blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 風邪引いた・・・ | main | 風邪と抗生物質 〜その2〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
風邪と抗生物質
風邪、良くならないねぇ。
気合が入ってない生き方がモットーなもんで、風邪引いたりするとそのままずるずる風邪と付き合って生活してしまう。
自然、長引く。
ま、しょうがない。


今日は、世間の人多くが間違って認識していること。
しかも腹ただしいことに、内科医でさえも間違ってるやつが多いことについて書く。
医者の場合は間違ってる、で済ませては良くない問題だと思うけど。

「風邪のときに抗生物質を飲む」

はい、これ間違い。

医者に行く。
風邪ですよ〜、と言われる。
抗生物質を出される。

良くあることだよね。
でもこれダメだよ。
ありえへん。


そもそも風邪とは「カゼ症候群」という病名。
鼻水が出たり、熱が出たり、喉が痛くなったり咳が出たり。と、いわゆる風邪の症状が出る病気のこと。

原因は、ウィルス感染。
もとになるウィルスは数種類あって、喉にくるウィルスや、咳を出すやつ、下痢を起こすやつ、などなどいくつもある。
季節によっても原因ウィルスは変わる。

細かい話や、免疫との関係なんかはまた別の機会にするけど、とにかく、カゼ症候群はウィルスが原因の病気だということ。


一方、抗生物質とは何かというと、
細菌やその仲間に対する薬で、殺菌したり静菌したりする。(詳しい話はいいよね)
ペニシリンなど、自然界に存在するものから作ったものを抗生剤。
クラビットなど、合成で作られたものを抗菌剤、
なんて呼び分けたりするけど、とにかく抗生物質は細菌たちをやっつける薬。


で、中学くらいの生物で習ったと思うけど、細菌とウィルスは別のものでしょ?
細胞膜のあるなしなど、いくつか違いがあるよね。
当然、細菌に対する薬とウィルスに対する薬は構造が違うはず。


とすると、ウィルスが原因で起こるカゼ症候群には、細菌たちに対する薬である抗生物質は意味がない
じゃない?

こんなこと、ちょっと考えればすぐ分かるよね。
学生の教科書にも「カゼ症候群に抗生物質は無効なので処方しないこと」って書いてある。
決してトリビアなんかじゃないよ。

でも、カゼで医者にかかると、抗生物質を出されることがよくある。
なんでか。
う〜ん・・・明日以降に持ち越して、今日はもう休むことにしよう。
とりあえず正しいことではない、とだけは書いておこうかな。

next続きを読むひとはこちら
| 服部達也 | 薬・抗生物質 | 22:01 | comments(24) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:01 | - | - |
コメント
Google web クリップから、偶然に入り込み拝見させていただきました。


・・・「かぜ」に抗生剤。。。
ご指摘の通り。確かに、ふつうに考えれば some viral infectionに抗生剤は無効なのは誰でも判っていることではあると思うのですが・・・。
夜間・休日対応している病院に勤務していたときは、日常生活が営める患者さんで細菌感染の兆候が明確でなければ抗生剤なしで、対症療法。ここでは、東洋医学的診察をした上で決定する漢方が非常に効を奏すことがあります。

でも、町医者(標榜:内科 整形外科ですが)をしていると特に炎症所見の強めな方や、「混合感染」疑う場合などは(休前日や週末はとくに)出してしまう事が多くなってしまいました。(泣)
また、高学年〜中学生くらいの子供さんについてくるような保護者の方々は「明後日までには治したいので・・・」とか「小さい兄弟にうつったら・・・」とかなんとか理由をつけて抗生剤処方を希望してくる事が多々あります。もちろん「ウイルス感染の場合抗生剤は無効であること」「抗生剤の不適切使用で起こる耐性菌による問題」や「ウイルス感染の場合、抗ウイルス薬で使用可能でかつ有効なものは限られており、いついつまでに治そうとか言うこと自体が本質的な治療である『療養』に反する事である」とご説明させていただき、ご理解されますが、先の「希望」は取り下げてくれない場合がほとんどです。むろん、説明を理解納得され漢方一剤処方でも善くなってしまう経験を一度された方は、この限りではありませんが。。。。
・・・町医者のジレンマでしょうか。
| Mica.S. | 2006/04/24 11:21 PM |
>Micaさん
町医者のジレンマ・・・。
ジレンマを感じることすらなく処方する医者が多いのが実際のような気がします。

たしかに、患者さん、または患者さんの保護者の要望に沿うような薬を出してしまうことは、ないとは言えません。
特に、バイトで行っているような外来では、めんどくさいという気持ちが先に立ち、抗生剤を出してしまうこともあります。
正しいことを常に患者に「押し付ける」ことが最適な医療であるとは思えませんし。

ただ、こういう小さく思えるような疑問を、疑問とすら感じなくなるような医者にはなりたくないな、と思っています。

この話については今日も書いていますので、ぜひコメントください。
| 服部 | 2006/04/26 12:00 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/06/06 10:46 PM |

↑↑ 了解です。
のちほどメールを送らせていただきます!
| 服部 | 2007/06/06 11:26 PM |
「喉の痛み、クラビット、ロキソニン」などを検索していたらこちらにたどり着きました。通りがかりのものですが、コメント残していきます♪
さきほどから急に喉がいたくて、ツバを飲み込むと左の扁桃腺?が痛いです(TT)
3ヶ月か半年に一度はこのような症状になり、3日ほどで自然に収まります。熱や咳はでません。

疲れや乾燥でこうなるような気がします。後鼻漏なので、しょちゅう咳をして無理やり痰を取るために、声もガラガラです。
で、さっき、前回の扁桃腺の腫れでもらったクラビットを飲んだところです。ロキソニンもあるんですが、鎮痛剤が怖くて飲めないんです。薬に対するアレルギーは無いと思うんですが、キツそうな薬を2個も飲むのが怖いです(TT)
ムコスタもあるので一緒に今から飲んでみようと思っています。勇気がないので、こちらに書き込んだ勢いで飲んでしまおう!!というワケです、、。Q&Aのコーナーではないのに、こんな書き込みでゴメンナサイ。。。

| yukiko&#9829; | 2007/10/31 2:19 AM |
>yukikoさん
こんばんは、はじめまして。
後鼻漏ということは、副鼻腔炎ですか?
なかなかゆううつな症状ですよね。

クラビットとロキソニンは、一緒に飲んではいけないことになっています。
クラビット単体でも起き得る痙攣という副作用のリスクを高めるというのが理由です。

お薬の本に書いてあるのに、ほとんどの医者は気にしていません。
クラビットと一緒に飲んでも大丈夫(?)な痛み止めもありますので、かかりつけの先生に聞いてみてください。
| 服部 | 2007/11/01 8:02 PM |
ご回答ありがとうございます♪
この前のコメントのあと、我慢できずにクラビットとロキソニンを飲んでしまいました(><)
回答を見てちょっと怖くなりました・・。教えてくださってありがとうございます。

後鼻漏なんですが、以前レントゲンでは鼻周辺が真っ白に写っていたのに、今回の喉の痛みの際、またレントゲンを撮ったところ、今度は正常に戻っていました〜。

またちょくちょく覗かせていただきます!
| yukiko&#9829; | 2007/11/02 12:56 AM |
>yukikoさん
昨日の僕のコメントですが、時間が無くてざざっと書いてしまったので、ちょっと表現がきつかったかもしれません。
とはいえ、クラビットとロキソニン(やボルタレン)は一緒に飲まないほうが良いとされているんですが、ほとんどの医者はそんなことを知らずに、しょっちゅう一緒に処方されます。
両方とも効き目がありますからね。
ぼく自身、そのふたつを一緒に飲むこともありますが、患者さんに処方するのは遠慮したいですね(痙攣したら怖いでしょ)。

そうそう、ぼくも後鼻漏あり、です。
| 服部 | 2007/11/02 11:55 AM |
こんばんわ。

お忙しい中コメントの回答をくださりありがとうございます。
>時間が無くてざざっと書いてしまったので、ちょっと表現がきつかったかもしれません。

↑いえいえ、、全くそんな感じは受けませんでしたよ♪
私はよく医師からキツく言われる事が多いので、むしろ先生はちゃんと答えてくれる素晴らしい人だと思っています。

先生は患者さんにお薬を処方する時には細心の注意を払っているんですね☆尊敬!!と思ったあとに、(痙攣されたら怖いでしょ)のコメントを見て、(^^;)アラララ、、、そういう事ね〜★(*・艸・)プププってな感じでした。

喉の痛みは全く無くなりました。この前の病院では、「喉が赤いので、これから咳が出始めます、風邪です」と言われましたが、私は「ん〜?どうせこのまま治まるに違いない」と思ってたらやっぱり治まりました。
インフルエンザの予防注射の予約もしてましたが、私は今までたぶんインフルエンザにかかった事がありません。
かかりにくい人っているんでしょうか?
やっぱ注射はしとくべきでしょうか?
先生ならどうします?

先生も後鼻漏?!コレなんとかしたいですね、、。
コレのせいで、結構無理やり咳をするんです、、。だから喉を痛めやすいんですよね。

最後に、先生の飲んでいるサプリメントを教えてください♪
これはいい!というものはありますか?

今日もダラダラとまとまりの無い文章をよんでくださりありがとうございました。

★(*・艸・)。+:*○тнайк чоц。+:*○です
| yukiko&#9829; | 2007/11/02 9:25 PM |
>yukikoさん
こんにちは。
インフルエンザにかかりにくいということですが、「わたしなんかここ何十年と風邪なんてひいたことありませんよ」というご老人もいるくらいですから、インフルエンザにかかりにくい人もいるでしょう。
要は、体力・免疫の問題です。

僕が飲んでいるサプリメントですが、最近めんどくさくてちゃんと飲んでいません。。。
とりあえず、アスタキサンチンとかDHA、EPAは飲んでいて良かった気がします。
特に、食生活がめちゃくちゃな僕には、EPAが良かった感じ。
カプセルが大きいのが難点ですが、ぜひお試しあれ。
| 服部 | 2007/11/08 4:26 PM |
はじめまして。
息子の内服薬について検索していた所こちらのサイトにたどり着きました。
息子は現在7ヵ月、先日発熱の症状が見られたためかかりつけ医を受診したところ「風邪」と診断されメイアクト・アスベリン・カロナールを処方されました。すぐに解熱したものの今度は下痢となり再び受診。診察・観便の結果「下痢は薬の影響と思われるので下痢止めを出しましょう。治りかけているので離乳食は進めてかまわない。」との見解で今度はメイアクト・アスベリン・コデインをいただきました。
風邪に抗生剤、下痢止めにコデイン、動きの抑えられたお腹に離乳食…。
過剰な投薬で小さな体に負担をかけてしまっているようで親としては心苦しいです。病院を変えることも考えましたが、田舎のしがらみもあり難しい状態で、せめてこの処方が適切であるのか否かを素人ながら調べている次第です。このコメントがお目にとまりましたら是非先生の見解をお聞かせ下さい。
また、もしもルールに反しているようであれば大変失礼いたしました。削除をお願いします。
「聖域」「慣例」の現代医療をサクッと小気味良く斬る文章に引きつけられました。
今後も愛読させていただきます。
| なお | 2011/06/30 12:10 AM |
>なおさん
こんにちは。
通常、風邪や食中毒などからくる下痢の場合、下痢止めは使ってはいけないとされています。
今回は、薬の副作用による下痢と判断したため下痢止めを処方したのだと思います。

ただ、薬の変更内容を見ると、その主治医はカロナールが下痢の原因と考えたということになりますよね。
確かにカロナールで下痢を起こすことはままあります。
そもそも風邪に抗生剤が必要なのかという気もしますが、もしかしたら抗生剤が効くような感染症なのかもしれません。
実際に診ていないのでそこは分かりません。

基本的には、脱水になるくらい下痢していなければ、下痢止めは必要ないというのが私の考えですが、それについては主治医ともう一度相談したほうがいいと思います。
(煮え切らない意見ですが、続けたほうがいい、いややめたほうがいいということについては、ここには書いていけないのでご理解ください。)

抗生物質については7月中に詳しく解説することになっていますので、今回は間に合いませんがそちらも読んでください。
| 服部 | 2011/06/30 4:46 PM |
子ども何でも相談的な内容だったにも関わらず丁寧にご回答くださりありがとうございます。
先生のご意見が聞け大変参考になりました。
主治医と相談、悶々としていましたが背中を押していただいた気持ちです。
今後は納得の行く治療を受けられるよう十分に話し合い、母親として成長できるよう努力します。
それにしても小さなお子様をお持ちのお母様方からのご相談が多く、皆さん抗生剤には敏感になっておられるのだな、と改めて知りました。
医療への不信や内服コンプライアンス↓↓防止のためにも、服部先生のような「説明のできるお医者様」がもっともっと増えますように。
| なお | 2011/07/02 12:08 AM |
こんばんは。はじめまして。偶然服部先生のページにたどり着き、抗生物質のページをじっくりと読ませていただき、この先生でしたら、ひょっとしたら私の悩みを聞いていただけるのだろうか?とすがる思いでコメントに書き込ませていただきます。
今、息子に処方されている薬について、続けるべきかどうか、病院を変えるべきかどうか悩んでおります。

4歳息子が風邪症状(黄色いドロドロ鼻水,咳,発熱は伴わないときもある)が出たときに通っている耳鼻科では、いつも、「アレルギー性鼻炎のうたがいもあるだろう」とのことで、粉薬とシロップを院内処方されていました。
内容はほぼいつも、.札侫ペンピポキシル,塩化リゾチーム,ポララミンシロップ,ぅ好廛妊DS小児用,ゥ瓮献灰鵐轡蹈奪廖,任后
先日、珍しくその耳鼻科ではなく、内科を受診した際、先生が、「アレルギー検査を厳密にしたわけでもないのに、抗アレルギー剤をむやみに子供に飲ませるのはどうか。抗アレルギー剤、抗ヒスタミン薬には眠気を引き起こす副作用もあるのだから、発達途中の子供の脳にどうだろうか? 自分なら、中枢神経系に副作用の少ない薬を処方するがなぁ…。損得勘定なしにね。」
と言われました。
そこで、さすがに気になり、ポララミンについて検索すると、第1世代の薬…とあり、ますます今の耳鼻科に通い続けるべきかどうか、不安になりました。
ただ、息子本人が、内科よりも耳鼻科に行った方が、鼻水を吸ってもらえるし、(吸入装置?で)のどがスッキリするからいい!と言いますし、なぜか待ち時間がとても少ない耳鼻科なので、通いやすい、という点でも迷ってしまいます。

耳鼻科の先生は頑固なおじいちゃんで(息子はとても好きなのですが)、とても内科の先生が言われたことを直接相談する勇気もありません…。
もし、処方される薬があまり頻繁に飲ませないほうがよいものならば、やむをえず別の耳鼻科を探そうか…とも考えております。
あと、内科の先生が言われた「損得勘定なしにね…」という言葉もひっかかります。同じ症状でも出す薬によってお医者さんの損得がかかわってくるものなのですか?
ありがたいことに子供医療費は無料なので、患者側にはその言葉の意味がよくわからないのです。
どうか、アドバイスいただければ幸いです。長々とすみませんでした。
| よりより | 2012/03/15 1:19 AM |
>よりよりさん
こんにちは。
私は小児科に詳しくないので、第一世代のこうヒスタミン薬がどれだけ子供の脳に影響を与えるかはわかりません。
ですが、風邪を引いたときにだけ鼻水が出ている子供を見て、アレルギー性鼻炎の可能性もある・・・と診断するのはいかがなもんでしょうか。
何回もかかったことがあるのであれば、アレルギー性鼻炎かどうかはわかっててもよさそうなものですけど。

ですが、アレルギー性鼻炎のときも、風邪で鼻水が出ているときも、どちらもポララミンを使います。
抗アレルギー剤ではなくて、抗ヒスタミン薬といい、アレルギーに対してだけ使う薬ではないのです。

スプデルは抗アレルギー剤ですから、アレルギーかどうかもわからない人に気軽に使うべきではありません。

ポララミンと同じ成分は、市販の風邪薬にも多く使われていて、あまり危険性は感じません。
風邪のときに処方するのはまあ普通かな、という感じです。
子供の脳への影響は、個人的にはないと考えますが、断定できません。
スプデルは、(文章を読む限り)明らかに飲む必要がないと思います。

ただし、実際に診察をしたわけではないので、薬の飲み方について指導することはできません。医師法違反になってしまいます。これを読んだ上で、主治医と相談されてください。


損得勘定云々ですが、もしかしたらその内科医は薬を出したほうが儲かると思っているのかもしれません。病院の収入に関してまったく知らない医者も多く、一般の人と同様に「薬をたくさん出す医者は金儲けをたくらんでいる」と勘違いしている医者もいます。
そんなことを考えず、なんとなく出た一言かもしれませんが、勘違いしているに一票投じたいところです。
| 服部 | 2012/03/16 3:03 PM |
こんにちは。お忙しい中、さっそくのご返事をいただきありがとうございました!ページを見失い、お礼が遅くなってしまい、たいへん失礼いたしました。

先ほどお返事を拝読させていただき、おかげさまで、ポララミンについて、内科の先生の言われた言葉についてはスッキリいたしました。本当にありがとうございます!!

アレルギー性鼻炎なのかどうか、という点についてですが、

耳鼻科の先生は、息子がよく季節の変わり目などに、熱を伴わず、元気なんだけど黄色いドロドロ鼻水、痰のからんだ咳を出しているときに3,4日間お世話になることが多いのですが、
「風邪でしょうか?」
と聞くと、
「うーん、風邪、プラス、アレルギーもあるかもな。ダニとかほこりとか原因はいろいろ考えられるぞ。」
と言われ、だいたい決まって抗生物質+シロップ(ポララミン・スプデル・メジコン入り)を処方されております。

私は風邪なのか、アレルギー性鼻炎なのか、は判断がつきにくいところなのかな…と思い、いつも出されたものを飲ませて、シロップは鼻水症状がおさまったらやめてよい、と言われているとおりにしておりました。

が、先生のお返事を読ませていただき、スプデルのことなど、やはり、アレルギー性鼻炎なのかどうかをハッキリさせた方がいいのかな、と思いました。
ハッキリさせるためには、やはり血液検査などをしてもらうべきなのでしょうか?
重ねて質問してしまい、すみません…今度は見失わないよう、このページを登録させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
| よりより | 2012/03/24 2:08 PM |
>よりよりさん
こんにちは。
アレルギー検査は、血液検査ですぐにわかります。
血をとってから1週間くらいで結果が出ます。
普通の血液検査より、ちょっと料金が高めですけど。
不要な薬を飲まないですむように、検査しておいたほうがいいと思いますよ。

それから、ぜひブックマークに登録しておいてくださいね。
| 服部 | 2012/03/26 3:36 PM |
ありがとうございます!
血液検査してもらおうと決心できました。
先生にご相談できて本当によかったです。(=^^=)
今後もHP拝見させていただきます!

| よりより | 2012/03/29 1:58 AM |
カゼにジレンマなく抗生剤を処方する医者は、真っ当な現場にはいないですよ。
それから、クラビットとロキソニンで痙攣のリスクがあることを知らない医者も真っ当な現場にはいません。
いたずらに患者に不安を与えることは差し控えていただけませんか。
そういった医者は、一部のごく限られた分野にしかいませんから。
| 町医者のはしくれ | 2012/11/26 1:05 PM |
>町医者のはしくれさん
こんにちは。
まっとうな現場というのがどこを指しているのかわかりませんが、すくなくとも私が16年医者をやっていて実際に見てしった医者の中にはこのような医者はたくさんいましたよ。
町医者のはしくれさんが働いてきた医療機関には幸いいなかったのか知らないだけなのか。
ある意味うらやましい環境にいると思いますが、嫌な思いをしている患者さんはたくさんいるのにそれはごく一部の医者のことだからと逃げるのはよくありません。

わたしが周りの人間だけを見て判断してはいけないというのはその通りですから気を付けていきますが、町医者のはしくれさんも自分のまわりだけを見て判断しないように気を付けましょうね。
| 服部 | 2012/11/27 6:54 PM |
服部先生の、おっしゃる通りです!!!

大学病院でも、少しの事で抗生物質を出されるので・・・ずっと疑問に思っておりました!
私は、医療関係者ではありませんが、そこらへんの小さな病院なら、風邪には抗生剤!当たり前の様に子供の頃から出されていましたが・・・

生物!得意!位の私でもおかしいと思います(--;)
服部先生の勝ちで〜す♪
| リカちゃん | 2012/11/27 10:52 PM |
>リカちゃん
いやいや勝ち負けとかではなくて・・・

ただ、自分の考えや知っていることだけがすべてじゃないと知ることはとても重要なことだと思いますし、自分の考えを押し付ける人は嫌いですね。
| 服部 | 2012/11/30 4:13 PM |
私も、自分の考えを押し付ける人が嫌いなので、とても頭に来て関係も無いところに口出しして申し訳ありません。

人のブログに入ってきて、ちゃちゃ入れるお暇がおありでしたら
、医者である前に人間としてもう少し社会勉強なされた方がよろしいかと・・・
私的にはそう思いました。

おじゃましました!^^
| リカちゃん | 2012/11/30 6:02 PM |
はじめまして!

ブログ記事を参考にさせていただきました。
4ヶ月の男の子の母です。

お薬の役割や働きが丁寧に説明されていて、
ありがたかったです。

私のブログに、リンクを貼り付けさせていただきました。
…もしご迷惑でしたら削除いたしますので、ご一報くださいませ。


ありがとうございました!
| rio | 2012/12/01 1:40 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ