blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< ラジュール チュニジア料理 | main | へこみました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
トマトスープをアレンジ
この間紹介したトマトスープ、ちょっとアレンジするとまた変わった味を楽しむことができます。


魚介類を使ってブイヤベースもどきに。

水を入れるかわりに白ワインを入れるのと(水も入れます)、ブイヨンを入れたりするとよりおいしくできます。
トマト、ナス、玉ねぎなどは変えず、肉のかわりにあさり、イカ、えび、ほたてなどを入れます。

トマトスープだけのときは、にんにくを温めたらすぐにトマトを入れていましたが、ブイヤベースはにんにくを温めた後にまず魚介類を軽く炒めてしまいます。
表面の色が変わったらワインを振ってほんの少しだけ火を通し、ほかの器に移しておきます。
魚介類を取り出した後の鍋にトマトをいれ、水と白ワインを入れてトマトが崩れるのを待ち、玉ねぎやナスをいれ、魚介類を戻します。
ブイヨンやお好きなハーブを入れて、野菜に火が通ったら塩こしょうで味をつければ出来上がりです。
生クリームを入れないほうがブイヤベースっぽいのと、サフランとかで香りをつけるとよりいっそう「らしく」なります。

トマトスープとの大きな違いは、魚介類を軽く炒めるということです。
生臭さが取れます。
忘れずに。

余ったら、生クリームを加えてパスタと絡め、魚介のトマトクリームパスタにすると最高でしょう。
もちろん、リゾットにしてもいけそうですね。
| 服部達也 | 手造り料理 | 16:39 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:39 | - | - |
コメント
先生の作る料理は手軽な材料でありまがら、いつ見てもおいしそうですね。
ご自分でアレンジするのですか?
レシピ本出したら、売れると思います(笑)
| さるみ | 2012/09/04 5:23 PM |
先生、こんなにお料理お上手で、奥様が羨ましい・・・
うちのダーリンに先生の爪のあか、煎じて飲ませたいくらいどす!!!
奥様もきっと喜んでる事でしょうね〜。

奥様もこのブログご覧になってるのですか?
| リカちゃん | 2012/09/04 8:37 PM |
>さるみさん
アレンジは自分で勝手にやってしまいます。
こうやったらいいかも、この食材を加えるとこうなるかも・・・なんて想像しながら作るのが楽しいんですよね。
失敗しても、ああこうすればよかったのかと反省するのもまた楽しかったりして。
調味料や食材の量はすべて目分量なので、レシピ化は不可能だと思います^^


>リカちゃん
妻はこのブログを読んでるんでしょうか・・・
この間ちょっと読んだらしいですけど、いつも読んでるわけではないみたいです。
| 服部 | 2012/09/06 4:33 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ