blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 開院6年目を迎えて | main | 看護師さん募集のお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
肉を食べてはいけない?


クリニックで食事指導をするときは、炭水化物を控え、野菜とたんぱく質を多めに摂るように話す。
朝食は毎日食べて、糖質(糖分や炭水化物)をしっかり摂ってもらうのだが、夜は特に炭水化物を減らして、そのぶん、たんぱく質を摂ってもらうようにしている。

患者さんと話していると、炭水化物の摂取を減らしたほうがいいということはすぐに理解してもらえるのだが、油物や肉もとらないほうがいいと思い込んでいる人が多く、特に肉を食べることを嫌がる人が多い。
テレビのインチキダイエット番組でも、油と肉類の摂取を少なくさせることを勧めていることが多いが、
はたして、脂質(あぶらもの)や肉類(たんぱく質)は本当にダイエットの敵なのだろうか。

あぶら、脂質
脂質を減らしたほうが痩せるのか、多く摂ると肥満につながるのかという調査がいままでにいくつかおこなわれている。
1年以上、低脂質食(脂肪分が少ない食事)を摂ってもらって体重の変化を調査した2つの研究では、同じ結果が出ている。
それは、「最初の1年間は、低脂質食にしたほうが体重が減りやすかったが、1年以上経つと、低脂質食にしていても、普通の食事をしていても、体重の減りは変わらなくなる」というものであった。
つまり、脂分を控えても、長期間の体重減少は達成できない、ということである。
逆に考えると、短期間で体重を落としたいのであれば、油物は控えたほうがいいということでもある。

たんぱく質
では、たんぱく質はどうか。
まず、低たんぱく質食よりも、高タンパク質食のほうが、食事の際の熱産生量が多く、
また、高タンパク質食のほうが満腹感が高いため、たんぱく質を多く摂っておいたほうが、それ以外(炭水化物など)からのエネルギー摂取量が減らせるようである。
高たんぱく質食を勧めると、トータルの食事摂取量が減ったという研究もある。
そして、脂質の量は変えずに、高タンパク質食と低タンパク質食とで体重の変化を追った研究では、高タンパク質食のほうが体重と体脂肪の減りが大きかった、と報告されている。
ただ、この研究は6ヶ月しかやっていないので、長期間ではどうかわからない。

つまり・・・
まとめると、脂分(脂質)を減らしても、長い目で見てダイエット効果は期待できないが、短期間で体重を落とすのであれば、脂分(脂質)は減らしたほうがいいし、
なおかつたんぱく質を多めに摂ったほうがいい、ということになる。

考察など
クリニックでは、肉や脂の摂取は気にしないでいいという指導をしているが、肉の摂取については高たんぱく質食ということで理解してもらえると思う。
油を気にしないでいいと言っているのは、ダイエットとは、体重をストンと落として終わりというものではなく、その後いかにキープしていくかというのも重要なテーマになってくる。
そうすると、炭水化物を減らした食事はなるべく続けてもらうことになるが、そのうえ油分も減らした食事を続けるのは、よほど精神力が強い人でない限り無理があるだろう。
脂分(脂質)を減らした食事を続けても、長期のダイエットが期待できないというのであれば、脂分はあまり制限せず、食事は低炭水化物+高たんぱく質だけを気にして続けていったほうが、無理なくやっていけるはずだ。
あれもダメこれもダメでは、長続きしない。

もちろん、脂質はカロリーが高いので、あえて脂分を多くとる必要はないが、たとえば「野菜炒めはやめて蒸し野菜にしましょう」「揚げ物はとらないようにしましょう」ということまでは必要ないのである。
肉は普通に食べもらって大丈夫だ(脂身より赤身を選ぶなど、ちょっとした工夫はしたほうがいい)。

| 服部達也 | ダイエット (全般・やせ薬なども) | 18:57 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:57 | - | - |
コメント
ダイエット中です。。。
甘いものも肉も食べてます。
ご飯は少し減らしてお肉を食べる量が増えました。
この日記も大変参考になりました。

2年でやっと6キロ落ちました。痩せるのは難しいです。。。あと2キロ落とし、体重は増えてもいいので
ちょいと筋肉を増やしたいです。

ちなみに歩く量とちょっとの距離でも動くよう気をつけるようにしています!あともうちょい頑張ります。
| しのっぴ | 2011/03/06 11:10 PM |
>しのっぴさん
2年も続けていて、偉いですね。
もう少しですから、がんばってください。

梅宮アンナは、野菜が嫌いでほとんど食べず、肉ばかり食べているそうです。
中田英寿も、野菜をほとんど食べず、肉とお菓子ばかり食べているそうです。
野菜を食べないと栄養が偏るのでよくないですが、肉ばかりを食べていても太ってしまうわけではないということですね。
| 服部 | 2011/03/07 3:32 PM |
私は野菜は大好きなので野菜はたくさん食べています♪
海外旅行(ヨーロッパ)へ行くと日本ほど野菜が食べられないのでストレスになります。
| しのっぴ | 2011/03/07 11:48 PM |
こんにちは。この間、医療脱毛に行った時に、問診表に「今まで美容クリニックに行ったことがあるか」「相談したい内容」というのがあって、「脱毛・痩身」とチェックしたのになぜか「美肌・アンチエンジング」の勧誘?をされました。。痩身は、体重的に必要ないし、通院中(喘息・貧血等)の人はできないようです。エコツーやったと言ったら、肌が弱くて薄いからRFなんとかがいいとか・・・。体毛ほとんどないので、顔の脱毛がいい、年齢的に濃くなってくる、と。医師でも看護師でもないスタッフに長い時間カウンセリングされてもなー、という感じです。

それに美肌系する時は、ハートリークリニックに行くって決めてるし!!

お肉は確かに太らないかも。お肉苦手で食べなかったんですけど、ダイエット中は頑張って牛肉食べたら痩せたので。肉好きになりたいのに食べると気持ち悪くなるのが辛いです。服部先生から「これからはキープ頑張って」って言われてからも体重がかなり減ってしまったのでちょっと戻しました。顔とか鎖骨とか目立つとこがゲッソリしてしまうのに、太ももパンパンを何とかしたいです。

| あや | 2011/03/08 12:05 PM |
一歳児の息子がいます 昨夜から38度4分の熱と回数は少ないですが強い咳がではじめました 中耳炎で1ヶ月ほど耳鼻科に通っていたので耳鼻科で診てもらうと1週間前と変化なく喉も赤くないので様子をみては、と薬も出ずでした。
帰りに初めていく小児科へいってみました(いい評判をききいつか確かめたいと思っていました)
耳鼻科でのことも話をし、胸の音と口の中をみ、インフルエンザとRS?の検査をし陰性で、風邪薬を4日分だしときましょう、と、アスベリンシロップをいただいたのですが…

耳鼻科医は様子を見てといい、小児科医は薬をだし…旦那さんや義母や姉にいうと皆口を揃え飲んだほうがいい、(体に悪いものは処方するはずがない)携帯でシロップについてしらべていたら服部先生のブログと出会いました
先生の見解をきかせてください
| 薬不信者 | 2011/03/08 5:44 PM |
>しのっぴさん
私もヨーロッパに行くと野菜不足でストレスがたまりますので、現地のスーパーでサラダを買って食べるようにしています。
ホテルでもしゃもしゃ食べると、ちょっと癒されますよ。

>あやさん
クリニックでも、エステのようにしつこい勧誘してくるところがあるみたいですね。
うちはそういうのが嫌なので、スタッフには勧誘をさせないのと、カウンセリングはすべて医者がやるようにしています。
ま、クリニックにはそれぞれやり方がありますからね。

肉を食べたら太ると思っている人が多いので、それを払拭するのは難儀です。
| 服部 | 2011/03/08 6:50 PM |
>薬不信者さん
こんにちは、コメントありがとうございます。

アスベリンは、風邪薬ではありません。
咳止めです。
咳がつらくなければ、飲む必要はありません。

基本的に、風邪を治す薬というのは発明(発見)されていませんので、風邪の症状を抑える薬を使うかどうか、だけです。
鼻水が出ていれば鼻水を抑える薬を、熱がつらければ解熱剤を、咳がひどければ咳を抑える薬を使います。

市販の風邪薬や、病院で処方されるPLという名前の薬は、それら症状を抑える薬がすこしずつ入っています。
熱だけ出てつらいときに、そういう薬を飲んでも、不必要な成分まで飲んでしまうことになります。
こういう処方はあまり好きではありません。

風邪薬というものが存在しませんから、症状がつらいときだけ、その症状を抑える薬を飲めばいいのです。
今回は、アスベリンという咳止めを出されていますので、咳がつらくなければ飲む必要はありません。
ただ、実際に診察をした医者が飲んだほうがいいというのであれば、わたしが飲まないほうがいいという権利はありません(法律違反ですし)。

あくまでも、参考程度に読んでください。
| 服部 | 2011/03/08 7:01 PM |
初めまして。先日ひどい咽頭炎になり、何か治る手立てでもないものかと、耳鼻科に通いながら携帯サイトでこちらを発見し、拝見しました。

この前、杉本彩さんがテレビで「赤いお肉ばかり食べていると太らない体質になる、このぐらいの歳になると痩せたら老けて見える」とおっしゃっていました。
牛の体温は人間の体温よりも少し高いので、牛の肉を摂取すると血液がどろどろになる、その点魚を摂ると血液がサラサラになる、と聞いたことがあって、お聞きしてみたくコメントしました。
| ココーシュカ | 2011/09/03 3:21 PM |
>ココーシュカさん
こんにちは。
杉本彩さんのその発言は、医学的な根拠があっての話ではなく、自分の体験を言っているだけだと思います。
テレビに出ている人の発言は、かなり大げさにてきとーなことを言ったほうが取り上げられやすいですから、冷静に考えるとめちゃくちゃな内容のものが多いと思います。

牛のお肉と魚のお肉の違いですが、体温が違うことは確かに影響があり、それによって脂の性状が違ってきます。
動物性の脂よりも魚系の脂のほうが人間の体には良くて、肴系の脂のなかのDHAやEPAはコレステロールを下げたり血液をさらさらにする働きがあります。

動物のお肉を食べるとすぐにどろどろになるわけではなく、動物性のお肉ばかりではなくて魚系のお肉もきちんと食べたほうがいいですよ、ということです。
| 服部 | 2011/09/05 3:39 PM |
先生、こんにちは。お忙しい中お答えいただいてありがとうございます。勉強になりました。何事も、バランスが大事なのですね。
| ココーシュカ | 2011/09/05 11:43 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ