による体への負担(肝臓等々)を考えると減らしていければと思う気持が
大きくなります

2年って長いですよね?こんなに服用されている方がおられるのでしょうか?

服部先生のアドバイスも参考にさせていただき、今後の様子を
考えていきたいと思います。

改めて、このような場所がありお聞きできること、そして先生がお返事してくださる事に感謝いたします。

ありがとうございました(^^)
| nao | 2013/04/19 1:55 AM |
>ミニィさん
こんにちは。
返事が遅くなってすみません。ブログを開いていなかったもので。

オゼックスでの光過敏症はおそらく0.1〜3%じゃないでしょうか。
添付文書が手元にないのではっきりしたことは言えません。

オゼックスはニューキノロン系に属する抗菌剤ですが、ニューキノロン系はたいてい光過敏症という副作用があります。
ニューキノロンの中でも、クラビットやスパラ、ジェニナックという薬は1日1回タイプなので夜に飲めば光過敏症を起こしにくくすることが出来ます。
副作用が心配でしたらそういうものに変えてもらうのも手だと思います。
| 服部 | 2013/04/24 1:24 PM |
はじめまして。
妊娠中の薬の服用について教えていただけますでしょうか。

咳・痰がひどく血液検査でマイコプラズマ肺炎と診断され、妊娠12週の時に産婦人科でクラリシッド・セルベックス・サリパラ・コデイン液を処方され、服用しました。

2週間飲み続けたところで再度病院へ行き、咳・痰がまだ続いていることを伝えるとあと10日飲むように指示されました。その際、整腸剤としてアランタSP細粒・ミヤBM細粒も追加で処方され現在服用中です。

お聞きしたいのが、
―菠された薬全て、妊娠初期に飲んで胎児に影響が無い物なのか。
▲函璽織襪韮械監間も抗生剤を服用することになりますが、長期間飲んでも胎児に影響が無いのか。
マイコプラズマ肺炎は薬で比較的早めに治ると何かのサイトで読んだことがあるのですが、2週間飲んでも完治しないということは異常ですか?クラリシッドに対して耐性があるからでしょうか。(全く症状が改善していないというわけではありません。ほんの少しずつ良くなってきています)

ということです。

薬を飲まなければさらに悪化していたと思いますし、服用した後で悩んでもしかたがないと分かっておりますが
初めての妊娠で、しかも初期にこんなにたくさんの薬を飲むことになってしまい、毎日とても不安な気持ちでいます。

お忙しいところ大変お手数ですが、ご回答をお待ちしております。

| ハル | 2013/06/01 6:19 AM |
はじめまして。
長くなりますがよろしくお願いします。

私には3人の子供がいます。
長女は今6歳で、4歳の時病院の先生にアレルギー持ちと言われました。
毎朝くしゃみと鼻水をだします。
なので、ムコトロンとゼスランが混ざっているシロップとシングレアを一年くらい飲み続けています。
あと、月一ペースで痰の絡みがひどくなりそのたびに小児科を受診し、「喉が真っ赤に腫れている」と言われクラリシッドをのみます。

次に次女4歳ですが、アレルギー持ちとは言われていないのですが、長女がアレルギー持ちなので、可能性があるので、やはりシングレアを毎晩飲んでいます。ただ、症状はないので、ムコトロンなどは飲んでません。シングレアだけです。
また、次女も月一ペースで風邪をひきます。なので、その時はムコトロン、ゼスラン、クラリシッドを処方されます。

最後に三女ですが、今1歳で、保育所に通っているせいか、月に二回くらい熱を出して、受診します。この子も毎晩シングレアで、熱が出たら受診し、ムコトロン、ゼスランが処方されます。
抗生物質はクラリシッドでよくならなかったら次はトミロン、それでも鼻水がとまらず、また熱を出して再度受診したら今度はセフゾンに変えましょうといろいろ飲んでいます。

私の母親は薬嫌いで薬は毒だと言っていました。なので、私も薬に対してとても不安です。が、飲まないで悪くなるのも怖いので結局飲ませています。
服部先生がおっしゃるとおり、必要なときだけ飲ませたいのですが、、、

・ウイルス性なのか細菌性の判断の仕方はどのようにおこなうのですか?

・このまま薬を飲み続けても大丈夫でしょうか?

・あまり薬を飲み続けていると、身体が弱くなったりしないのでしょうか?

・三女の抗生物質をちょくちょく変えるのはいいのでしょうか?

今行ってる小児科の先生は、ちゃんと説明してくれるし、質問に対してもしっかり答えてくれて、信頼しているのですが、薬に対する不安が消えません。
ムコトロンはいいものだから飲み続けて大丈夫とも言っていました。
あと、咳が少しでもでたら気軽ににホクナリンテープを貼るようにも言われました。
本当に大丈夫でしょうか?

長文で質問が多くてすみません。
説明も下手で本当にすみません。。。

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
| みるあまま | 2013/06/19 12:28 AM |
>みるあままさん
こんにちは、返事が遅くなってすみませんでした。
薬事法の関係でここには書けないこともありますので、直接メールを送っておきます。
もしメールが届かないようでしたらここのコメント欄にその旨書いておいてください。
よろしくお願いいたします。
| 服部 | 2013/06/21 3:46 PM |
はじめまして

さいきん、蓄膿症でフロモックスとムコダインを飲んでいましたが、後少しで治りそうなところで病院に行けずを何回かくりかえし、

今度は4日でなく1週間頂きました。
今度はクラリシッドとムコダインです。

で火曜日に病院で処方していただき

水曜日夕方から悪寒と微熱が続き現在に至ります。
妊娠の可能性はきわむて低いです。

悪寒は少しマシですが、体はだるいです。

とにかく微熱が続くのが気になりクラリシッドの副作用を調べここにたどりつきましたが微熱はないので薬の影響ではないのでしょうか?

微熱が続くのがどうも心配です。

どうかご返信お願いしますm(_ _)m
| こざる | 2014/02/21 7:54 PM |
>こざるさん
こんにちは、返事が遅くなってすみません。
その薬の副作用で微熱が出るってのはないと思います。
風邪かインフルエンザか・・・
抗生物質で風邪やインフルエンザは治りませんから(予防もできない)、たまたま風邪を引いたのかもしれませんね。
長く続くようでしたら他の病気も考えなくてはなりませんから、血液検査などを受けたほうがいいかもしれません。
| 服部 | 2014/02/24 2:42 PM |
 83歳の男性です。
クラリシッド400咾2日間飲んだあと、「なるべく薬を減らしたい」と申しましたところ、「急には止められない」とのことで、また同量を処方されました。やはり指示には従うべきなのでしょうか。
 現在3日続けたところです。
 よろしくご指導のほどお願いいたします。
| 藤清  | 2014/06/26 3:25 AM |
>藤崎清様
こんにちは。
クラリシッドを何のために飲んでいるかわかりませんので適当なことは書けませんが、400mgは一般的な量です。
病気の種類によりますが、2日間しか飲まないということはまずありえませんから、4日飲むのはおかしいことではありません。
もともとクラリシッドなんて飲まなくてもいい病気なのであれば飲まなくてもいいのですが、必要である病気なら、すくなくとも4日間は飲むべきです。
とりあえず、3日飲んだのであれば、もう1日は飲んでおいた方がいいと思います。
| 服部 | 2014/06/26 4:19 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ