blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 無題 | main | 胸のつかえが下りたようでございます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ダイエットは一人で?

ハートリークリニックのダイエット外来には、夫婦とか親子で通ってくる人たちも多い。
これはとてもいいことだ。

ダイエットの基本は食事療法。
一人暮らしで自炊をしている人であれば、食事の内容を調整するのはさほど難しくないだろう。
しかし、旦那さんと生活している人の場合、自分はダイエットしていてそれを相手も知っていてくれてたとしても、一緒に食べるときに「もっと食べなよ」と勧めてくることが多い。
自分だけ多く食べていると気になるのだろう。
余った物をもったいないからと食べてしまう人もいるし、なかなか家族と一緒に食事をすると食事療法がうまくいかないことがある。

一緒に暮らしている親子や夫婦でダイエットをおこなうと、食事をあわせて変えられるのでストレスがない。
それに、同じ目的意識を持って暮らしていくことで、生活に張りが出てくるようだ。
一緒に食事のことを考えたり、一緒にウォーキングしてみたり、なかなか楽しそうに見える。
相談できる相手が身近にいるというのも、ダイエットをしているときにはありがたいことだろう。

家族と暮らしていて、料理は親がつくったのを食べてる・・・というひとだと、食事療法はなかなかうまくいかない。
そういうときは、ぜひ家族も連れてきて、食事の摂りかたについて一緒に話しを聞いてもらうといいだろう。
ダイエットには周りの人の理解や協力が必要だから、一緒にできる人がいれば一緒にトライすればいいし、そうでなくとも、協力してもらえるような環境を整えるのも大事なことになる。

もちろん、一人でストイックに頑張るというのもありだとは思うけど、いずれにせよクリニックは協力を惜しまないよ。

| 服部達也 | ダイエット (全般・やせ薬なども) | 12:55 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:55 | - | - |
コメント
服部先生、初めまして。

春先に緊急入院となった家族のハードな看病の日々の中、
偶然先生のブログに辿り着きまして…
心の拠り所として、こっそり拝読しては
和ませていただいてました。
今日のお話、すごいタイムリー過ぎるので、思わずコメントしてしまいました。

入院中は、心労やら何やらで食事に気持ちが回らず、
体重が一気に落ちました。(それでちょうどよくなりました)
幸い無事退院し、いつもの日々が戻ってきたのですが、
「もっと食べなさい」「それぐらいじゃ食べたことにならん!」「あと少し食べてくれたら片付くのに!」
と言われ、作ってくれた親に申し訳ないのでおとなしく食べていたら、
なんだかまた服がきつくなってきまして。

ぜいたくなことだとは思うんです。
思うんですが…トホホ。

| まいすけ | 2011/06/25 6:32 PM |
>まいすけさん
こんにちは。
うちに通ってきている患者さんも、実家に里帰りすると2〜3kg増えて戻ってきます。
親の気持ちもよく分かりますが、まあなんとも難しい話ですよね。
| 服部 | 2011/06/27 1:15 PM |
わかるぅ〜! なんでしょう 実家は馴染んだ手料理に上げ膳据え膳も加わって食べ過ぎてしまいます
共感しちゃうなぁ〜
共感できる私と結婚してちょ(^з^)-☆ 一緒に実家に帰り太ってきましょ(^w^)

先生が使ってるピーリング石鹸てクリニック行かないと買えないですか? 私混合肌(多分)でニキビ…じゃない 吹き出物ができやすいのですの。特に生理前。(現在プロアクティブを使っています)これは これでいい気もするのですが 先生の試してみたいなって。
どうも 川越シェフをみてると、先生に見えてきてしまう… 『達也』だけに…
こんな テーマと違うお気楽コメント書いて いつかハートリーファンにお叱りを受けることだろう(+_+)と、ビクビクしています。
| なつ | 2011/07/09 8:50 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ