blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< スタッフ募集!! | main | にわか警察医ファイル 1ページ目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
にわか警察医ファイル 序章
昨日の朝、「とくダネ!」を見ていたら、異常死(殺人)が見逃されているかもしれない、みたいな特集をやっていた。
数字はすっかり忘れてしまったけど、年間20000人近い異常死体があるのに、原因を究明できたのは、そのうち10数%のみであると。
実際に火葬されてから殺人事件であったことが分かった例も、いくつかあるらしい。

で、その原因として、監察医という専門家の不足。
システム上の問題。
を挙げていた。


,匹海で誰かの死体が見つかる。

警察が駆けつける

事件性がありそうか
   ありそう→司法解剖に回す
   なさそう→警察医を呼ぶ

という流れなわけだが、一番の問題は、のところ。
事件性がありそうかなさそうかは、警察官が判断することになっている(階級はそれなりにある)。
事件性があって、司法解剖に回されれば、それでよし。

家の中でお年寄りがなくなっているとして、警察官が事件性無しと判断する。
警察医を呼ぶ。
死体検案書を書いてもらって終了。
この流れの中で、警察医というのは、民間の、普通の医者が警察に依頼されるもの。
専門的な知識などまったくない。
であるから、警察が事件性無しと判断してしまえば、そのまま病死として処理されてしまうのである。
心筋梗塞、などという形で。

ここが問題なのであろうということが、番組の流れで、結論が何だったのかは良く分からなかった。

next次のページを読むのだ
| 服部達也 | へっぽこ警察医(気楽な読み物系) | 13:57 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:57 | - | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ