blog index

re-Heart Note

リハート、それは心癒す日々。

美容内科医 服部達也 ブログ
<< 台湾 ライポソニックス台湾ミーティング | main | 台湾おまけ ライポソニックス ワークショップin台湾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ライポソニックス ワークショップin台湾
JUGEMテーマ:健康

3月23日に台湾の台北でおこなわれた、ソルタメディカル社主催の「ライポソニックス ワークショップin台湾」で講演をしたときの話である。
会場は、台北市の市政府駅にあるWホテル。

17時ごろ会場入りして、まずは一緒に講演する台湾の女医さんとご対面。

ブログ用5.jpg

真ん中が長康醫院の胡先生。
2児の母親ということだが、非常にパワフルで若い。

まずは台湾の雑誌の取材を胡先生と一緒に受ける。
ライポソニックスについて、20分くらいかな。
台湾には医学美容を中心にした月刊誌があるみたいで、美容医療に対する関心も高いようだ。

ブログ用2.jpg

台湾の医者や医療従事者が35人くらい集まった。
ライポソニックスを実際に扱っている医者が多く、熱気十分である。

おいしい料理とともにワークショップが始まった。
最初に、胡先生がライポソニックスで実際に治療した20名に対する効果や印象、症例写真などについて発表した。
Q&Aでは、採寸(サイズ測定)のやり方について質問が出ていたが、胡先生は「採寸はあくまでも研究発表用にやっているだけであまり必要なこととは思えない」と言っていた。
私も常々そう思っている。
サイズの測定は様々な要素で誤差が生じてしまうし(食事、むくみ、緊張による筋収縮など)、測り手によっていくらでも操作できてしまうからあまり参考にならないのである。
日本の患者さんはサイズの変化をものすごく気にするが、これはエステが生み出した悪い流れだと思う。
部分痩せで大事なのは何センチ減ったかということではなくて、どういうラインづくりができたかということなのである。
しかも何センチ減ったかというのが操作できてしまうとなると、その数字にいったいどれだけの意味があるのか。


さて、いよいよ私の出番である。

ブログ用1.jpgIMG_0917ブログ.JPG

私は日本語で発表し、となりにいる蔡さんが中国語で同時通訳をしてくれた。
この方はとても優秀で、日本語もほとんど日本人と同じレベルで話すし、通訳としての能力もものすごく高いと感じた。
彼女でなければ、こんなにスムーズに講演することはできなかっただろうな。
あ、あとでお礼のメールしなきゃ。

私も中国語を勉強しているので(3歳児程度)最初の挨拶だけ中国語でおこなったが、外国のタレントが「コニチハ、ワタシノナマエワ○○デース」というと少し盛り上がるでしょ。
まさにあんな感じ。なんか気持ちいい。

講演の内容は、日本で私が実際におこなっている治療法と症例発表にした。
なかでも、ラインづくりをきれいにおこなうための治療の仕方、印のつけ方、機械の当て方をいくつか紹介したが、これは結構受けが良かったようである。
(*部分痩せとはラインづくりなわけであるから、最初にどういう風なデザインを考えるかによって結果が変わってくるのである。ハートリークリニックでは必ずわたしが印をつけるが、この印のつけ方がとても大事になってくるのだ。)
台湾の先生はものすごく熱心でまじめで、私が話している間、ほとんどの先生が一生懸命メモを取っていたのが印象的だった。

Q&Aもそれなりに盛り上がって私の講演は終了となった。
中国語で講演できるくらいになるのはいつのことになるやら・・・


ワークショップの最後には抽選でプレゼントをおこなうのがソルタメディカル社の恒例になっているが、今回の商品はなんと「ラッピングバス」。
街を走るバスに、ライポソニックスとクリニック(または病院)の宣伝を張り付けて街中を走らせようというのである。
しかもそれを3施設にプレゼントするとな。
なんという太っ腹な会社。

ブログ用3.jpg

私も抽選役となり、ギフトをプレゼント。
いやあ、日本でもやってくれないかな。

そんなこんなで21時くらいまで会は続き、解散となった。
日本でも同じようなワークショップがあるけど、台湾のは盛り上がりがすごいし、非常に温かみがあって気持ちのいいものであった。
日本、特に東京では全く盛り上がらないまま(大阪は結構盛り上がるけど)たんたんと進んでいくけど、やっぱり民族性の違いがでるね。
東京の先生たちは大勢の前で質問したり発言したりすることに躊躇してしまって、あとで個別に質問してくるのである。
まあ私もその部類に入るんだけど。
そして、ソルタメディカルの台湾チームもまとまっていてよく動くし、いい人たちばっかり。
台湾の先生たちといろいろ話して刺激にもなったし、講演に呼んでもらってよかったなぁ。

ホテルに帰ってソルタメディカル社の坂本さんと軽くお酒を飲んで就寝。
結構気を使ったのかな。
ぐっすり寝ることができた。


ブログ用12.jpg
ブログ用10.jpgIMG_0926ブログ.JPG

IMG_0924ブログ.JPGブログ用7.jpg
ブログ用11.jpg

ブログ用9.jpgブログ用6.jpg


 
| 服部達也 | ライポソニックス(メスを使わない脂肪破壊痩身機) | 16:12 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:12 | - | - |
コメント
先生こんにちは。
先生のイケメン写真がいっぱい見られて目の保養になりました。
講演、盛り上がってよかったですね♪お疲れさまでした。

ライポソニックス、脚の症例が集まったらいつか写真を紹介してください。
興味津々でお待ちしています(´・ω・`)ノ
| あきこ | 2014/03/29 3:54 PM |
スーツがお似合いですね☆
でも、いい意味でサラリーマンには見えないです。

かつてブログに書かれていた、
服部さんの手が映っている一枚に見入ってしまいました。
手の動きがあることによって、熱心さが伝わってくるようで、とっても素敵ですよ♪
| みどり | 2014/03/30 12:43 PM |
>あきこさん
写りがいい写真だけ選んで載せるというテクニーク。。。

脚というかヒップというか、そこら辺の症例はかなり集まったので近々紹介しますね。


>みどりさん
サラリーマンには見えないし、医者にも見えないですよね。

そうそう、今回も意味のない手の動きしちゃいました。
マンデラさんの告別式でインチキな手話してた男の人を思い出しました・・・
| 服部 | 2014/03/31 12:15 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ