blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< にわか警察医ファイル 序章 | main | ダウンタイム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
にわか警察医ファイル 1ページ目
さて、序章で書いたように、警察が事件性ないと判断すると、警察医が呼ばれ、死体検案書を書くのである。
警察医とは、警察が地元の医者に依頼して成り立つもので、当然(?)、無報酬である。

ぼくは、茨城にいた数年間、警察医をやっていたことがある。(地元警察署が病院の斜め前!)
無報酬なうえ、勤務時間中に、変死体の確認をしにいかなくてはならないのである。
地元のほかの警察医に断われまくり、たらいまわしになるケースもあるみたい。

医者4年目のころかなぁ、最初に呼び出しがかかったのは。

小説とか、ドラマとかの知識しかないでしょ。
変死体、とか聞くと、そういうのを想像してしまう。

推理小説とかでさ。
傘の先に細〜い針を仕込んでいて、道ですれ違うときに、すっと刺す。
遅効性の毒が仕込んであるから、時間が経ってぱたっと息絶える。
警察が検死をするのだけど、細い針で、通りすがりに足首を刺しているから気付かず、まんまと殺人者の思惑通り。警察してやられる…
後で名探偵が疑問に感じ、遺体を改め、足首の傷に気付き事件は解決に向かう。

みたいなやつ!!

そういうのをさ、見逃しては思うツボだから(誰の??)、よーし、しっかり見ちゃるばいと、気合を入れて現場に行ったのさ。

ところが。
現場は警察の人が仕切っているし、そもそも警察医が呼ばれる時点で、事件性は無いと判断されているわけで。
若造の医者に現場で発言する権利などないわけで。。

死後硬直の程度から、死亡推定時刻なんかを聞かれたらどうしよう…などという心配も杞憂に終わり。
「関節の硬さからいって、だいたい前日の夜中2時から5時くらいの間ってこと(お亡くなりになったのが)でいいですよね」
「・・・それでお願いします」
なちゃけない。


結局、頚椎穿刺で髄液を採らされ、クモ膜下出血じゃないことを確認させられ、死体検案書を書かされてしょんぼり帰るのでした。。
足首も確認させてもらえずに。。。


next続く
back前のページを読む

蛇足:なお、プライバシーの問題があり、細かい話が出来ないこと。
  :死者を冒涜するつもりはないことをご理解下さい。
| 服部達也 | へっぽこ警察医(気楽な読み物系) | 14:08 | comments(7) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:08 | - | - |
コメント
はじめまして。
札幌市在住のmakoと申します。

亡父が監察医をしておりました。命日が過ぎ、ふと監察医とは?と思いたち、検索をして先生のブログに辿り着きました。

家で仕事の話しをしない父でしたので、監察医とはなんたるかも知らずにおりました。ありがとうございます。

先生の文章はとても穏やかで気持ちが和みます。

これからも宜しくお願いいたします。

| mako | 2009/03/14 1:58 PM |
>makoさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
監察医とはちょっと違うので、失礼なことを書いていたとしたら申し訳ないです。
最近はブログを読んでくれる人が増えてきて、思い切ったことがかけなくなってしまいましたが、これからも暇なときに覗いてみてくださいね!
| 服部 | 2009/03/14 3:32 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/27 5:40 AM |
序文拝見しました。

面白いですね。 本当に面白い。 事件性があるか、ないかの判断を警察官だけで判断するのはとても危険であると思います。

人間には警察官には分からない部分の方が多いと思います。

一番大切なのは医師の判断であると思います。

完全犯罪ということもありますから。
意外と事件性がないと思ったものに、問題があったり。・・・

それでは また。 奈津

| 三波奈津 | 2010/06/27 5:52 AM |
>三波奈津様
こんにちは、コメントありがとうございます。
この制度で問題なのは、私のような医者が検案を引き受けても、あくまでもその方面では素人に過ぎない、ということです。
内科や外科などのトレーニングを受けていても、法医学は学生のときに習った程度ですから。
あと、現場は警察官が中心に動いていますので、医者はあまり勝手に遺体を触ることができません。
法律上、医者がその場にいないとまずいから呼んでいる…そんなふうにも受けとれるのです(まあこれが本音だと思いますけど)。

こんな感じなものですから、実は事件性があったのに見逃されるということがちょこちょこ起きるのです。
それをぼくが小説の主人公になったつもりで手出しできるかというと、無理でしょう。
とはいえ、法医学を専攻している医者はおそろしく数が不足しているので、この制度がないと成り立ちません。
なかなか難しいところです。

さて、ご依頼の件(非公開にしてあります)ですが、私にわかるかどうか。なんせ、最近は美容内科医をずっとやっているもんですから、あまり自信がないですね・・・
| 服部 | 2010/06/28 4:59 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/23 10:45 AM |
>三波さん
こんにちは。
以前も同様の依頼がありましたが、自信がないのでお受けすることはできません。
申し訳ありません。
| 服部 | 2011/08/27 3:49 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ