blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 医者の恋愛事情 その5 | main | 同窓会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
筋肉注射のそのあとは

昔は、風邪を引いて病院に行くと「じゃあ注射を一本打っておこうかね」なんていわれ、お尻をぺろっとまくりだされ、筋肉注射をぷすっと刺されたものだ。
何の注射をされていたかわかっている人は少ないかもしれないが、カナマイシンなどの抗生物質を打っていることが多い。
風邪のときは注射を一本打ってもらえばそれでけろっと治った、なんていう人も多いが、風邪のときに抗生物質一本打っただけで治るなんてことはありえないのは、このブログを読んでくれている人はとっくに分かっているだろう。

信じるものは救われる。
いわしの頭も信心から。

いやいや、言い過ぎか。
とにかく、風邪の時には筋肉注射を一本打ってもらうと早く治る、と思い込んでいる患者さんが多いのには驚かされる。

ある地方の病院で、普通の内科外来をしていたときのこと。
風邪を引いて診察を受けに来る人の多くが、「あら、抗生物質は出してくれないのかい?」「先生、注射は打ってくれんのかいね?あれ打つと一発で風邪なんて吹き飛んじゃうんだけどなぁ」などと言ってくる。
風邪には抗生物質は効かないし、あなたの病気は抗生物質を必要としませんよ、打てばたちまち風邪がよくなる注射なんてありませんよと丁寧に説明するのだが、頑として聞き入れてくれない。
いつもの先生は必ず注射してくれた、処方してくれた抗生物質を飲むとすっと熱が下がるんだ。
あんたみたいな若造に、何が分かる。前の先生はこの道30年の大先生だぞ・・・
よく怒られたものである。

まあそれだけ前の先生に対する信頼感があったわけで、効きもしない薬で病気を治してしまうとは、たいした神通力である。
私は見た目に貫禄がなく、若造と見下されることも少なくなかったので、素直にうらやましいと思ったほどである。


ところで、筋肉注射をした後は「しっかり揉むように」と言われるね。
予防注射などの皮下注射のときは「揉まない」、採血や点滴などの静脈注射も「揉まない」。
ところが、筋肉注射だけは、打ったあとの薬剤が筋肉内にとどまって「しこり」ができないように、しっかり揉みこまなければならない、とされていた。
私も1年くらい前までは、そう思っていた。
看護師さんによっては、なんかものすごい形相で、机ががたがた揺れるくらいこれでもかと揉みまくる人もいたくらいだ。

ところが、最近の流れでは「筋肉注射をした後は揉まないほうがいい」というふうに変わってきているのである。
ハートリークリニックでも、特別な場合を除いて、ほとんど揉まない。
ずっと通ってきている患者さんは、あら、最近注射打ったあとに揉まなくなったな・・・?と思ってるかもしれないが、筋肉注射のあとは揉まないように変えたのだ。

注射をした後にしっかり揉みこむと、筋肉や血管が傷ついて壊れてしまう危険があり、揉まないほうがよい。
しかも、揉まなかったことによってしこりができる可能性はほとんどない、ということが認知されてきたからだ。
薬によっては、注射したあとに揉まなければならないものもあるが、ほとんどの薬は揉む必要がないのである。

注射をする前のアルコール消毒とか、筋肉注射のあとの揉みこみとか、もうそんなの必要ないよとわかっているものでも、慣例で続けられているものがある。
間違った習慣は、変えていく必要があるのではないだろうか。


それと、筋肉注射をするときに、皮膚をつまみながら打つ人(看護師)と、皮膚を押さえて打つ人がいる。
これは、教科書によってやり方が違っていて、どちらが正しいというのは決まっていない(みたい)。
皮膚を張るようにして打ったほうが、正しく筋肉に刺せるし、針を刺すときの痛みもやや少ない。
なので、ハートリークリニックでは、皮膚を押さえて打つように統一している。

こういう、揉む揉まない、筋肉をつまむ抑える、などという軽視されがちなことでも、結構奥が深くて馬鹿にできないものなのだ。

| 服部達也 | 内科・病気 | 15:33 | comments(22) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:33 | - | - |
コメント
昔学んだことが、「間違ってました!」なんてことが医療現場で結構あって、患者さんのほうが詳しかったり・・・
油断できない。
服部先生のブログ、とっても助かりますです。
| パセリ | 2011/02/06 11:42 PM |
以前ウルトラアクセントについて質問させていただいたものです。

http://www.perla-j.jp/accentultra.html

色々ネットで情報を調べていたら上記のURLのクリニックさんに行き当たりました。こちらはハートリークリニックの系列クリニックですか。
男性のあご痩せの症例写真が同じものを使っているので。。
| ぽれ | 2011/02/07 12:42 PM |
>ぽれさん
こんにちは。
そのクリニックは、うちとはまったく関係ありません。
ハートリークリニックは個人で開業していて、系列店などは一切ありません。
なんで同じ写真が使われているのかというと、ハートリークリニックで私が取った症例写真を、無料で提供していたからです。
男性の顎周りの写真や、女性の膝の写真、男性のおなか(片側だけ施術しているもの)などは、すべてハートリークリニックの写真を提供したものです。
本来は、(ハートリークリニック提供)と書いてもらいたいものですが、そういう気を使ってくれるクリニックはないみたいです。
| 服部 | 2011/02/07 2:03 PM |
そうだったんですか・・・。なんか余計な誤解を与えて
しまいますね(汗)
あちらのHPを先に見た人がいたら、まるでハートリーさんが
無断転用してると思うひともいるでしょう。
よそから提供を受けた症例写真を自分のクリニックで施術した
患者さんかのような表記は、当どこでもたり前のようにされ
てることなんでしょうかね。
| ぽれ | 2011/02/07 4:22 PM |
>ぽれさん
あそこの先生とは、挨拶すらしたことありません・・・
いまハートリークリニックは新しくHPを作っていますが、自分のところの症例にはすべて「ハートリークリニックでの症例」と書く予定です。
うちが提供した写真を使ってくれて、施術が広まってくれればうれしいことです。
| 服部 | 2011/02/07 5:54 PM |
こんにちは。
率直なお考えを読めてためになります。

ところで、私は、10年位前に産婦人科でお尻に打たれた注射の跡が、いまだに硬くシコリになってしまっているのですが、一度シコリになってしまったら、治らないものなのでしょうか。
注射が下手だったからかなーなんて思ってたのですが、実は注射のあと、揉む揉まないはあまり関係ないのですね。。。
| Shen-0 | 2012/04/11 9:19 PM |
>Shen-0さん
こんにちは。
そのしこりはもう消えないですね。
あまり気になるようであれば手術して取ったりしますが、その傷跡がまた残ったりすることもありますので慎重に考えなければなりません。
| 服部 | 2012/04/12 5:56 PM |
はじめまして。
昨日野良猫にかじられ、傷口が腫れてきてしまった為、外科で診て頂いたところ、破傷風の注射を打ってもらいました。
肩口に注射されたので筋肉注射かと思いましたが、殆ど痛みが有りませんでしたし、「揉まなくてイイです」と言われたので、筋肉注射では無かったのかな?と勝手に思っていました。
日中は注射の事を忘れていたのですが、お風呂に入る時に、注射の後が、直径10儖未房陲譴討り、しこりになっている事に気が付きました。
慌てて揉みほぐしてみたのですが、素人判断で、そんな事をやって良いものなのか気になってネットで検索していて、こちらに辿り着きました。
揉んではイケなかったのでしょうか?
それと、しこりは残りますか?
ご回答頂ければありがたいです。
よろしくお願い致します。
| みぽ | 2012/04/15 3:16 AM |
>みぽさん
こんにちは。
肩口だと、筋肉注射でしょう。
破傷風の注射は筋肉注射ですし。
筋肉注射の痛みは、その注射液の浸透圧とかでかなり違ってきます。
ものすごく痛い筋肉注射もあるし、ほとんど痛みがないものもあります。
胃カメラ(内視鏡)の前に打つ筋肉注射なんかは、ものすごく痛いです。

で、ここにも書いたように、筋肉注射のあとは揉む必要ありません。一部の筋肉注射だけは揉みますが、基本的には揉みません。

破傷風の注射も含め、筋肉注射の副作用に硬結(こうけつ)というものがあり、ごくわずかではありますがしこりをつくってしまうことがあります。
消えることが多いんですが、たまに残ってしまう人もいます。アバウトな答えですが、こうしか答えられません・・・

一応、注射を打ってもらった病院に問い合わせの電話を入れてみることをお勧めします。
| 服部 | 2012/04/16 5:10 PM |
服部先生、丁寧なご回答ありがとうございました。

やはり筋肉注射なのですね。インフルエンザの予防注射の時、結構痛かったので痛いものだと決めつけていました。

その後、直径10冂の腫れは治まらず、熱と痛みが出始めたので、先生のアドバイス通り診て頂いた病院に行って来ました。
「随分腫れたねぇ」と先生にも驚かれ、患部をとにかく冷やす様にとの指示を頂いて帰って来ました。
熱と痛みは1週間程、腫れは3ヶ月程で治まるのではないかとの事でした。

だいぶ安心出来ました。

ありがとうございました。
| みぽ | 2012/04/17 11:19 AM |
私の母は!病院の!内科で!お尻に!ずっと!注射をされて!帰って来てますが!母の両方のお尻には!お尻に!注射をした跡があり!注射の跡を見た限りでは!母も!お尻に注射をされて!痛さに!堪えてるんだろうなあーと!思ってます!
| 匿名希望 | 2012/04/21 9:06 AM |
>匿名希望さん
両方のお尻ですか。
私も注射されるのは好きじゃないので、お母さんのお気持ちはなんとなくわかります・・・
| 服部 | 2012/04/24 12:45 PM |
筋肉注射からここに辿りついたのですが、
私は今扁桃炎になってます。
実家に帰ってきてたので、田舎の小さな医院に行きました。
抗生剤をお尻に打ったのですが、よく揉まないとしこりになると言われ、すごくグイグイと押されました。次の日すごく痛くて、注射の痛さとゆーよりグイグイ押された痛さではないかと疑っています…
それと、市立病院に勤める友達の看護師が、抗生剤は筋肉注射しないと言っているのですが
普通はしないのですか?
| eri | 2012/12/06 9:26 PM |
>eriさん
こんにちは。返事がすっかり遅くなってしまいすみません。
注射によっては揉むものもありますからね。
それと、抗生剤の中でもアミノグリコシドなどは筋肉注射することもあります。
むかしはよく抗生剤の筋肉注射をしていましたね。
最近はあまりやらないので、若い看護師さんだと知らないかもしれません。

筋肉注射をする抗生剤もあるし、打った後に揉むこともある。
まあ、一概には言えないということです。
| 服部 | 2012/12/25 2:39 PM |
最近は揉まないらしいですね。揉んで悪い薬はあるが揉んでよい薬はないらしい。
硬血に違いはでないとか。
患者満足度のみに違いありらしい。
| 匿名 | 2013/09/20 1:45 PM |
>匿名さん
こんにちは、返信が遅くなってしまいすみません。
医療もだいぶ考え方が変わってきていますし、いろんなことがわかってきています。
ですから、ちょっと前は常識だったものがいまでは非常識になっていることがあります。
それを、現場の一部だけが知っている・・ということも多くて、新しく正しい知識を持った医者が非難を浴びるなんてこともよくあるもんです。
患者さんがわにも伝えていかないと、不満を持たれてしまうこともあるので難しいですね。
風邪で来た患者さんに抗生物質を出さないで、怒られたり非難されたりするのもしょっちゅうですし。
| 服部 | 2013/09/24 5:09 PM |
一ヶ月に一回、男性ホルモン(エナルモンデポー)を尻に注射しているのですが、これも揉まなくて良い部類に入るのでしょうか?この先月一でずっと打ち続けていく必要があるのでなるべくシコリにならないようにと、風呂に入って揉んでいました。
| たま | 2014/05/29 4:03 AM |
>たまさん
こんにちは。
エナルモンデポーの添付文書を読んでみましたが、「筋肉注射の後に揉む必要がある」とは書いていません。
ですので揉む必要はないと思います。
ただ、副作用の中に「硬結(こうけつ)」というものがあり、これは打ったところが固くしこりになることです。
揉んでも揉まなくても固くなることがあり、それを防ぐには同じ場所への注射は避ける(右、左と毎回打ち分ける)ことが必要です。

ということで、揉む必要はないと思いますが、主治医にも確認してみてください。
| 服部 | 2014/05/29 5:19 PM |
主治医には揉んでも揉まなくてもどっちでもいいと言われていたので、どうしたら良いものかとずっと思っていました。
毎月左右交互に打つようにしています。安心しました、ご回答有難うございました。
あと、打つ時の医師や看護師の方によって5秒くらいで終わる時もあれば、薬剤が粘っこいのでということで1分くらいかけて打たれる時があるのですが、打ち方は特に気にする必要は無いのでしょうか、たまに打たれた尻側の脚がぼんやりしたり、尻の痛みが強い時があるんです。
| たま | 2014/05/29 9:56 PM |
>たまさん
じゃあやっぱり揉まなくてもいいということでしょう。
揉むと筋肉が挫滅するから、揉む必要がないのであれば揉まないほうがいいと思います。

打つ場所が微妙に違うと、薬剤が入りにくい時があります。
それで時間がかかったりするんだと思いますが、力の入れ具合は人によって違いますからね。
やたらゆっくり打つ人もいて、どこでそういう打ち方習ったんだろうと不思議に思うことがあります。

脚がぼんやりしたりするというのは、もしかすると坐骨神経の近くに打っちゃったんじゃないでしょうか。
普通の針では神経まで届かず、神経を直接針でつついたりしなければ問題ありません。
ほうっておいて大丈夫です。
| 服部 | 2014/05/30 4:40 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/02/18 12:55 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/02/21 9:57 AM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ