blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 幸せは体重を増やす!? | main | ナニジンですか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
医師の恋愛事情 番外編〜男性医師の子育て〜
さて、やんごとなき事情によりブログをしばらく更新していなかったが、ようやく更新できるようになった。
久しぶりのブログは、「男性医師の子育てについて」。
日経メディカルCadettoから。


最近は「イクメン」とかいう名前がつけられた、育児を手伝うお父さん。
Cadettoでは、医師もイクメンになれるのか、なっているのかについて、アンケートをもとにまとめている。

まずは、「一般社会と比べてイクメンへの理解は進んでいるか」という問いに対し、「進んでいる」または「どちらかといえば進んでいる」と答えた医者はわずか11.9%であった。
「イクメン医師に賛成か反対か」という問いに対しては、69.8%もの医者が「賛成」あるいは「どちらかといえば賛成」と答えているところを見れば、気持ちとしては理解していても、実際にはなかなか難しいというのが現状だろう。

次に、実際に「あなたはイクメンだと思う?」という問いに対しては、「現在イクメン」が25.6%、「昔イクメンだった」が13.3%と、あわせて40%近い医者がイクメンだということがわかる。
これは、Cadettoという雑誌が比較的若い層をターゲットにしているから、最近の事情を反映しているからだろうと思われる。

これらをまとめると、男性医師が子育てをすることに対しては理解を示しつつも現実はなかなか厳しく、とはいえ若い世代の医者は子育てにも参加している・・・ということか。


そもそも、私が「イクメン」という言葉を聞いて思ったのは、どれだけ子育てに参加したら「イクメン」と呼んでいいのかということ。
草食系男子とか腐女子とかメディア受けするネーミングをつけるのもいいが、名前でごまかしているだけなんじゃないかという疑問もある。

そこで、実際に子育てに参加していると答えた医者に、どんな育児にかかわっているかを聞くと、
「お風呂に入れる」が80%超、「遊び相手」が70%、「寝かしつける」と「おむつを替える」が55%、「子供に勉強を教える」「家事を手伝う」が50%程度であった。

妻側から見て男性医師に期待するものは、「家事を手伝ってほしい」が61%、「子供の送り迎え」と「お風呂に入れさせる」が57%であった。

男性が育児に参加しているというには、ただお風呂に入れてあげてますということだけではなく、複数の育児にかかわってこそだと思う。
しかしこのアンケートではそこまで深く追求していないから、実態はつかめない。


さて、医者(とくにこのアンケートでは勤務医)が育児にかかわるとなると、時間はどうやって作っているのかという疑問が起こる。
実際にアンケートを取ると、「勤務を効率的にこなし、できるだけ早く帰るようにした」が50%、「飲み会など業務外の行事を極力減らした」が47%であった。
「育児休暇を取った」と答えたのはわずか3%だった。
「特に変えなかった」が24%もいたが、医者として普通に働いていても育児に参加することは可能な場合も結構あるということがわかる。

私も勤務医時代、とにかく仕事に集中して、食事や休憩する時間をつめて働けば、普通の時間に帰れることが多かった。
大学病院にいたとき、病棟や医局でゲームしたり雑談したりして、結局仕事が夜遅くまでかかってしまうという医者を何人も見てきた。
あまりに多くの医者が絡んでしまうと自分一人ではどうすることもできないこともあるが(会議が夜7時からあったりする)、最近はそういうことも少なくなってきていると思うので、きっちり仕事をすればそれほど遅くならなくて済むことも多いのだ。

話がそれたが、男性医師は育休を取るということよりも、仕事時間を短縮して育児に参加しているということのようだ。


アンケートの中では、男が育児に参加するなんてとんでもない、医者は育児にかかわっているほど楽な仕事でない、子供なんてほっておいても育つ・・・なんて意見をする医者もいたようだが、そういうことを言う人がいるのは一般社会も同じこと。
若干、医者社会のほうが古臭いことを言う人が多いような気もするのは確かだが。


とりあえず、私は今のところ子供ができる予定はないが、もし子供が出来たら積極的に育児に参加すると思う。
幸い、クリニックは終わりの時間がそんなに遅くないから、それなりに手伝うことができるはずだ。
ただ、その場合も「イクメン」と呼ばれたくはない。
育児に参加するのは当然だと思うから、わざわざ変なネーミングでまとめられたくないのだ。

| 服部達也 | 医者の恋愛事情 | 18:00 | comments(19) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:00 | - | - |
コメント
職業に関係なく、二人の愛する子供を二人で力合わせて育てていく事は、当たり前の事だと思っています。
それに名前を付けるのもおかしいですよね〜!

最近ブログ立ち上げて、お友達も出来て楽しくなってきました♪^^
| リカちゃん | 2013/09/26 6:40 PM |

先生、こんにちわ。

すっかり秋らしくなりましたね。

「イクメン」って巷ではよく聞くけど周りを見る限り
あまり見当たらないなぁ、と思ってました。
でも最近、6年間ライフワークとしている絵本の読み聞かせの
サークルに2名程パパが入会して、サークルの雰囲気が少し
変わりましたよ。しかもパパが担当すれば子供たちは
大喜び!! 大盛況ですよ。珍しいんでしょうね。

お風呂、おむつ替えももちろん助かりますが、自分の得意な事
興味がある事で役に立ちたいという気持ちもありがたいと
思いますよ。そういう関わりかたの方が、男性に向いているん
じゃないかしら・・。自然体が一番ですよ。
| ディオレラ | 2013/09/27 11:08 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/09/28 3:15 AM |
>リカちゃん
そうそう、当たり前のことだと思いますけど、そうじゃないと考えてる男の人も多いですからね。
そういえば、子育ては私の役目だから口出ししないで!と思ってる女性っているんでしょうか。

>デイオレラさん
自分のできることをさりげなくやってあげることが大切ですよね。
あれは男の役目、これは女性の役目と決めてしまうとぎくしゃくしそうです。

>Hさん
希望通り、匿名にしておきます。
頑張れば定時に帰れることが多かったと書いていることについてですが、これは診療科目にもよります。
外科系の科だと、手術の時間も絡んで来たり術後のケアもあったりして、どう頑張っても定時に帰れないことがあります。
大学病院では、定時に上がるとほかの医者の目がつらくて帰りにくいこともあり、だらだら病院内で過ごすことが多くなります。
わたしも、頑張って自分の仕事終えて帰ろうとしたとき、先輩からお前なんで早く帰るんだ、仕事はやろうと思えばいくらでもあるぞと怒られたことがあります。
仕事を提示で終えて帰るのを良しとしない風潮があるところもありますから、自分の力だけではなんともならないこともあります。
Hさんの彼氏がいつも遅くなっていることに関しては、それなりに理由があるんだろうということです。
| 服部 | 2013/10/01 3:46 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/10/04 2:07 AM |
御無沙汰しております。只今後期中です。

私は周りが?医者だらけ、つまり病気がちで良く病院に往くからか?仲良くなった医者と育児の話をしますね。皆様おうちでは会話が無い?のかな?色々幼稚園とか小学校の話を聴いてきたり話してくださったりします。服部先生みたいに男医って皆様子供が大好きの様な気がします☆

私の周り、亡き父も含めて育児が大好きの様な気がします。勿論亡父に似た旦那がいるので、旦那はかなり遣ってくれます。私の勉強優先、次に子供達最後が旦那です。こういう男性少ないのかもしれませんね。

御陰様で小児科医ともかなりお友達?同士?に成りました。もっともっと勉学しなくちゃ、と思うこのごろです。
| わかば | 2013/10/15 10:47 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/11/11 3:57 PM |
>あーちゃんさん
前回は返事をしなくてすみませんでした。
なんかブログをしばらく開いていなかったので、誰にも返事を書けていませんでした。

手紙を渡し続けるのは構わないと思いますが、連絡先を伝えても連絡がないということは・・・そういうことなんでしょう。
あまり無理に押し続けると、通いづらくなって医者を変えなくてはならなくってしまうかもしれません。
そういう覚悟があるのであれば、連絡先を聞き出したりしてもいいと思いますが。
書いてある状況から見る限り、賢明でないような気がします。
| 服部 | 2013/11/12 5:13 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/11/13 12:08 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/11/13 1:52 PM |
>あーちゃんさん
一応言っておきますが、私はただ医者としての立場でものを言っているだけで、恋愛の達人とかではないですから、あくまでも参考程度にしておいてくださいね。。
| 服部 | 2013/11/15 5:20 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/11/16 12:35 AM |
>あーちゃんさん
いや、私も同じく要点だけを書くので誤解されたかもしれません・・・
そっけなく見えちゃいますよね。
| 服部 | 2013/11/29 5:06 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/11/30 6:06 PM |
服部先生、こんにちは(*^^*)

実は、先生に嫌われてしまったかと思って、しばらくこちらへ来ることができませんでした。

また、ぽつぽつとその後の経過をご報告します…ね(^^)/

早速ですが。
19日に、外来に行ってきました。クリスマスプレゼントをあげました。リハビリがてら、ちょこっと作った手芸品です。(いまどき手作りなんて、重すぎるって(^^ゞ…)

まず、プレゼントはできるだけ小さくたたみました。それに最小限の飾りをつけます。メモ程度の手紙を、テープで包装にはりつけます。それを、コピー用紙で作った封筒に入れました。そして、病院の売店で使っている、シャカシャカの袋で持って行きました。

目立たないように。万が一落としても、個人を特定できないように。

用意はしていったものの、チャンスがなければ渡すつもりはありませんでした。でも、診察室を出る時、ちょうど看護師さんがいませんでした。

「先生、これ、置いていきますが」と、言うと「あ、どうも…」と。受けとってもらうことができました。

あぁ、まったく何をしてしまったのか。ここまで書いて、恥ずかしくなりました。

でも、最近は看護師さんにあやしまれているような気もするので、しばらくは手紙も渡すつもりはありません。その間、冷静になりましょう。

では。<(_ _)>
| あーちゃん | 2013/12/25 1:29 AM |
初めまして、服部さんblogを少し拝見させていただきました。
もうだいぶ月日がたってるので、まだblogを継続してるかわからないのですが、コメントをさせていただきます:)
少しご相談がありコメントします('';)

私も現在進行形で、片思いしてる人がいます。その人は今年医学部6年生、つまり来年から研修医になるということですかね。
いまいちその辺の事情を把握してません。笑
元々片思いしてる人とは中学からの同級生で、1年半前に急な連絡で再会しました。
再会してお互い両思いだったのですが、お酒の席ということありそのまま身体の関係を過ごしてしまいました。
それからこれからどうするのか話し合ったのですが、今は付き合うことができないけど、離れないでほしいと言われました。あまりにも自分勝手な発言に驚いたのですが中学からの好きな人を今更嫌いになれる要素が私にはなく、実は今もその関係が続いてます。
ついこの間他の友人からその人に彼女がいるんじゃないかと話になり、その人に聞き真相を確めました。しっかり確認もとりいないことがわかったのですが、その時に、いたとしても気にしないでほしいし、次の繋ぎで会ってるわけじゃないと言われました。

服部さんもお忙しいと思うのですが、噂聞いたところお医者さんは女に困らないからこうやってあやふやな発言をするのでしょうか?
中、高、大学と一生懸命勉強して真面目に生きてきたからこそ、恋愛でのけじめのなさがお医者にはあるのでしょうか?
それとも彼だけですかね?

私も多少なり彼に再会するまではお付き合いをしてきましたが、こんなのは予想外でした。周りの人には言えません。
世間で言うセフレとなんらかわらないならです。
少しだけ服部さんの見解を伺えたらとおもいます。
お忙しいと思いますが、気が向いたらお願いします。
| masu | 2014/11/03 11:14 PM |
>masuさん
こんにちは。返事がものすごく遅くなってしまってすみません。
答えを先に言ってしまうと、その彼との付き合いはやめたほうがいいです。
完全に都合のいい女状態で、今のまま行ってもこれから先いいことはありません。
わたしも20代のころは女性関係が活発で、乱れた生活をしていました。
その彼と同じようなことをしたこともあり、同じような都合のいいことを女性に言ったこともありますから、状況は分かります。

いまのような安易な状況を与えることは彼のためにもなりませんし、masuさんのためにもなりません。
おそらくこのブログを読んでいるみんなも同じように考えると思います。
ずるずる行く前に、早く決断したほうがいいと思います。
がんばってください。
| 服部 | 2014/11/10 5:17 PM |
お忙しい中服部さんもコメントありがとうございます!!!

そうですか〜わかってはいるものの、
やっぱり、同じ境遇を経験した服部さんの考えなら確信に近いですよね。
そうですね、20代も、これから先もまだまだ何かしらよいご縁があるかもしれません。

彼から離れることを恐れずに少し前に進むことを考えたいと思います。
なんか少しだけ気持ちが軽くなった気もします!
服部さんありがとうございます!
| masu | 2014/11/12 12:11 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/01/17 2:11 AM |
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ